ニュース
» 2017年03月27日 19時18分 公開

「僕は仲間として、イジる」 ガリガリガリクソン、単独ライブのチラシで友人・清水富美加の著書をパロディー

スタンスの貫き方スゴイ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 お笑い芸人のガリガリガリクソンさんが3月26日、友人で宗教法人「幸福の科学」に出家したことで話題となった清水富美加(法名:千眼美子)さんの著書「全部、言っちゃうね。 〜本名・清水富美加、今日、出家しまする。〜」の表紙をパロディーした単独ライブのチラシを公開しました。ガリクソンさんの言動、野蛮に見せかけたジャーナリズムが流れてるな……。

ガリガリガリクソン 清水富美加 やりおった(画像はガリクソンさんのInstagramから)

 清水さんの出家騒動の際には、親交の深い友人としてTwitterでさまざまな言及を行ったガリクソンさん。4月12日に大阪・難波で行われる単独ライブのチラシは、スカジャン姿でキャップを被ったどこか見覚えのある構図で撮られた写真が使われており、完全に清水さんの著書の表紙をパロディーしたものとなっています。

 ガリクソンさんは騒動中の2月16日に、「僕は仲間として、イジる」と今回のパロディーにも納得がいく攻めたスタンスを表明していました。チラシには「全部、やっちゃうね」と本のタイトルをもじった題字が確認できる他、ゲストのことを“守護霊”と呼称するなど細かなパロディーネタも盛り込まれています。ライブではどんなネタをやるんだろう……。

ガリガリガリクソン 千眼美子 清水さんの著書の表紙(画像はAmazon.co.jpから)

 チラシを見たファンからは、「笑ってしまいました!」「全然反省してないじゃないですかっ!」「バカにしていますか?」「ガリガリセンゲンさん」など賛成とも反対とも取れるコメントが寄せられた他、「臀部太っちゃうね」「結局、太っちゃうね。太りたくなかった7年。太ってしまった7年」など、コメント欄でもパロディー大喜利が繰り広げられていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む