ニュース
» 2017年03月27日 19時18分 公開

「僕は仲間として、イジる」 ガリガリガリクソン、単独ライブのチラシで友人・清水富美加の著書をパロディー

スタンスの貫き方スゴイ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 お笑い芸人のガリガリガリクソンさんが3月26日、友人で宗教法人「幸福の科学」に出家したことで話題となった清水富美加(法名:千眼美子)さんの著書「全部、言っちゃうね。 〜本名・清水富美加、今日、出家しまする。〜」の表紙をパロディーした単独ライブのチラシを公開しました。ガリクソンさんの言動、野蛮に見せかけたジャーナリズムが流れてるな……。

ガリガリガリクソン 清水富美加 やりおった(画像はガリクソンさんのInstagramから)

 清水さんの出家騒動の際には、親交の深い友人としてTwitterでさまざまな言及を行ったガリクソンさん。4月12日に大阪・難波で行われる単独ライブのチラシは、スカジャン姿でキャップを被ったどこか見覚えのある構図で撮られた写真が使われており、完全に清水さんの著書の表紙をパロディーしたものとなっています。

 ガリクソンさんは騒動中の2月16日に、「僕は仲間として、イジる」と今回のパロディーにも納得がいく攻めたスタンスを表明していました。チラシには「全部、やっちゃうね」と本のタイトルをもじった題字が確認できる他、ゲストのことを“守護霊”と呼称するなど細かなパロディーネタも盛り込まれています。ライブではどんなネタをやるんだろう……。

ガリガリガリクソン 千眼美子 清水さんの著書の表紙(画像はAmazon.co.jpから)

 チラシを見たファンからは、「笑ってしまいました!」「全然反省してないじゃないですかっ!」「バカにしていますか?」「ガリガリセンゲンさん」など賛成とも反対とも取れるコメントが寄せられた他、「臀部太っちゃうね」「結局、太っちゃうね。太りたくなかった7年。太ってしまった7年」など、コメント欄でもパロディー大喜利が繰り広げられていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」