ニュース
» 2017年04月06日 17時47分 公開

「太臓もて王サーガ」の大亜門、Webで4年ぶりの新連載! 漫画業界のうわさや疑問を探る

週刊ヤングジャンプで連載されていた「わたしはキャワワワ!!」以来の連載。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「無敵鉄姫スピンちゃん」「太臓もて王サーガ」などの作品で知られる漫画家・大亜門さんの新連載「大亜門のドンときいてみよう!」(漫画:大亜門/構成・作画監修:Mi.)が4月12日、集英社のWebコミックサイト「ふんわりジャンプ」でスタートします。同サイトでは、4ページのプロローグ漫画が掲載中。

大亜門のドンときいてみよう! 久しぶりの連載が始まるドン! いったいどんな漫画ザウルス!? (C)大亜門・Mi./集英社

 週刊ヤングジャンプで連載中だった「わたしはキャワワワ!!」が、2013年にわずか3カ月で打ち切りになって以降、連載作品がなかったという大亜門さん。読み切りや同人誌で何とか生計を立てるも、子どもが生まれたこともあり、それも難しくなってしまいます。

太臓もて王サーガ 「太臓もて王サーガ」は1年9カ月で打ち切りに(Amazon.co.jpから)

 ついには、減り続ける妻の貯金と義父からの借金に妻が激怒する事態に発展。バイトしつつ、ブログ代わりになるかと、周りから提案されていた子育て漫画のネームをTwitterで公開していた大亜門さんですが、ある日、週刊ヤングジャンプの担当からふんわりジャンプを勧められます。運が向いてきた!

 新連載では、打ち合わせを重ねる中で、他の漫画家についての知識がないことに気付いた大亜門さんが、漫画業界のうわさや疑問を調べるため、業界人たちに話を聞く取材漫画になるそうです。取材漫画といえば、村田雄介さんがジャンプ作家にインタビューした「ヘタッピマンガ研究所R」や、少年ジャンプ+に掲載されているサクライタケシさんの「ジャンプの正しい作り方!」などがありますが、大亜門さんの漫画はどのような内容になるのでしょうか。得意のパロディーも飛び出すかも?

関連キーワード

漫画 | 集英社 | 漫画家 | 取材 | パロディ | 子育て | 同人誌


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」