ニュース
» 2017年03月17日 13時20分 公開

「リゼロ」がアニメ・ラノベ部門で2冠獲得! 「SUGOI JAPAN Award2017」結果発表

マンガ部門1位は「僕のヒーローアカデミア」、エンタメ小説部門1位は「小説 君の名は。」に。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 世界に紹介したい日本のポップカルチャー作品をファンの投票で選ぶ「SUGOI JAPAN Award2017」の各部門1位の発表が、3月16日によみうり大手町ホールで行われました。

 マンガ部門1位は「僕のヒーローアカデミア」、アニメ部門とラノベ部門の1位はともに「Re:ゼロから始める異世界生活」、エンタメ小説部門の1位は「小説 君の名は。」となっています。

「SUGOI JAPAN Award2017」各部門1位発表 1位を受賞した作品の関係者が登壇。左から集英社編集部の門司健吾さん(「僕のヒーローアカデミア」)、KADOKAWAプロデューサーの田中翔さん(アニメ「Reゼロから始める異世界生活」)、長月達平さん(ラノベ「Reゼロから始める異世界生活」)、映画「君の名は。」を監督した新海誠さん(「小説 君の名は。」)

「SUGOI JAPAN Award2017」各部門1位色紙 各部門受賞者のサイン色紙

 同賞は、2013年1月1日から2016年7月31日の間に刊行された「マンガ」「ラノベ」「エンタメ小説」と、2015年7月1日から2016年7月31日の間に放送や上映が行われた「アニメ」が対象。

 ファンによる推薦と有識者らの議論によりカテゴリーごとに20作品を「SUGOI 20(スゴイ トウェンテイー)」として選出し、“国民投票”により各カテゴリーごとに最多得票となった作品を表彰します。投票は2016年11月16日から2017年1月3日の期間にSUGOI JAPAN公式ウェブサイトで行われ、投票総数は6万8411票に上りました。


マンガ部門1位「僕のヒーローアカデミア」

SUGOI JAPANマンガ部門1位 「僕のヒーローアカデミア」(画像は「SUGOI JAPAN Award2017」ノミネート作品紹介ページから)

 堀越耕平さんの漫画作品で、出版レーベルは集英社ジャンプコミックス。

 世界総人口の約8割が“個性”と呼ばれる超常能力を持つ超人社会で、最高のヒーローになることを夢見る少年・緑谷出久(みどりや・いずく)が名門・雄英高校ヒーロー科に入学。普段は気弱で見た目もパッとしない少年が、人を救うためにどんな強敵や困難にも立ち向かっていく少年漫画の王道的作品です。

 2014年11月に刊行開始し、2015年には「このマンガがすごい!2016」(オトコ編)第5位を獲得。累計発行部数は420万部超(2016年時点)で、2016年4月にはテレビアニメ化。第2期シリーズの制作も決定しています(関連記事)。


アニメ部門・ラノベ部門1位「Re:ゼロから始める異世界生活」

SUGOI JAPANアニメ部門1位 「Re:ゼロから始める異世界生活」(画像は「SUGOI JAPAN Award2017」ノミネート作品紹介ページから)

SUGOI JAPANラノベ部門1位 「Re:ゼロから始める異世界生活」(画像は「SUGOI JAPAN Award2017」ノミネート作品紹介ページから)

 “リゼロ”の略称で知られる「Re:ゼロから始める異世界生活」は、過去3回実施された同投票で、初の2部門同時受賞作品となりました。

 高校へ行かず、ひきこもり生活を送っていた少年・菜月昴(なつき・すばる)が突然、異世界へ召喚され、死ぬ度に過去のある時点へと戻る“死に戻り”の力だけを武器に、何度も死を繰り返しながら大事な人々を守るため困難な運命を切り開いていく物語です。

 KADOKAWA MF文庫Jから、長月達平さん著のラノベとして2014年1月に刊行がスタートした同作は、発行部数累計100万部超(2016年時点)。2014年にマンガ化、2016年4月にテレビアニメ化されています。


エンタメ小説部門1位「小説 君の名は。」

SUGOI JAPANエンタメ小説部門1位 「小説 君の名は。」(画像は「SUGOI JAPAN Award2017」ノミネート作品紹介ページから)

 夢を通して意識が入れ替わる、東京の少年と山深い糸守町の少女。出会うはずのなかった2人が、迫りくる彗星と伝統的な神事に導かれ運命を切り開いていく物語です。新海誠監督によるアニメは圧倒的な映像美が特徴でしたが、同じ新海さんの筆となる小説版では奥行きある作品世界が表現されています。

 同作は2016年6月に角川文庫から発刊され、発行累計部数累計130万超。映画は興行収入176億円を超え、文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門を受賞したほか(関連記事)、海外でも幾つもの映画賞を受賞しています(数字はいずれも2016年時点)。


 そのほか、各部門の2位から5位は以下の通り。


・マンガ部門
2位「ゴールデンカムイ」(野田サトル)
3位「テンカウント」(宝井理人)
4位「だがしかし」(コトヤマ)
5位「魔法使いの嫁」(ヤマザキコレ)

・アニメ部門
2位「僕だけがいない街」
3位「ジョーカー・ゲーム」
4位「ワンパンマン」
5位「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」

・ラノベ部門
2位「この素晴らしい世界に祝福を!」(暁なつめ)
3位「イエスかノーか半分か」(一穂ミチ)
4位「クオリディア・コード シリーズ」(さがら総・橘公司・渡航)
5位「神様の御用人」(浅葉なつ)

・エンタメ小説部門
2位「ダンガンロンパ霧切」(北山猛邦)
3位「コンビニ人間」(村田紗耶香)
4位「真実の10メートル手前」(米澤穂信)
5位「羊と鋼の森」(宮下奈都)


(C)堀越耕平/集英社
(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

五月アメボシ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」