ニュース
» 2015年12月07日 22時15分 公開

戦車道? いや戦車戦だ 「ガールズ&パンツァー リボンの武者」鶴姫しずか、推して参る!あのキャラに花束を

これが「裏・ガールズ&パンツァー」。

[たまごまご,ねとらぼ]

 現在映画上映中の「ガールズ&パンツァー 劇場版」。エクストリームすぎるアクションが楽しめる、痛快戦車エンタテインメント。「和製マッドマックス」なんて声もTwitterでは頻繁に見かけます。「これ戦車なの!?」というものまで登場。インフレを全く恐れずガシガシとなんでも投入。戦闘規模は尋常じゃなくなりました。

 さてその一方で、ものすごく小さい戦車による戦闘を描いたスピンオフ「ガールズ&パンツァー リボンの武者」(〜3巻、以下続刊/月刊コミックフラッパー)が連載されています。


画像 不敵な笑み。我が行うは戦車道にあらず

 ガルパンで行われているのは「戦車道」。女子としての嗜(たしな)みであり、作法に則った礼儀正しいスポーツです。ところがこの作品に出てくる戦いは、違う。

 通称「強襲戦車競技(タンカスロン)」。ルールは一つだけ、10トン以下の戦車であること(ちなみにガルパンの西住みほが乗るIV号戦車は25トン)。それ以外は何をやってもOK。観客はフィールドの中に入って応援するもよし。戦車を何十両持ち込もうが問題なし。対戦中に横から殴りこんで試合をつぶしてもいい。戦車によるストリートファイトです。

 主催者なし。非公式の野良試合だから、いくら弾があたっても死なない安全安心のガルパン世界とはいえ、かなり危険。参加する少女たちも、戦車道を取り仕切っている連盟には内緒。


画像 さすがに轢き殺されるぞ! 荒っぽさが熱狂的な人気を誇る、野試合。乙女のたしなみとは、縁遠い(1巻6〜7ページ)

 この試合最大の面白さは、1両でも参加できるということ。

 勝つために何両も繰り出したり、チームを組んだりして策を練る相手校。それに対して、たった1両の軽装甲車で挑む2人の少女がいた。



姫、戦場に参る

 楯無(たてなし)高校に通う鶴姫(つるき)しずかは、成績優秀で物静か、人形のように気品漂うお嬢様。しゃべり方はまるで江戸時代の姫。

 彼女は元弓道部でした。ところが「道」がつくものは好かず、やめてしまいます。ちょうどその時、戦車道をやりたいと願っていた松風鈴と遭遇。

 学校に戦車道部はない。ならば「戦車道」をやらなければいい、「戦車戦」をやるまで。2人は九七式軽装甲車、通称テケ車に乗り、「タンカスロン」に参加します。もちろん、学校の許可なんてなし。松風鈴が操縦するテケ車に乗って、出陣。


画像 2人乗りの装甲車、テケ車。重量約4.5トンの騎馬だ(1巻91ページ)

 しずかは、戦いに飢えた武者。彼女の目的は栄光でも、名誉でも、プライドでもない。勝つ。それだけのために戦います。気高さに敬意を表して、彼女を「しずか姫」と呼びましょうか。

 相手は、アニメ本編にも出てくる、サンダース大学付属高校(アメリカ式)のM22ローカストや、アンツィオ高校(イタリア式)のカルロ・ヴェローチェ。アニメでは名前だけ出てきたBC自由学園(ヴィシー政権と自由フランス式)のルノーR35などなど。

 確かにテケ車は史実で活躍した豆戦車。とはいえ、多数で攻め込んでくる相手に対し、彼女らはたった1両。戦車道で戦ってきた歴戦の強豪校に、戦略よりも気迫で切り込んでいく。その様は、一歩進むごとに一人切り捨てる、刀一本だけ持った侍です。


画像 多勢に無勢なんてしったこっちゃない。彼女は全部喰らい尽くすつもりだ(2巻34〜36ページ)


やぁやぁ我こそは百足組也!

 通常であれば、見つからないように戦うのが常。ところがしずか姫、高らかに名乗りをあげる。祖先である武田軍団の使い番「百足衆」の旗印を掲げ、「いざ尋常に勝負!!」

 しずか姫は、どんな相手であろうと自らの信念を相手にまっすぐぶつけます。「戦う者、いかにあるべきか」を問い続ける。だからどんな相手でも、まっすぐ戦うものには敬意を払うし、強くても戦う心を持たぬものには怒鳴りつける。


画像 作中で何度か描かれる、彼女の手書き文字演説は必見。マイクを使わず、高らかに叫ぶのがしずか姫流(2巻95ページ)

 彼女が「道」を好まなかったのは、流儀や伝統、礼儀やルールが先立って、戦いの精神が失われることに我慢ならなかったからでしょう。実戦の中でこそ、精神が研ぎ澄まされ、真の心が磨かれていくと信じている。そもそも彼女たち勝ってもなんにももらえません。だって野良試合だもん。なのにみんな、タンカスロンに惹かれていく。戦いたくて仕方ないんだ。

 恐れ知らずとも思えるしずか姫。しかし彼女が圧倒される人物がいます。大洗女子学園の面々です。


画像 これが軍神、西住みほだ(3巻60ページ)

 アニメ「ガルパン」の主人公たち。ものすごい古いおんぼろ戦車をかきあつめ、強豪校に勝ちました。物量で押せるわけもなく、ギリギリの戦い方で死線をくぐってきた強者です。切り込み・組み討ちが得意なしずか姫と違い、テクニックと戦略で一回り上。その存在は、脅威。

 テレビ版や劇場版を見た人なら、「大洗の子たちは客観的に見ると、こんなにも育っている」という事実にゾクゾクするはず。3巻では大洗のあるチームと、奉納戦車戦の一騎打ちを行います。相手はベストメンバー。しずか姫、武者震い。

 しずか姫を軸に描かれる戦車戦は、劇場版のような派手さはありません。けれども彼女が見ている戦いの世界は「道」のつかない、スポーツではない真の戦い。彼女は、自分より強い戦車乗りとの合戦を所望し続けます。

 たとえどんな相手であろうと、しずか姫は騎馬である操縦手・松風鈴にまたがり、一騎で敵将の首を取りに切り込んでいく。


(C)Takeshi Nogami , Takaaki Suzuki
(C)GIRLS und PANZER Projekt


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」