ニュース
» 2017年04月08日 11時55分 公開

1万RTで復活掲載 干潟系女子の漫画「ガタガール」、連載打ち切りからの大復活かけた保全運動がアツイ

頑張れ、超頑張れ。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 連載打ち切りが決定した漫画「ガタガール」の作者・小原ヨシツグさんが、連載継続の嘆願をTwitterに投稿したことから始まった連載復活運動(通称『ガタガール保全運動』)が、電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」のコミック担当者も巻き込みつつ、アツい展開を見せています。

「ガタガール」第1巻「ガタガール」第2巻

 「干潟」をテーマにした同作品は、講談社の漫画誌「月刊少年シリウス」で2016年5月号から連載。湿地帯の生物であふれる干潟の話題になるとテンションが上がる「ガタガール(干潟系女子)」な中学生ヒロインのウザカワイさが人気を集めていましたが、2017年4月号で惜しくも連載終了しました。


 連載打ち切りとコミックス第2巻が発売できないことを知った作者の小原さんは、自ら連載継続の嘆願をツイート。ヒロイン・七瀬汐の存在が抹消されると訴えるツイートは、漫画ファンだけでなくマニアックな生物好きにも支持され、“絶滅危惧種”とみなされた同作品を守ろうと「ガタガール保全運動」が自然発生します。


 その結果、当初150程度だったTwitterフォロワー数は1500まで増加。Amazonランキングで3万位程度だったコミックス第1巻も一時的に165位、講談社カテゴリーで9位まで上昇しました。連載自体は予定通り2017年4月号で終了しましたが、コミックス第2巻については運動の成果もあり無事刊行決定します。


 さらに、電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」のコミック担当者が同作品のファンだったこともあり、電子書店として何とか協力できないかと講談社に直訴。その結果、「月刊少年シリウス」編集長から「BOOK☆WALKERのキャンペーンツイートが1万リツイートに到達したら、シリウス本誌に『ガタガール』の特別編を復活掲載する」という約束を取り付けました。なんだこのアツい展開。


 4月7日から4月20日の日程で行われる「ガタガール」復活をかけたリツイートキャンペーンに参加するには、こちらのキャンペーンツイートをリツイートします。なお、このキャンペーン期間中、「ガタガール」第1巻が99円で販売される他、第2巻購入で、作者描き下ろしデジタルメッセージペーパーがプレゼントされます。

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」