泥まみれのおじさん、叫ぶ マドンナと中年俳優の苦い思い出「バイプレイヤーズ」第10話ねとらぼレビュー

ドロでもかぶって反省しなさい。

» 2017年03月18日 11時00分 公開
[たまごまごねとらぼ]

 テレビ東京のドラマ24「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」。第10話は「バイプレイヤーとマドンナ」。

 マドンナ。「みなが憧れるような美しい女性」のような、ちょっと偶像めいた、含みのある言葉です。今回出てくるマドンナは、夏川結衣さん。


画像 目が虚ろな松重さん、なんとか頑張っている感の遠藤さん、いたたまれない空気の夏川さん

今までのおさらい

 名脇役俳優として活躍する6人。本人が本人を演じる形式のドラマです。遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さん。何度か決裂しましたが、10年前に撮った自主制作映画「バイプレイヤーズ」のフィルムを探し出し、完成させるためにシェアハウス生活中。

 そのフィルムが見つかったという。持っていたのは、共演していた夏川結衣さん。なんでまた。


プレイボーイ光石研

 かつて「バイプレイヤーズ」で共演していたマドンナ・夏川さんと、光石さん。ところが当時、光石さんが、夏川さんをストーキングしていたらしい。執拗なアプローチが問題になり、ただでさえ監督問題(前回参照)などでギスギスしていたメンバーがバラバラになる決定打になってしまいました。

遠藤「あの頃の光石さんほとんどストーカーだったもんね」
光石「向こうが嫌がってるの気が付かなくて」「ぼくが彼女に夢中になりすぎてダウンして。ラブシーンの撮影をドタキャン。あれで結衣ちゃんが降板。バイプレイヤーズの撮影は中止になりました」


画像 10年前の撮影時、光石さんが夏川さんに惚れすぎてストーキングしてたそうですが……

 女性大好きなスーパープレイボーイ(という設定)の光石さん。でもストーカーはまずいよ。シェアハウスの面々+ジャスミンは光石さんに、テレビの謝罪バラエティで、公的に夏川さんに謝れとはっぱをかけます。

 こういう番組、謝る方も謝られる方も出たくない! あまつさえ応援団として、光石さんを励ます係の貧乏くじを、松重さんと遠藤さんが引くハメに。なんかこの「相方」の2人、損な役多くないですか?


画像 どないせっちゅうにという感じの、謝られる夏川さんと謝る光石さん。ウカツな感じの、誠意ない系の番組

ドロなんてかぶらなくていい

 しかし後半、ストーキングの真相が明らかに。夏川さんが光石さんに惚れ込んでしまったため、光石さんが自分がストーカーになったというように、ドロをかぶったというのが今回の真実。光石さんは10年間、バイプレイヤーズの仲間をだまし抜いていた。

 すごい、俳優だ。


画像 50代の、青春の姿。男として黙っておきたいこともあった。空は痛いほど真っ青だ

松重「自分からドロかぶったってことですか」
遠藤「光石さんらしいっちゃらしいけどね」
光石「違うよ、そんなかっこいいもんじゃないよ」
遠藤「かっこいいなんて思ってないよ」


 悪役になったフリは、逃げである。遠藤さんの言うとおり「かっこいいなんて思ってないよ」。ドロをかぶった演技なんてせずに、ドロくさいくらい正直な方がいい。


画像 泥まみれのおじさん、叫ぶ

光石「ぼくは何があってもあそこに行くべきだった。たとえ自分が、本気でのめり込むことになったとしても、ぼくなりの覚悟を持って、結衣ちゃんと向き合うべきだった」


 光石さんが演技せず、本心を泥まみれで叫ぶシーン。最高にかっこわるくて、かっこよかった。

 話の流れとしては、3話「バイプレイヤーとスキャンダル」で、光石さんが不倫してしまった回と対比になっています。スキャンダルは対外的なトラブル。一方今回は内輪でのトラブルです。

 もっともみんな大人です、過去のことは自分たちにも責任があると飲み込んで、光石さん一人のせいにしていない。ただ、光石さんは1話からずっと、ことあるごとに恋愛体質を厳しく指摘されています。「すぐ惚れちゃうんだから」と。そういえば1話で、ジャスミン見てニヤニヤする光石さんを叱っていたの、遠藤さんでしたね。


君はいつまでもマドンナ

 今回のMVPは夏川さんでしょう。

 「マドンナ」は、気高い。芯が通っている。みんなが憧れる。「紅の豚」のマダムジーナの立ち位置みたいなの。

 夏川さんは、光石さんがドロをかぶり続けているのを見て、一度も受け入れようとしませんでした。かと言って形だけ自分が謝るでもない。お互い論点がそこじゃないの分かってるから、終始、凛としています。


画像 謝罪バラエティで光石さんを殴る夏川さん。10年前も映画の中で殴られました

 夏川さん、光石さんを殴る。「変わっていない」ことを見せる芝居的側面がある行動で、光石さんは感情を噛み締め直せた。

 最後の最後に、夏川さんは人前で見せなかった自分の感情を、光石さんにだけ、見せます。シェアハウスのみんなは、ここは知らなくていい。


画像 誰にも言わない、2人のときだけ言う。後半に向かってどんどん「いい女」っぷりが加速する夏川さんは、まさにマドンナ

 叫ぶ男。見守る女。年齢を重ねているから、とても深みがある。けれども、実質は若者の行動と今回のドラマ、あんまり変わらないと思う。

 男3人でサッカーをしている場面が本当にいい。どんなプロフェッショナルになっても、楽しいことを探し続ける「男の子」。「バイプレイヤーズ」が一番描きたいのはこういうところだと思う。


画像 笑顔にキュンとくる。番外編で、こうやってワチャワチャ遊んでいるだけの回希望

(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会

たまごまご


関連キーワード

マドンナ | ドラマ | 俳優 | レビュー | テレビ東京


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  7. /nl/articles/2405/30/news040.jpg 釣り人が捨てたフグを保護→ありえない量のエビを与えたら…… 笑いと驚きの結果が反響を呼ぶ「大笑いしてしまいました」
  8. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  9. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  10. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評