ニュース
» 2015年10月26日 19時50分 公開

彼女の恋は気づかれない 「聲の形」もう一人のヒロイン・植野直花あのキャラに花束を

正直すぎた乙女はいつも空回り。

[たまごまご,ねとらぼ]

 大今良時のマンガ「聲の形」が、京都アニメーション制作、山田尚子監督で劇場アニメ化されます。

 小学生の頃、聴覚障害者の西宮硝子(にしみやしょうこ)をいじめていた石田将也(いしだしょうや)。高校になった石田は、西宮に対して罪を償わねばいけないと感じます。しかし西宮は彼を恨んでいなかった。2人は、コミュニケーションの難しさの中で、もがき苦しみます。



嵐のような少女

 2人の物語が中心。しかしもう一人のヒロイン、植野直花(うえのなおか)にも注目してほしい! 黒髪ロング。スレンダー。ものすごく気が強い子です。

 石田が小学生の時、もっともつるむことが多かった女子の植野。西宮硝子を石田と一緒にいじめていました。しかしいじめによる被害が発覚してからは、すっかり疎遠に。

 時間が経ち、高校に入ってから。石田は植野と町で偶然植野とすれ違います。


画像 「聲の形」五本の指に入る迷シーン。なぜこうなる(かわいい)(3巻83ページ)

 植野がつけた、唐突な猫耳に猫しっぽ。実はバイト先の猫カフェの店員のチラシ配りのため、というオチがつくのですが、いやいやそれにしても、町中で猫耳つけ始める女子高生いたら、ぎょっとするよ!?

 嵐のような彼女。唐突に現れては、色んな物(例・石田と西宮の時間とか)をめちゃくちゃにして去っていきます。


画像 いや、おい、乗せるって言ってねえし! 一緒に帰るって言ってねえし!(3巻118ページ)

 植野は、基本的に西宮硝子のことが、小学校の頃からずっと嫌い。理由は「石田が好きだから」。ところが石田は、高校に入ってからは西宮といつも一緒に居る。そりゃあ西宮に嫉妬もするでしょうよ。石田と一緒にいたい。石田と仲良くやっていた小学校時代を取り戻したい。なのに。

 楽しい小学校時代取り戻し作戦には、大きなリスクを伴います。間違いなく誰かに嫌われる。でも構わない。後ろを振り向かない覚悟を決めて、ひたすら思いついたら即実行。時には色んな人のデリケートな部分を踏み潰します。決していじめていいわけじゃないし、人を傷つけていいわけない。わかってる、でも進むしか無いじゃん、と。


画像 ホント嵐みたいに、落ち着かせてくれない。彼女が何を考えてるのかは、読み進めればわかります(5巻10ページ)


絶対に嘘はつかない生き方

 植野は、もーのすごく口が悪い。「嫌い」「うざい」「キモい」。言われたら傷つく言葉をバンバン言います。人間誰しも、嫌いな人、苦手な人がいるのは、仕方ない。それを言わないことで、コミュニケーションは円滑なものになります。ところが植野は好きなこと嫌いなこと、全部正直に言っちゃいます。


画像 石田視点だと不安しかない植野の行動。この後観覧車で、西宮と植野、2人きりの会話が繰り広げられます。ちなみに顔のバツ印は、石田が心を開いていない表現(4巻58ページ)

 植野が本音をバンバン言う時、彼女の本心をある程度わかっていないと、しんどい。一部の人たちからは、どうしても植野は距離を置かれます。傷つけてるのは事実です。

 何もかも正直に言って、時に自分も嫌われて、それでも次の行動に一歩踏み出すのは、相当に体力を使います。無論、大失敗も多い。後悔することは山ほどに。

 「私がやること全部裏目に出るね……ホント……自分がやんなる……!」(5巻133ページ)



彼女の長い脚

 植野は、全部のシーン(バイト中と、ラスト以外)で自分の脚が目立つ服装をしています。ミニスカート、ホットパンツ、短パン、あとパンツ。生脚度100%。活発に動きまくる+時に手が出る足が出る彼女らしい服装です。

 ぼくには、彼女が心をむき出しにしている表現に見えました。しっかり脚が描かれているコマは、大体彼女の言いたいことがズバンと書かれている。


画像 インガオーホーなんてクソくらえ! いろんなしがらみや後悔があろうと、失敗しようと、彼女の信念は変わらない(5巻118ページ)

 石田は今、西宮をいじめていた自分を殺したいくらい後悔しています。でも植野は、迷わずガンガン進んで、好きなものを好き、嫌いなものを嫌いと言える、自分に正直だった彼が好きだった。だから彼女は今、迷わずガンガン進む。失敗して後悔しても、とにかく進む。

 悲しいかな、そこまで自分をさらけだしても、石田は全然振り向いてくれないし、西宮を好きになれない。


画像 ひたすら自分と周りを傷つけて前に前に前に進んで、大失敗の繰り返し(6巻46ページ)

 走っただけ傷ついて、好きだって気持ちは全然伝わらなくて。これでいいのかなと迷うこともある。「私……さあ ダメな奴なんだァ……」(7巻157ページ)

 ただ、石田はちゃんと彼女のことを見ていました。「植野は今のままでいいと思うよ」「好き嫌いだけが全てじゃない 何より時間はたっぷりあるんだ 俺も頑張るからさ」(7巻159ページ)

 植野がどうしても石田を諦められない気持ち、ちょっとわかるよ。彼女はいじめっこ。でも悪役ではない。不器用で傷だらけな、一人の女の子です。



(C)大今良時/講談社

たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」