ニュース
» 2017年03月27日 19時18分 公開

「僕は仲間として、イジる」 ガリガリガリクソン、単独ライブのチラシで友人・清水富美加の著書をパロディー

スタンスの貫き方スゴイ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 お笑い芸人のガリガリガリクソンさんが3月26日、友人で宗教法人「幸福の科学」に出家したことで話題となった清水富美加(法名:千眼美子)さんの著書「全部、言っちゃうね。 〜本名・清水富美加、今日、出家しまする。〜」の表紙をパロディーした単独ライブのチラシを公開しました。ガリクソンさんの言動、野蛮に見せかけたジャーナリズムが流れてるな……。

ガリガリガリクソン 清水富美加 やりおった(画像はガリクソンさんのInstagramから)

 清水さんの出家騒動の際には、親交の深い友人としてTwitterでさまざまな言及を行ったガリクソンさん。4月12日に大阪・難波で行われる単独ライブのチラシは、スカジャン姿でキャップを被ったどこか見覚えのある構図で撮られた写真が使われており、完全に清水さんの著書の表紙をパロディーしたものとなっています。

 ガリクソンさんは騒動中の2月16日に、「僕は仲間として、イジる」と今回のパロディーにも納得がいく攻めたスタンスを表明していました。チラシには「全部、やっちゃうね」と本のタイトルをもじった題字が確認できる他、ゲストのことを“守護霊”と呼称するなど細かなパロディーネタも盛り込まれています。ライブではどんなネタをやるんだろう……。

ガリガリガリクソン 千眼美子 清水さんの著書の表紙(画像はAmazon.co.jpから)

 チラシを見たファンからは、「笑ってしまいました!」「全然反省してないじゃないですかっ!」「バカにしていますか?」「ガリガリセンゲンさん」など賛成とも反対とも取れるコメントが寄せられた他、「臀部太っちゃうね」「結局、太っちゃうね。太りたくなかった7年。太ってしまった7年」など、コメント欄でもパロディー大喜利が繰り広げられていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた