ニュース
» 2017年03月23日 11時15分 公開

「ハロー張りネズミ」が瑛太主演で実写ドラマ化 深田恭子「身を任せて撮影に」

大根仁さん脚本・演出で最高に楽しい探偵モノになりそう。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「島耕作シリーズ」などで知られる弘兼憲史さんの探偵モノマンガ「ハロー張りネズミ」が、瑛太さん主演、映画「モテキ」や「バクマン。」などを手掛けた大根仁さん脚本・演出でTBSの2017年7月期金曜ドラマ枠での実写ドラマ化が決定しました。ヒロインは深田恭子さんです。

瑛太さん演じる「ハリネズミ」こと七瀬五郎 ゴロー!

 1980年から1989年に掛けて講談社「週刊ヤングマガジン」で連載された同名原作は、東京都板橋区の下赤塚で面倒な案件ほどやりたがる探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎とその仲間たちが難事件に挑んでいく探偵モノ。原作の弘兼さんいわく“昭和の匂いの濃い作品”は、人情モノ、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーまで幅広いテーマを扱うストーリーが人気を呼び、過去には、唐沢寿明さん主演の映画版や緒形直人さん主演のスペシャルドラマが製作されました。

 七瀬五郎を演じる瑛太さんは、2004年放送の「オレンジデイズ」以来13年ぶりとなるTBSドラマ出演。「僕自身バカでスケベなところも含めて原作のキャラクターに非常に共感しているので(笑)、特に役作りはせず楽しみながら撮影に臨みたい」と話す一方、「小さいころ僕が『探偵物語』とか『傷だらけの天使』を見て感じたように、今の若い方たちがこのドラマを見て、「かっこいいな」とか、「この物語に自分も参加したい」と思ってもらえるようなものを目指していきたい」と、平成の探偵モノに掛ける思いを明かしています。


 ある事件をきっかけに五郎と知り合うミステリアスな美女、四俵蘭子を演じる深田さんは、「大根監督の作品は、男性の気持ちを代弁というか、どこか少年ぽさや青春や懐かしさが感じられる印象があります・・・女性に対してどの様な演出をされるのか、今からドキドキしています。どうぞお手柔らかに宜しくお願いします・・・(笑)」とコメント。プロデューサーからは「今作で新しい深田恭子像を見せたい」と言われたそうで、「ご期待にお応えできるよう、身を任せて撮影に臨んでいきたい」とのこと。

新しい深田恭子像? 最高かよ 新しい深田恭子像? 最高かよ

 ゴールデンプライム帯のドラマで初の脚本・演出を務める大根さんは、「深夜ドラマや映画では割とヤンチャな仕事をしてきたつもりですが、今回のゴールデンでもいつも通りやってみようと思います」とコメント。大根さんとはドラマ「まほろ駅前番外地」以来のタッグとなる瑛太さんも「大根さんと一緒なら新たなチャレンジができると思うので、今回は冒頭からかなり飛ばしていこうと思っています」と信頼を寄せています。

 このほか、五郎の相棒、木暮久作(グレ)役は森田剛さん、探偵事務所の所長、風かほる役は山口智子さん。なお、弘兼さんはドラマの初回放送に合わせて新作の「ハロー張りネズミ」を発表するとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる