かつて、吾妻ひでおは神だった

マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。

» 2017年04月15日 20時05分 公開
[コバヤシマルシミルボン]

コミケは燃えているか

 いまや、コミケには50万人近い参加者が訪れる。その中心は10代から20代のアニメファン、マンガファンだ。そして、今から30年以上前、私が初めてコミケを訪れたときも、規模こそ小さかったが、その年齢層の若者が中心だった。

 当時、宇宙戦艦ヤマトの大ヒットにより、アニメファンという連中がいることは世の中に知られていた。しかし、それ以外で一般の人々が思い描くアニメは「ムーミン」、マンガは「少年ジャンプ」がせいぜいといった時代だ。

マイナー漫画との出会い

 コミック専門書店が近くにある者だけが、ジャンプやマガジンには決して載らない漫画家をそろえたマイナーな漫画雑誌の存在を知っていた。東京三世社の「少年少女SFマンガ競作大全集」、奇想天外社の「マンガ奇想天外」、朝日ソノラマ社の「月刊マンガ少年」はそのトップ3だ。大友克洋、板橋しゅうほう、さべあのま、高橋文子、高橋葉介、見知らぬ作家たちに混じり、手塚治虫や藤子不二雄も寄稿していたが、少年漫画で知る彼らとは異なる作風の漫画ばかりだった。

 マイナー漫画の魅力にはまった私は、ある日、コミック専門書店でいつもとは異なる風情の雑誌に出くわす。漫画評論誌だ。なかでも「ふゅーじょんぷろだくと」は新宿三丁目のビルに同人誌専門の小さな本屋を営んでいた。今では同人誌の委託販売は、いくらでも見かけるが、そのハシリである。よりマイナーで刺激的なマンガを求めていた中学生の私は、その店の常連となり、同じくそこに通っていた年上の友人を次々と作っていく。もちろん、一人残らずオタクだ。

美少女マンガの出現

 彼らの中で話題に上る同人誌があった。コミケで売られるたびに、すさまじい行列ができ、必ず完売する。バックナンバーはマンガ専門古書店で数万円で取引されている。その真っ黒な表紙の本には、かわいらしいタッチで描かれた美少女のあられもない姿のマンガばかりが載っている——などなど。「シベール」という書名と共に、その話は深く脳裏に刻み込まれた。結局、今に至るまで「シベール」そのものは手に入れていないが、やがて、後に続けとばかり、現在に続くかわいいキャラクターのエロ同人誌が一気に増えていった。

 いつの時代も男子中学生の脳内はエロまみれだ。考えることの9割はエロ妄想、残り1割にその他の全てが詰まっている。ネットのない時代、紙媒体以外でエロは入手できない。だが、そのころのエロ漫画といえば、劇画調の汚い線とデッサンの狂ったキャラクターがぐちょぐちょぐちょと描かれた雑誌のみ。それらは本屋の奥の薄暗いスペースに置いてあり、中学生にはなかなか触れることができない。まず、年齢制限の壁はとてつもなく高かった。そして、手に入れても絵柄のせいであまりグッとこなかった。かといって、写真系のエロ本はセーラー服を着たおばちゃんばかりで、さらに厳しかった(実用的に)。

 そこに降臨したのが同人誌即売会に出現したロリコン美少女マンガだ。そりゃ、小遣い貯めてコミケに行きますよ。

 やがて、商業誌が目をつけて、同人誌の売れっ子作家を集めた雑誌「レモンピープル」が創刊される。しばらくして、大手出版社も彼らに食指を伸ばし始める。内山亜紀、みやすのんき、千之ナイフなどがメジャーに進出していった。

レモンピープル

 当時、そのロリコン美少女マンガの頂点に君臨していたのが吾妻ひでおだった。普通のマンガ好きには、少年チャンピオンでギャグマンガを連載する中堅マンガ家だったろう。だが、ロリコンマンガ業界では神のごとき威光を放つ存在だった。「シベール」の中心作家であり、キュートでエロいキャラクターが活躍する不条理ギャグに多くのエロガキが脳と股間をグチュグチュにされていた。

 サイン会を開けば、暗そうな男どもばかりが長蛇の列をなした。同人誌即売会に参加すれば、汗だくの男どもばかりが1000円札を握りしめて殺到した。

 また、吾妻ひでおは無類のSF読みであり、卓抜したSFセンスを備えていた。名作「不条理日記」は全国のSFファンにショックを与え、SF大会の企画イベントには、やはり男どもばかり我先にはせ参じた。

チョコレート・デリンジャー

 吾妻ひでおが開いたロリコン美少女マンガは、読み手書き手双方のリビドーに大きく作用して大きなムーブメントになった。その後、同ジャンルのマンガやアニメが大きく育ったのはご存じの通りだ。吾妻ひでお本人は、その後、アルコール依存症になり、失踪された末、無事にリハビリに成功してマンガ業界に戻ってこられた。コミケにも復帰されたようだ。

失踪日記

 今では仕事半分だが、俺も相変わらずコミケに行き、同人誌を買っている。中学生の俺に、お前は30年後もコミケに行ってるのだと告げたら、絶望して首をくくるかもしれないが。いや、大丈夫、いつまでたっても、なかなかに楽しいよ。このジャンルは。

コバヤシマル


シミルボン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」