ニュース
» 2015年11月27日 10時00分 公開

人はこれを、監禁と呼びます 幼女と暮らす女子高生「ハッピーシュガーライフ」松坂さとうの純愛あのキャラに花束を

愛のためだったら、なんだってできるよ?

[たまごまごねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像 思わず目が合ってびっくりする表紙

 幸せになりたい。甘い気持ちになりたい。

 仮に大勢にモテたとしても、きっと心は満ち足りない。

 マンガ「ハッピーシュガーライフ」(→試し読みページ)の主人公の少女松坂さとうは、一緒にいて幸せになれる、大切な存在を見つけました。

 これは、愛の物語。



愛を求め続けてたどり着いた

 松坂さとうは、いろいろな男の間をフラフラする生活を送っていました。周囲からは「尻軽で男とっかえひっかえ」「頼んだらヤらしてくれるいー女」と呼ばれています。悪口ではなく本当のこと。友人と男遊びを繰り返していました。

 ところが彼女は男との交遊を、一切やめます。心に決めた人ができたからです。すっかり一途になり、その人のために、がんばって仕事をはじめます。

 めでたい! いやあよかったぜひ幸せになってほしい。相手はこの人です。


画像 最愛の人です(1巻P12)

 一緒に暮らしているのは、彼女が見つけてきた女の子、神戸しおちゃん。純粋でよく笑う、まだ物事を何も知らない幼女です。

 神戸しおちゃんと過ごす時間は、松坂さとうにとって至福の時間でした。今まで乾いていた心を、男とつながっても得られなかったものを、満たしてくれました。


画像 あなたがいれば、もうそれだけでいい(1巻178ページ)

 「きっとこのキラキラしている感情が 愛とよばれるものなのね」今までフラフラと男の間をうろついていた彼女が、はじめて感じた気持ち。彼女と生きていくために働いてお金を手に入れよう。いいものを買ってあげよう。頑張ろう!



何も知らない子

 神戸しおと松坂さとうの住む部屋にはテレビがありますが、映りません。松坂さとうが外出する時、神戸しおは「外は危険なものが沢山あるから しおちゃんは絶対出ちゃダメ」と言われて、その言いつけを笑顔で守っています。窓も開けてはいけません。危ないからね。

 神戸しおは「さとちゃんの言うこと 全部正しいもんね」と信じ、目と目を合わせて微笑みます。2人は幸せでいっぱい。

 ただし人はこれを、監禁と呼びます。


画像 ウソはついてない、愛を守りたいだけなんだ(1巻42ページ)

 彼女の笑顔を、自分の幸せを、失う訳にはいかない。そのためならなんだってする。



行き止まりしかない、ハッピーシュガーライフ

 幸せを探した結果、思いっきり道を踏み外した松坂さとう。幼女をさらってくるのがいいわけがない。なのにフワフワと少女漫画タッチで描かれた、神戸しおの満面の笑顔を見ると、これはこれで幸せなんじゃないかと勘違いしてしまう。いやいや、だめだよ、しおちゃんは状況を分かってないだけだ。

 作中では他のキャラたちの歪んだ愛が対比になっているため、松坂さとうの行動が一見正しくすら見えてしまう。いじめ、ストーキング、レイプ、淫行条例違反。自分の満足のために相手を傷つける人間ばかり。それに対して松坂さとうの愛は、相手に嫌な思いをさせていない、見返りを求めない、という意味では純粋。

 ハッピーエンドになる気配はない。彼女たちの住んでいる家ってなんなの? 神戸しおはどこから来たの? 松坂さとうの親はどこにいるの? ちょっとした疑問で、何もかもガラガラと崩れます。

 神戸しおちゃんは、部屋で自由に過ごすことができる「軟禁」状態。(ちなみに日本では「軟禁」は法律用語ではないので、「監禁」と同一扱いです)。ただし「閉じ込められている」という意識が神戸しおちゃんにはない。双方が合意の上だから、幸せで甘い生活が成立してしまった。

 松坂さとうも分かっているはず。彼女には、この状況を守り続けるしか、選択肢がない。


画像 2人の部屋は、住み心地がいい。で、その袋なに?(1巻74ページ)

 裏表紙に書かれた文字。「騙しても、犯しても、奪っても、殺しても、いいと思うの」。よくないよ。でも彼女が騙して犯して奪って殺していく様が、もっと見たい。

 2人の生活は砂糖のように甘くて、砂糖のように脆い。


画像 12月22日には第2巻も発売予定

画像 こちらは裏側。不穏……

画像 帯には「彼女の恋は、甘くて痛い。」


(C)鍵空とみやき/スクウェア・エニックス

たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」