ニュース
» 2017年03月23日 11時15分 公開

「ハロー張りネズミ」が瑛太主演で実写ドラマ化 深田恭子「身を任せて撮影に」

大根仁さん脚本・演出で最高に楽しい探偵モノになりそう。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「島耕作シリーズ」などで知られる弘兼憲史さんの探偵モノマンガ「ハロー張りネズミ」が、瑛太さん主演、映画「モテキ」や「バクマン。」などを手掛けた大根仁さん脚本・演出でTBSの2017年7月期金曜ドラマ枠での実写ドラマ化が決定しました。ヒロインは深田恭子さんです。

瑛太さん演じる「ハリネズミ」こと七瀬五郎 ゴロー!

 1980年から1989年に掛けて講談社「週刊ヤングマガジン」で連載された同名原作は、東京都板橋区の下赤塚で面倒な案件ほどやりたがる探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎とその仲間たちが難事件に挑んでいく探偵モノ。原作の弘兼さんいわく“昭和の匂いの濃い作品”は、人情モノ、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーまで幅広いテーマを扱うストーリーが人気を呼び、過去には、唐沢寿明さん主演の映画版や緒形直人さん主演のスペシャルドラマが製作されました。

 七瀬五郎を演じる瑛太さんは、2004年放送の「オレンジデイズ」以来13年ぶりとなるTBSドラマ出演。「僕自身バカでスケベなところも含めて原作のキャラクターに非常に共感しているので(笑)、特に役作りはせず楽しみながら撮影に臨みたい」と話す一方、「小さいころ僕が『探偵物語』とか『傷だらけの天使』を見て感じたように、今の若い方たちがこのドラマを見て、「かっこいいな」とか、「この物語に自分も参加したい」と思ってもらえるようなものを目指していきたい」と、平成の探偵モノに掛ける思いを明かしています。


 ある事件をきっかけに五郎と知り合うミステリアスな美女、四俵蘭子を演じる深田さんは、「大根監督の作品は、男性の気持ちを代弁というか、どこか少年ぽさや青春や懐かしさが感じられる印象があります・・・女性に対してどの様な演出をされるのか、今からドキドキしています。どうぞお手柔らかに宜しくお願いします・・・(笑)」とコメント。プロデューサーからは「今作で新しい深田恭子像を見せたい」と言われたそうで、「ご期待にお応えできるよう、身を任せて撮影に臨んでいきたい」とのこと。

新しい深田恭子像? 最高かよ 新しい深田恭子像? 最高かよ

 ゴールデンプライム帯のドラマで初の脚本・演出を務める大根さんは、「深夜ドラマや映画では割とヤンチャな仕事をしてきたつもりですが、今回のゴールデンでもいつも通りやってみようと思います」とコメント。大根さんとはドラマ「まほろ駅前番外地」以来のタッグとなる瑛太さんも「大根さんと一緒なら新たなチャレンジができると思うので、今回は冒頭からかなり飛ばしていこうと思っています」と信頼を寄せています。

 このほか、五郎の相棒、木暮久作(グレ)役は森田剛さん、探偵事務所の所長、風かほる役は山口智子さん。なお、弘兼さんはドラマの初回放送に合わせて新作の「ハロー張りネズミ」を発表するとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」