ニュース
» 2017年03月26日 19時00分 公開

「人として終わってる」――“情報弱者”を狙う「悪質ポイントサイト」ビジネス 手口や集客方法を関係者に聞いた (3/4)

[池谷勇人,ねとらぼ]

“2ちゃんねるまとめ風広告”は誰が作っているのか

 これら悪質ポイントサイトの主な入り口となっていたのが、まとめサイトなどに掲載される、いわゆる“2ちゃんねるまとめ風広告”です。まとめサイトなどを見ていて、「ガチャ無料引き放題の裏技見つけたwww」や「オーブ850個無料でゲットしたったwwww」といった記事を見たことがある人は多いはずです。

 こうした“まとめ風広告”は誰が作成し、どのような流れで掲載していたのか。今回の偽キャンペーン騒動ではポイントサイト側だけが謝罪や対応を迫られていますが、関係者は「広告代理店やまとめサイトも共犯」と指摘します。


悪質ポイントサイトの手口

悪質ポイントサイトの手口

悪質ポイントサイトの手口 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」をターゲットにした“2ちゃんねるまとめ風広告”の例

 関係者によると、これらの広告は主にポイントサイト側か広告代理店側が作成していたとのこと。広告ページができたら、さらに代理店が各まとめサイトに「広告を掲載しませんか」と営業をかけ、まとめサイト側は記事から登録があれば件数に応じた成功報酬を受け取る――という流れです。

 報酬は登録1件あたり約500円で、代理店の取り分は100円、まとめサイト側が400円。ターゲットはやはりゲームが多く、「人気のゲームはほぼ全て網羅していました。そのゲームのまとめサイトがあれば、それに合わせてページを作って提案する、といった感じです」と関係者。また、仲の良いまとめサイト運営者に「これからどんなサイトを作るか」をヒアリングし、それに合わせて事前にページを作ったり、逆にまとめサイト側から「今度こんなサイトを作るからコード(アフィリエイトコード)を発行してほしい」と提案されたりすることもあったそうです。


悪質ポイントサイトの手口 上記広告を掲載していたまとめサイトの1つ

悪質ポイントサイトの手口 サイト上部にある「ラブライブ最新情報」には“2ちゃんねるまとめ”を装ったポイントサイトの広告が多数。広告である旨も表記されていません

 悪質ポイントサイトの広告は報酬額も大きく、登録者も多いため、まとめサイトにとっては重要な資金源の1つとなっていました。実際にまとめ風広告に関わっていたという情報提供者の1人に、どんなことを考えて作っていたか、こだわった点などはあったかを聞くと、次のように答えました。

広告代理店関係者:
「こだわっても大差ないですよ。だまされる人はだまされるし、気付く人は気付きます。正直こんなことに労力を注ぎたくはありませんでした。考えていたことは『人として終わってんな〜』くらいですね」

 ちなみに、こうした“まとめ風広告”ではゲームのロゴやイラストなどが無断で使用されていましたが、これまでゲーム会社側から注意を受けたことは一度もなかったとのこと。

アフィリエイト広告関係者:
「ゲーム会社からすればタダで宣伝してくれているわけですから、ゲーム会社も分かっていて黙認していたんだと思います」

 また広告であることも明記しておらず、ステルスマーケティングにあたるのではないかという指摘もあります。


悪質ポイントサイトの手口 こちらはKONAMIの「遊戯王デュエルリンクス」をターゲットにしたもの

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.