ニュース
» 2017年04月25日 15時30分 公開

女性の反応から“やれた”を判定するド直球漫画「やれたかも委員会」、続編執筆のクラウドファウンディングが立ちあがる

やれたかー(天を仰ぎながら)。

[深戸進路,ねとらぼ]

 勇気が出なかっただけで、実はあのとき“やれた”かも……。男たちの後悔を真剣かつ的確にジャッジするネット発の人気漫画「やれたかも委員会」が6月27日に書籍化。これに伴い、続編執筆のための資金を募るクラウドファウンディングが立ちあがりました。

やれたかも委員会 クラウドファウンディング 男たちの後悔が詰まった漫画「やれたかも委員会」

 漫画家・吉田貴司さんがブログサービス「note」などで個人連載していた同作は、さまざまなシチュエーションで女性が見せる反応などの証言から、3人の判定員が「やれた」「やれたとは言えない」の札で厳正なジャッジを行う物語。多くの男性が身に覚えがあるような妙にリアルな状況が、“やれた”かどうかというド直球の視点でジャッジされることで、ある者は一歩踏み込めなかった自らの勇気のなさを悔い、ある者は自らの判断が間違ってなかったと安堵(あんど)する現代の隠れた恋愛指南書です。

 同作は最新の8話時点で累計200万PV、Facebookでは1万3000回以上シェアされるなど人気となっています。現在も第1話は無料公開されています。

 クラウドファウンディングは、続編執筆とクオリティー向上を目的にスタート。これまでは1話ごとの課金システムで制作費を捻出してきましたが、資金不足が原因で作品を量産できない状況にあるため、今回集まった援助金は2巻以降の制作費に充てるとしています。

やれたかも委員会 吉田貴司 リターンとして用意された「やれた」「やれたとは言えない」札

 援助資金は2500円〜2万円までの全6コースに分かれ、それぞれサイン入りの単行本と、今後執筆される第9〜16話の新作PDFをリターンとして用意。作中に登場する「やれた」「やれたとは言えない」札が付属するコースや、作者の吉田さんに「やれたかもエピソード」を直接聞いてもらえる権が与えられるコースも存在します。期間は6月29日の18時まで、目標金額は50万円となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐