ニュース
» 2017年04月08日 17時10分 公開

漫画家・島本和彦、3分で描いたサーバルちゃんを「吉崎観音にかなわない」と自嘲

プロの犯行だった。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 「アオイホノオ」で知られる漫画家・島本和彦さんが、自分の子どもに頼まれて描いた新入生歓迎勧誘の立て札に「けものフレンズ」のサーバルちゃんを描いて「すごーい!」と話題になっています。


 同ツイートによると、このたて札は「3分で」と急に描かされたもので、ついでにサーバルちゃんも初描きしたとのこと。「自転車競技部」と大書きされた文字の右下でサーバルちゃんが「のるよ!」「はしるよ!」とアピールしています。かわいいー。

 島本さん的には十分納得のいくできではなかったようで、「頭部の立体感がまだ未熟…吉崎観音にかなわない(笑)」と、「けものフレンズ」のキャラクターデザインを担当した吉崎観音さんの名を挙げて自嘲ぎみにセルフリプライしています。

「けものフレンズ」サーバル 本家サーバルちゃん(画像は「けものフレンズ」公式サイトから)

 これに対しTwitterでは、「あなたはたて札3分で描けるフレンズなんだね!」という“フレンズ記法”での反応や、「やめろ吉崎! おれよりかわいいサーバルちゃんを描くんじゃねぇ!」と“島本記法”での反応が。その他、「贅沢な新入生勧誘看板」「持つべきは漫画家のお父さん」「3分かあ、プロの仕事だなあ」といった声もありました。


 なお、島本さんは最終回まで視聴した「けものフレンズ」を再度1話から見直すほどのファンで、「最終回まで見てもう一度1話から見直す…1話が心に染みる」ともツイートしています。

島本和彦Twitterアイコン 劇画調のサーバルちゃんという新ジャンル期待

五月アメボシ


関連キーワード

けものフレンズ | 漫画家 | かわいい


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」