ニュース
» 2016年12月10日 23時15分 公開

ざわ… ざわ… 「このマンガがすごい! 2017」はオトコ編1位「中間管理職トネガワ」、オンナ編1位「金の国 水の国」

「圧倒的勝利……!」のトネガワにざわつくネット。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 宝島社「このマンガがすごい! 2017」の結果が発表され、オトコ編1位に「中間管理録トネガワ」、オンナ編1位に「金の国 水の国」が選ばれました。

「中間管理録トネガワ」 「中間管理録トネガワ」

 「中間管理録トネガワ」は、福本伸行さん協力の下、萩原天晴さん(原作)、三好智樹さん、橋本智広さん(マンガ)により、「月刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のギャグマンガ。福本さんの「賭博黙示録カイジ」に登場する敵役、大手金融会社「帝愛グループ」の最高幹部・利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品で、「カイジ」では憎き敵だった利根川が、大勢の部下と、暴君・兵藤和尊会長との間で苦悩し葛藤する“中間管理職”としてギャグタッチで描かれ、発売即重版などでも話題になりました。

「金の国 水の国」 「金の国 水の国」

 「金の国 水の国」は、岩本ナオさんが「月刊flowers」(小学館)で連載していたファンタジー作品。出版社サイトで“おとぎ嫁婿ものがたり”と紹介されるように、おとぎ話のような世界観の中で、偶然出会った敵国同士のお姫様と青年のロマンスを描いた作品です。岩本さんは「町でうわさの天狗の子」で小学館漫画賞を受賞した実力派なだけに、同作も熱烈なファンを生んでいます。

 今回のこの発表に対しTwitterでは、「トネガワすげえw」「トネガワなのか……」「スピンオフなのにこの破壊力」とスピンオフ作品である「中間管理録トネガワ」が1位を獲ったことへの驚きの声が多数見られました。

 また、「金の国 水の国」に対しては、「『金の国 水の国』大傑作です」「金の国、水の国よかった。映画化してほしいくらい」「凄く面白いです。泣ける。登場人物が本当に素敵でした」と、作品のすばらしさを絶賛する声が。いろいろな意味で対照的な、オトコ編1位とオンナ編1位だったといえそうです。

 宝島社からは同賞の結果などを収録した書籍「このマンガがすごい!2017」が発売中。「中間管理録トネガワ」の誕生秘話、福本さんからのお祝いコメント、岩本さんへのインタビューと描きおろしイラストなどを収録。さらに、各界著名人や人気マンガ家が注目しているマンガを紹介する企画なども掲載されています。価格は520円(税別)。

「このマンガがすごい!2017」

(五月アメボシ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  2. /nl/articles/1705/18/news140.jpg 「秋頃に母になる予定です」 元競泳選手・田中雅美、再婚&妊娠を報告
  3. /nl/articles/1911/28/news078.jpg 「10代には見えない」「オーラが違います!」 アンミカ、約30年前の“バブリーショット”が圧倒的な大人っぽさ
  4. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  5. /nl/articles/2105/08/news004.jpg 猫がお風呂で熱心に湯もみをするワケは…… お湯をペロッとする姿に「楽しそう」「かわいすぎる」の声
  6. /nl/articles/2105/07/news106.jpg ジョージ・クルーニーの行き過ぎブラピ愛「食べているだけで最高なんだ」 チャリティー寸劇が「笑い死ぬ」「映画を作って」と反響
  7. /nl/articles/2105/08/news007.jpg 「好きです」「彼女に立候補します」アピールし続けて2年 押しが強い女の子がかわいい漫画にキュンとなる
  8. /nl/articles/2105/07/news093.jpg 千原ジュニア、所ジョージの贈り物に感激「こんな素敵な歳の貰い方したい」 粋な心遣いに「全てがカッコいい」と称賛の声も
  9. /nl/articles/2105/03/news021.jpg 賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
  10. /nl/articles/2011/13/news037.jpg 【漫画】「アレクサ!! ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外