ニュース
» 2017年04月25日 21時57分 公開

古舘伊知郎さんのラジオ発言が“捏造”と炎上 Mステ出演の「けもフレ」声優をこき下ろすも「番組内容と全然違う」と指摘相次ぐ

「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」などと語っていました。

[ねとらぼ]

 フリーアナウンサー・古舘伊知郎さんのラジオでの発言をめぐり、インターネット上で批判が集まっています。ミュージックステーションに「けものフレンズ」声優が出演した時の様子に触れ、「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」などとこき下ろしたものの、実際に番組を見ていた人から「番組内容と全然違う」「そんな場面はなかった」と“捏造”を指摘する声が相次ぎました。


古舘伊知郎さん「けもフレ」で炎上 「古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」(radikoより/問題の発言は開始45分ごろから

 問題となっているのは、4月21日放送の「古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」での発言。竹原ピストルさんの新曲「Forever Young」を絶賛する古舘さんでしたが、やがて竹原さんと同じ日に「ミュージックステーション」に出演していた、「どうぶつビスケッツ×PPP」について語り始めます。

 古舘さんは「どうぶつビスケッツ×PPP」の「Mステ」出演時の様子について、ややイラついたような様子で、「なんかアニメの、若い女の子たちの、10代の女の子たちの、アニメソングなんか歌ってるグループ」「もうタモさんの興味のなさぶり」などと紹介。声優陣がタモリさんに絡もうとしても一切答えなかったことや、声優陣のテンションの高さに、タモリさんがボソッと一言「……何なんだよ」とつぶやいていたことなどを説明していました。


古舘伊知郎さん「けもフレ」で炎上 4月14日放送の「ミュージックステーション」出演者。どうぶつビスケッツ×PPPは竹原ピストルさんの前に出演(番組公式サイトより)

 ところが、その後ネットでは、「そんな場面はなかった」という指摘が続出。実際の「Mステ」の放送内容と比較し、古舘さんの説明がデタラメ・捏造だったと批判が集まります。

 例えばタモリさんの対応について、古舘さんの説明では「なん〜〜にも答えないのタモさん。なん〜〜〜にも答えない」とのことでしたが、実際の放送ではきちんと声優陣と会話しており、「何にも答えなかった」という様子はみられませんでした。また、タモリさんが小声でつぶやいたという「……何なんだよ」についても、せいぜい「なんだそれ(笑)」と苦笑いする程度で、古舘さんの説明とはかなりニュアンスが違っています。声優たちが話した内容などもことごとく食い違っており、「ラジオを居酒屋の会話と勘違いしてんのかな」「タモリさんに対しても大変失礼」など、番組や古舘さんへの非難が相次ぎました。

 また、署名サイト「Change.org」では、「古舘伊知郎さん4月21日の古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLDでの発言を今すぐ撤回及び謝罪してください」と呼びかける署名もスタートしています。

※26日追記:署名運動は「キャンペーンによる副作用のリスクが高い」とのことで中止となりました
※27日追記:現在、同じ内容の署名が再び立ち上げられていますが、これは別の人が新しく立ち上げたもので、当初の発起人の意思ではないとのことでした


 古舘さんの発言については、radikoのタイムフリー機能を使えば現在もさかのぼって聞くことができます(放送後1週間限定)。問題のシーンは番組開始45分ごろから。両番組の詳細な書き起こしは以下。


「古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」4月21日放送回より

古舘:竹原ピストルさんと言えば、この前ミュージックステーションに出て、で今、新曲出して、アルバムがトップ10に入ったかなんかっての聞いたけど、新曲で「Forever Young」っての歌ったの。めっっっちゃ良かったね。

(中略)

 その竹原ピストルの前が確か、なんかアニメの、若い女の子たちの、10代の女の子たちの、アニメソングなんか歌ってるグループグループが、M&Aみたいに一時期、歌で合体して、2グループが1つになって、きぐるみ着て歌うアニメソングみたいなやつだったの。もうタモさんの興味のなさぶり? もう脱力の極み? ブラタモリあんなにノリノリのくせに。最高じゃん、おれミュージックステーションのタモさんのあのやる気のなさ、最高に好きなんだよ。ね。

 で、その時アニメの子たちはもうテンション高い、はじめてのMステでーすみたいな感じで、「タモさーん」って。アニメとかやってるから声がギンギンギンギンいらつくような声で。「タモさん私はこぐま、分かりますタモさん私はこぐま、私はニワトリ、私はねニワトリ分かりますタモさん、私はなんとか〜」って言うと、「あ、私はフクロウなんです〜分かります分かります〜」ったら、なん〜〜にも答えないのタモさん。なん〜〜〜にも答えない。

 で女の子たちもちょっと困っちゃって、「ちょっとタモリさんにちゃんと質問しちゃおう。タモリさんに逆質問〜。質問してくれないから逆質問! タモリさんは動物で言うと何かな、何かな、何かな〜」っつったらそこだけ嫌々タモさんノって、「ん〜イグアナかな〜」って言ったけど、タモさんのイグアナのあの天才芸を知らないんだよ。「えっタモさんってイグアナなんだって、ビックリしちゃった、びっくりだよねーびっくりだよねーびっくりだよねー」って輪唱みたいなことやったの。そしたらタモさんが小〜さく、拾ってるんだマイクで。タモさん一言、「……何なんだよ」って言ったんだよ。もう司会じゃないんだよ。「……何なんだよ」っつって、歌行っちゃったんだ。女性アナウンサーが切って歌フリして。

 そこまでやる気なかったタモさんがやっぱり、竹原ピストルには興味持ってましたね。これぜひ聞いてもらいたい。いい歌だよ「Forever Young」、竹原ピストル。

(曲へ)


「ミュージックステーション」4月14日放送回より

タモリ:動物のアニメなんだよね

どうぶつビスケッツ×PPP:はい、そうなんですよ。動物が女の子だったらという世界のお話で、私がサーバルキャットのサーバルちゃんを演じていて、(他のメンバーを指しながら)フェネック、アライグマ、ペンギンのアイドルユニットっていう……(聞き取れず)……やらせていただいているんです。

タモリ:ほう。

どうぶつビスケッツ×PPP:タモリさんは動物で何か似てるって言われたことありますか。

タモリ:……イグアナくらいかなあ。

どうぶつビスケッツ×PPP:すっごーい、タモリさんはイグアナのフレンズなんだね!

タモリ:なんだそれ(笑)。

アナウンサー:そういう決めゼリフがあるんですよね。

タモリ:そういうのあるの、なんとかのフレンズっていうの。

どうぶつビスケッツ×PPP:そうなんですよ! それを言いたくて来ました。

タモリ:へえ。

どうぶつビスケッツ×PPP:よかった〜。

タモリ:初めてのMステってのはどうですか。

どうぶつビスケッツ×PPP:緊張しますけど、ホントに思いっきり楽しんで帰りたいと思います。

タモリ:うん。

どうぶつビスケッツ×PPP:ぜひあの、タモリさん、

タモリ:うん?

どうぶつビスケッツ×PPP:うー、がおー! っていうけものフレンズポーズがあるので、

タモリ:これ?

どうぶつビスケッツ×PPP:一緒にやってもらってもいいですか。

タモリ:ほうほう、なに。

どうぶつビスケッツ×PPP:うー、がおー。

タモリ:んん? うー?

どうぶつビスケッツ×PPP:うー、がおー!

タモリ:ほー。

どうぶつビスケッツ×PPP:いいですか、行きますよ、

全員:うー、がおー!

どうぶつビスケッツ×PPP:どうもありがとうございまーす!

どうぶつビスケッツ×PPP:すごーい!

アナウンサー:けものフレンズ、テレビ初披露このあとすぐです。


(CMへ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声