みんなに大人気のギャルがいるって本当ですか? 「おしえて!ギャル子ちゃん」ギャル子ちゃんに恋をしちゃうあのキャラに花束を

ギャル子ちゃんに「がんばれ!」って言われたら数年はがんばれます。

» 2016年04月01日 13時23分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

オタクの間でギャルが人気って本当ですか?



 今アニメ・マンガファンの間で、ギャルキャラクターが、かつてなかったほど愛されていると思う。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の城ヶ崎姉妹とかそうですね。

 そもそも、かつて「ギャル」が苦手だったオタク男女は、正直多かったと思う。学校の中や街の中を、自由気ままに闊歩し、きらびやかなスタイルで決め、大きな声でしゃべっている様子。気後れしてしまう。

 ギャルゲー・エロゲーのヒロインを見ると、「明るくて軽い子」はいても、ガチギャルはいませんでした。特に黒ギャル全盛期。マンガやラノベだと、ヤンキーと並んで「主人公を指さして笑う」みたいな、どうにもよろしくない立ち位置に据えられがちでした。

 しかし、21世紀の今は違う。

 ギャルというのは、自由にのびのび生きている、魅力的な子ではなかろうか?

 それを体現している金字塔が、「おしえて!ギャル子ちゃん」の、ギャル子ちゃんです。



 彼女、かわいいだけじゃない。とってもかっこいい。



ギャルとオタクは仲良くなれるって本当ですか?

 金髪で軽く毒舌。「サーセンー」「なんですけどォ」が口癖のギャル子ちゃんは、絵に描いたようなギャル。歩く擬音は「ギャルンギャルン」。見た目で誤解も買います。例えば、クラスの男子は、彼女の外見で「色んな男とハメまくり」なんてうわさします。

 ところが実際の所、彼女は誰とでも話すことができ、みんなに気配りできる人気者。次第に「この子めっちゃいい子じゃん」とか「俺だけは君のいいとこを知っている」と気づいていきます。


画像 お、お前ら……その勘違いわかるぜ。ただ、いい子なのもわかっただろ?(1巻11ページ)

 友人のオタ子との比較は、大変興味深い。彼女はバリバリのオタク。人と馴れ合うのは苦手というか面倒くさいのでいつも1人で行動するオタ子。けれど、キャラ紹介にある通り「なぜかギャル子と仲良し」。

 オタクとギャルが一緒だと「なぜか」ってついちゃうの? そういう感覚が今まで、オタク側にもギャル側にも強かったのは、事実だと思います。壁はあったよ。

 でも共通の会話があったり、お互いの趣味を認め合えたり、あるいは相手の趣味に興味が湧いたりすることって、多々あるんじゃないかなあ?

 ギャル組、優等生組、個性派はぐれ者組。オタクに、スポーツ系に、サブカル。なんとなーく壁ができて、いつも一緒に行動するのは、ファッションや趣味のくくり、というつながり。それはそれでいいんだけど、ギャル子ちゃんの考え方は違います。



ギャルにはギャルの信念があるって本当ですか?

 「ギャル」であることって、悲しいけど社会的にはマイナス。お父さんお母さんの立場で、娘がギャルスタイルになったら。会社の面接にギャルスタイルでやってきたら……と考えると、よしとは言いづらい。

 知らない人から、誤解は受け続けています。「ギャルのくせに」と。でもギャル子ちゃんは茨の道を、覚悟して歩んでいます。

 「こうしなきゃこうでないとダメ みたいのがあるの あたしは ヤ」

 同時に、彼女はギャルであることを絶対やめません。

 「自分が単純に…好きだからやってるコトに そーやって『なくっても平気でしょ』だなんて言われるの ヤなの」


画像 ギャルはギャルじゃないといけない、オタクはオタクじゃないといけない……そんなこと誰も言っていないはずなんだ(1巻109ページ)

 相手を認めることが、相手に興味を持つことが、自然にできるギャル子ちゃん。でも、自分の大切なモノは、絶対に曲げない。

 全力で感動する強い感受性の持ち主(ただしシモネタと舌ピアスは苦手)。頼まれたら、力になりたいと心から思い手伝える。

 「ギャル」とのギャップこそあれども、こんな一生懸命な子、嫌いになる男女いないよ。彼女は映画が好きで、洋画の金髪や華やかなファッションに憧れた。その思いを大切に歩んでいった結果、ギャルファッションになっただっただけなんだ。彼女も、趣味による誤解と戦い続けている。だからこそ相手の趣味を絶対に否定しない。


画像 人の趣味を笑わない。いろんなことに公平に興味を持てる。これって簡単そうで、とってもすごいこと(1巻25ページ)

ギャル子ちゃんはお母さんみたいな女の子って本当ですか?

 ギャル子ちゃんは、おっぱいがとても大きいです。とっても、大きいです。

 なんてエロいんだろう! と高校生男子なら思わずにいられない。でも、彼女のおっぱいの大きさは、エロさではなく母性のあらわれです。

 ギャル子ちゃんの夢は、優しいお母さんになること。クラスメイトへの世話焼きな性格にも、そのあたり見え隠れします。

 彼女がプールに行った時。クラスでいじられる少年にギャル子ちゃんは出会いました。少年はギャル子に、やっぱり偏見を向ける。「遊びまくってるんだろーな」と。

 彼は、自分のママのことを、思春期らしく避けていました。そんな彼に、ギャル子ちゃんは言います。

 「自分のおかーさんの事…恥ずかしいなんて思っちゃダメだよ?」

 その後、彼女と悩める少年は、2巻でも出会い、語り合います。


画像 押し当てられた胸は、お母さんの柔らかさ。不安も不満も、彼女の包容力の前に吹き飛んでしまう(2巻98ページ)

 豊満な胸に抱きしめられながらそう言われて、逆らえる男子なんていないだろうよ。胸の柔らかさは、問答無用の説得力を産みます。

 彼女は、世の男子が夢見る、母親的な、「女性」の象徴のような存在。

 ここまで描かれると、ギャル子ちゃんほぼ完璧超人すぎて心配になる! でも大丈夫です。彼女は基本ポンコツですし、オタ子とお嬢という親友もいます。ちゃんと、女子高生の青春してます。

 ギャルが今人気って本当ですか?

 半分あってる。半分違う。「ギャル」という属性だけが人気なわけではありません。

 本人の持つポジティブさやパワーが行き着いた先に、信念として「ギャル」になった子が愛されているのです。

 おれ、生まれ変わったら明るく元気なギャル女子高生になるんだ……。


(C)Kenya Suzuki


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」