ニュース
» 2015年10月04日 08時00分 公開

もう君のこと、逃がさないよ 「つまさきおとしと私」の咲ちゃんの愛が重いあのキャラに花束を

これは恐怖か、それともラブか。

[たまごまご,ねとらぼ]

 「このマンガのヒロインが怖い!」って賞があったら、ベストテン入り間違いないんだけどなあ……というのが、現在ねとらぼで連載されているマンガ、「つまさきおとしと私」。タイトルを見て「なるほど妖怪と人間のハートフルな交流のマンガなんだね」と、ぼくは思っていましたともええ。

 今なら言えます。これは精神を追い込むマンガだと。そして、極限のラブロマンスだと。


画像 ポップなピンクが目印です。

 先日単行本が発売されました。書店でめっちゃ目立ちます。

 少女、長妻咲(ながつまさき)(13歳・中1)は、ある日糸のこを持って人の靴のつまさきを切り落とす妖怪に出会います。どうやら彼女にしか見えないらしい。最初のうちは咲ちゃんも驚きます。


画像 この頃から嫌な予感はあった

 運命の歯車は、ここで狂ったのだ。出会ってはいけない2人が出会ってしまった。



意味を付ける少女

 彼女は、「とし君(妖怪「つまさきおとし」のこと)は、何らかの心のスキを持った人間のつまさきを切っているのだ」と勝手に解釈してついてまわります。実は本来、とし君は適当に切っているだけでした。

 咲ちゃんは、とし君がつまさきを切り落とそうとする度に、「○○な人のつまさきを切っているんだね、とし君」と追いかけてまわる。いつしか彼女の行動はすっかりストーカー。四六時中、どんな場所にでも出没するようになります。


画像 オーウフ。なんでいるんだ

 こうなると、本来「あまり意味がなかった」行動に「意味があるように勘違い」するようになるもの。とし君、どんどん毒されて、どういう理由でつまさきを切っているのか考えこんでしまうようになります。

 たとえばぼくらがくしゃみをするとします。もちろん意味なんてない。ところが四六時中くしゃみをするたびに「そのくしゃみはあの○○な人の心のスキをついているんだね!」と言われ続けたとしたら。きっと、くしゃみをする度に「ひょっとして、自分は誰かの心のスキをついたんだろうか?」と気になり始めるはず。「くしゃみは誰かがうわさしている」という迷信のように。



愛。重すぎて。

 咲ちゃんの異常な愛情は2点に注がれます。1つはどんなものでも自分の都合のいいように置き換えること。とし君にしてみたら、そもそも追いかけられるのは迷惑。だから彼も、怒ります。ところが怒られると、咲ちゃんは興奮します。


画像 逆効果でした

 「怒られた=自分のことを考えてくれている」。とし君、怒るという手段がまず封じられました。ではどうするか。無視してみましょうか。


画像 さらに逆効果でした

 無視すると今度は、「無視される=みじめな気持ちで辛くなるなんて、とし君が自分をドキドキさせるテクニックをつかっている」という脳内回路変換で、やはり前向きに捉えます。

 負けてはならない。今度は彼女のポジティブ思考を徹底して論破してみましょう。とし君がんばれ。


画像 効果のある言葉が思いつかない

 彼女に訪れるエクスタシー。「言い負かされる=とし君色に染められて幸せ」。とし君、もう逆らえない。八方塞がりです。

 異常な愛情が引き起こすもう一つの行為。どんなところであろうと、とし君の前に現れる。いついかなるどんな時どんな場所でも、咲ちゃんは現れます。


画像 みつ……かっ……た

 もう、逃げられない。



これってラブじゃない?

 とし君は日々、恐怖します。ところがいつしか、とし君は「咲ちゃんがいる」のが当たり前のように感じ始めます。毎日繰り広げられる、追いかけっこバトル。どうすればいいか考え続けるうちに、彼の生活は「咲ちゃんがいるのが当然」という考え方に変化します。

 「ストックホルム症候群」という言葉があります。犯人に誘拐や監禁された被害者が、犯人に対して同情や好意を抱くようになる、というもの。とし君も、咲ちゃんに袋詰めにされて拉致されること多々。なのにとし君は、咲ちゃんに対して情が湧き始めています。そもそも最初から、追いかけられていて嫌がっていても、「嫌悪」「憎悪」ではなかった。

 咲ちゃんには、友達がいません。まあ、とし君のこと毎日ストーキングしてたら、そりゃね。とし君は、咲ちゃんの心のひだ、女の子の繊細な部分を汲み取りはじめます。天地無双な行動力の咲ちゃんだって、寂しいことくらいある。とし君は、そんな彼女を無視しません。


画像 頬を赤らめることもある。女の子だもの

 この関係はある種の相互依存。でもこれも、って言っていいんじゃないかなあ? とし君の包容力と紳士さが、咲ちゃんには必要です。そして今は、咲ちゃんの激しい愛情表現による追いかけっこも、とし君の日常には欠かせなくなってきた。人間と妖怪、こういう愛の形があってもいいじゃん。とし君、咲ちゃんかわいいと思うよ? 全身ペイズリー柄の服装はセンス悪いけど。

 さて、咲ちゃんはこっそりTwitterをやっているようです。ちょっと見てみましょう。






 えーと。とし君逃げて。

 一巻発売後の続きは、現在ねとらぼの連載で読むことができます。「婚姻届」で種族の壁を超えたり、初めての「キス」をしたり、咲ちゃんの担任(とし君が見えない)が登場したり。波乱の愛の物語になっています。

 愛って、重くて、苦くて、怖くて、そしてちょっと甘いね。



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」