ニュース
» 2016年03月20日 18時47分 公開

かわいさは凶器 「大家さんは思春期!」のチエちゃんに堕ちない男女はいないあのキャラに花束を

世界よ、これが「ぐうかわ」だ。

[たまごまご,ねとらぼ]

画像 ビジュアル一発で心を射抜かれた人も多いのでは(アニメ公式サイトより

 「大家さんは思春期!」里中チエちゃんを、公式はこう称しています。

 「ぐうかわ」

 「ぐうの音も出ないほどかわいい」という意味。

 ネットで叫ばれる「ぐうかわ」な存在って、いくつか条件があると思っています。「幼さを感じさせる」「笑顔や照れなど、ポジティブな感情がこもっている」「色味が柔らかく、目と心に優しい」。

 その全てを兼ね備えると、理屈では返せないかわいさが誕生します。



制服に着られているその姿

 里中チエちゃんは、ちょっとした事情で大家さんになった中学1年生の女の子。いつも前向きで、がんばり屋。作中のみんなに愛される子です。

 単行本1巻が出た時(ていうか連載しはじめてからすぐ)、彼女のあまりのかわいさに、マンガファンは一瞬でねじ伏せられました。


画像 ヤバイ、色々目覚めた

 中学生といっても、1年生。まだまだ小学生みたいな雰囲気を醸(かも)しているのは、黒目がとても大きいのと、制服がちょっとダボダボだからです。


画像 この袖丈のだっぷり感が素晴らしい(アニメ公式サイトより

 ぼくのようなロリコンはもとより、そうでない人の心もわしづかみにしました。1巻の表紙を見てください。チエちゃんは「こちら」に語りかけている。実際は引っ越してきた居住人の前田さんに話しかけているはず。でもバーチャル大家さんとして、笑顔でぼくに話しかけ、しかもぼくの布団を干し、ぼくの布団をたたこうとしてくれている。ぼくの目の前にあるのは、彼女の笑顔と、幼い足の裏だ。かわいい。

 「ぐうかわ」の条件、「幼さ」「ポジティブさ」を叩きだした、すごい1枚です。



無防備で無邪気で無自覚なチエちゃんは純白

 チエちゃんは、大家としてはきっちりしているし、学校でもそつなく自分の仕事をこなします(苦手も多いけどそこがいい)。料理がとてもうまく、気遣いができる。良妻賢母感はんぱない。

 ただし、彼女あまりにも世間知らず。知っている生き方が新しくないので、むしろおばあちゃんっぽい。

 加えて、恋愛などに無知極まりない。根っこが基本的に子供。

 かくして優等生で周りの子より大人びている、ただし流行りのことを全く知らない純粋無垢な少女という爆弾になりました。何がヤバイって、無自覚に周りの人の心に入り込んで、ドキドキな内容を想起させること。


画像 中学生女子と枕を並べて寝るだと……!?(アニメ公式サイトより

 不審者が出て怖がっていたチエちゃんを守るため、前田さんが部屋に泊めることになったシーンは象徴的。前田さんはどっちかというと、隣の部屋のホステス白井麗子さんが好きっぽいので、全く性的なイメージは抱いていません(ポイント1)。

 チエちゃんは、小学2年生くらいの心理だと考えるといいと思います。一緒に泊まるなんてワクワクする! 相手が男性だからとか一切考えません(ポイント2)。

 怖がりなチエちゃん。「夜1人だとずっと怖かったから」と、前田さんに手を握ってほしいとせがみます。顔を赤らめて。前田さんは子供として彼女の手を握って寝ます(ポイント3)。

 朝起きると、彼女は大家さんスキルを発揮し、朝食を作り、ブレザーアイロンがけ。男子の夢をナチュラルにかなえます(ポイント4)。

 彼女が去り際に言った一言は「誰かが傍に居てくれるって すごく安心できていいですね」(ポイント5)。

 ポイント1から3。徹底して「ここには性的な意味はありません」という完璧すぎる防御網を張っています。しかしポイント4・5のように、こちらの想像をふくらませる、網をはみ出しそうになるほどのネタもぶっこんでくる。思春期の気持ちになるのはこっちの方だよ。

 作者の水瀬るるうさんは、「健全」を描くことに長けまくっています。ただ単に清く正しい、という意味ではありません。かなりキワキワなシチュエーションを用意し、キャラクターたちの間にも様々な心理的葛藤があるのを明確にした上で、人物達の純粋さを浮き立たせる。


画像 見てくれこのシチュエーション。ギリギリだぜ

 同作者の短編集「はじめてのお泊り」。表題作は「飲みに行ったあと女の子に声をかけたら、家に連れて行くことになってしまった」という、もう朝チュン待ったなしのようなマンガ。

 しかし、登場人物の心理にフォーカスを当て続けると、キャラは意外と当たり前に「健全」を選択します。シチュエーションがキャラを動かすことをしません。

 「大家さんは思春期!」でも数多くの、見ているこっちがドキドキする状況が連発します。けれども「幼い中学生なら」の軸が非常にしっかりしているので、彼女がシチュエーションを振り回すようになります。

 もっとも、読者・視聴者側の妄想のトリガーはがんがん引かれます。


画像 これはあれか、寝る前にぼくと、あれか

 コミックもアニメも、彼女の一挙一動を「見守る」うちに、彼女がこっちを「見つめて」くる。ああもうかわいいかわいい。登場人物全員、住人、商店街の人たち、クラスメイトでさえ、彼女を甘やかしたくなる気持ち、わかります。しかたありません。チエちゃんをもっと見たい。何時間でも見ていたい。見ているだけでいいですから!


画像 こりゃガードできません(アニメ公式サイトより


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい