ニュース
» 2017年04月26日 16時52分 公開

2週間待っても商品届かず連絡もなし Amazonで多発中の「マーケットプレイス詐欺」問題、被害者に聞いた

実際にAmazonマーケットプレイスで商品を購入し、商品が届かなかったという人にお話をうかがいました。

[ねとらぼ]

 Amazon.co.jpで現在横行している「マーケットプレイス詐欺」問題(関連記事)で、編集部では実際に詐欺に遭ったという人に詳しくお話をうかがいました。

 Amazonマーケットプレイスとは、Amazon以外の出品者がAmazon上で商品を販売できるサービスのこと。ところがこの仕組みを悪用し、通常ではあり得ないほどの低価格で人気商品を出品し、納品期日になっても商品を届けない悪徳業者が現在、多数確認されています。商品が届かなかった場合、Amazon側で代金を補償してくれる制度(Amazonマーケットプレイス保証)もありますが、氏名や住所といった個人情報は相手側に渡ってしまうため、個人情報収取が目的ではないかとの指摘もあがっています。


Amazonマーケットプレイス詐欺 Amazonマーケットプレイス。出品用アカウントを作ることで、誰でもAmazonで商品販売が可能になります

 今回取材したのは、AmazonマーケットプレイスでI-O DATA製のHDD(HDC-LA3.0)を購入し、期日になっても届かなかったというAさん(仮名)。同製品は通常、Amazonでは1万円弱ほどで販売されていますが、Aさんはマーケットプレイスで700円の出品を発見し、4月8日にこれを購入。しかし納品予定日だった23日になっても商品が届かなかったため、Amazonのカスタマーサービスに連絡し、マーケットプレイス保証を適用してもらったそうです。


Amazonマーケットプレイス詐欺 Aさんの注文履歴。3TBのHDDが700円! と注文したものの……

 Aさんは編集部の取材に対し、「今まで商品が届かないということはなかったし、Amazonだからと信頼していた部分もあった。今は裏切られたような気持ち」と答えました。また現在は自身のサイトでも被害についてまとめており、利用者に対し注意を呼びかけています。


―― 最初に注文した時、不審に思ったりはしましたか。

Aさん:「何だろう?」とは思いましたが、その時はあまり深く考えずに購入してしまいました。Amazonだからと信頼していた部分もありましたし、もし被害があっても700円なら大したことないか、という思いもありました。せいぜい「すいません、間違いでした」と連絡があって、注文取消しになるくらいだろうと。

―― 出品者について詳細は分かりますか。

Aさん:「Ashenfelteunymi」という名前で、プロフィールには山西省大同市(中国)とありました。私が購入した時にはまだ購入者からのフィードバック(評価)はゼロでしたが、現在は「商品が届かない!」など星1のレビューが並んでいます。


Amazonマーケットプレイス詐欺 Aさんが購入したショップのアカウント。住所を見ると山西省大同市(中国)とあります

Amazonマーケットプレイス詐欺 現在は低評価レビューが大量に並ぶ

―― 商品が届かないと分かった後はどのように行動されましたか。

Aさん:23日になっても届かなかったため、23日夜にカスタマーサービスに電話しました。カスタマーサービスからは「2日たっても先方から連絡がなければもう一度電話してください」と言われ、先ほど再度連絡してマーケットプレイス保証の手続きを行ってもらいました。通常、マーケットプレイス保証は商品到着期限から3日以上たってからでないと申請できないそうですが、今回は電話口で手続きしてもらうことができました。

―― 自分からカスタマーサービスに連絡したり、マーケットプレイス保証を申請しなかったりした場合はどうなるのでしょう。

Aさん:額も小さいですし、また保証の手続きもやや複雑なので、「もういいや」と諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。そもそも注文から商品到着期限まで2週間ありますから、その間に忘れてしまう人も多いと思います。

―― 同様のケースが現在、大きな話題になっていますが、実際に当事者になってみてどのように感じましたか。

Aさん:Amazonに対する信頼を失ったというのがやはり大きいです。あとは非生産的なことにひっかかってしまったなあ、というやるせなさ。いろんな詐欺がありますが、なんてバカげた、つまらない詐欺をするんだろうと思います。




 Aさんが購入したHDD(HDC-LA3.0)の商品ページを見ると、今でも海外アカウントによる低価格の出品が多数確認できます。筆者がアクセスした時点では、800円での出品が6件、半額以下での出品も含めると11件の不審な出品が見受けられました。これらの出品は、価格が異様に安いことを除けば、一見通常のマーケットプレイス商品と見分けがつかないため、手口を知らなければAさんのように軽い気持ちで購入してしまう人は多そうです。


Amazonマーケットプレイス詐欺 Aさんが購入したHDDの商品ページ。通常は9980円ですが、マーケットプレイスでは800円から出品があることが分かります

Amazonマーケットプレイス詐欺 800円の出品が6件、半額以下での出品も含めると11件の不審な出品が

 出品者のアカウントを見ると、国籍は中国、日本、アメリカ、ヨーロッパなどさまざまで、特に共通点などは見られません。ネット上では、使われていなかったショップのIDやパスワードを不正に入手し、アカウントごと乗っ取って使っているのではないか――と推測する声もあがっています。

 こうした不正な出品について、Amazon広報に問い合わせたところ、次のような回答がありました。

 「Amazonは、不正行為を許容いたしません。販売事業者が合意いただいた出品規約を順守していない場合は、お客様に代わってAmazonが早急に必要な措置を取らせていただきます」(アマゾンジャパン 広報)

 Aさんもサイトで触れていますが、一連の不審な出品に共通しているのは「価格が異様に安い」「商品到着期限が2週間ほど先」という2点。恐らく個人情報収集以外にも、「数百円なら」と購入者が諦めてしまうか、そもそも到着期限を忘れてしまうのを狙っているものと推測されます。Amazon側で何らかの対策が行われるまでは、マーケットプレイスでこうした商品を見かけても、すぐに注文するのは控えた方がよさそうです。


関連キーワード

Amazon | マーケットプレイス | 詐欺 | 取材


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」