ニュース
» 2017年04月28日 20時35分 公開

「この詐欺野郎」――身に覚えのないメールが数百件 Amazon「マーケットプレイス詐欺」問題、今も続く“乗っ取られた側”の苦しみ

気付いたら自分のショップアカウントで、3万点もの身に覚えのない商品が出品されていたそうです。

[ねとらぼ]

 Amazon.co.jp上で現在横行している「マーケットプレイス詐欺」問題(関連記事)。今もマーケットプレイスで大量に出品されている、これらの不正な商品は誰がどのようにして出品しているのか。編集部では「実際にショップアカウントを乗っ取られ、不正な商品を出品されてしまった人」に話をうかがうことができました。


Amazonマーケットプレイス詐欺 9980円のHDDが800円……!? 現在、こうした「不自然に安すぎる出品」がAmazon上で相次いでいます

 今回取材したBさん(仮名)によれば、乗っ取られたアカウントは6〜7年前に使っていたもので、26日夜になって突然、知らない電話番号から問い合わせが殺到するようになり、乗っ取りに気づいたとのこと。慌てて確認したところ、何者かが自分のアカウントを使って、3万件超もの商品を出品していたそうです。ネット上では今回の手口について、「使われていないアカウントを乗っ取って出品しているのでは」と推測する声が多くあがっていましたが、これが裏付けられた形となります。

 Bさんは取材に対し、「電話が特につらかったです。事情を説明すると同情してくれる方も多かったのですが、こちらの状況を問わずかかってくるので、ほとんど仕事にならない状態でした」と語りました。また、Amazonにも対応を依頼しているもののいまだ返信がなく、今も大量の問い合わせメールに悩んでいるそうです。


Amazonマーケットプレイス詐欺 Bさんに見せていただいたメールの一部。中には「どう言うことなんだ?! 個人情報が目的か!? 説明しろ」など、かなり強い文体のものも

―― Bさんがマーケットプレイスを利用していたのはいつごろでしたか。

Bさん:6〜7年ほど前に商品をいくつか出品したことがありました。大々的に販売していたわけではなく、ヤフオクで中古商品を販売するような感覚で使っていました。

―― 最近は使っていなかった?

Bさん:はい、ここ数年はまったく使っていませんでした。

―― 乗っ取りに気づいたのはいつごろでしたか。

Bさん:昨日(26日)の19時すぎくらいに、Amazonから英文で「登録していたメールアドレスを変更しました」というメールが届いたんです。その時はよくある迷惑メールの類だと思って放置していたんですが、22時くらいになって、急に知らない番号から問い合わせの電話がかかってきて。

―― それで気が付いたと。

Bさん:私も最初は意味が分かりませんでした。「安すぎるけど大丈夫か」とか「本当に届くのか」などと聞かれて、調べてみたら自分のアカウントで3万点くらい、まったく見に覚えのない商品が出品されていて。

―― 3万点……! 出品されていたのはどんな商品でしたか。

Bさん:日用品や家電製品などさまざまです。シーツやプロジェクター、スマートウォッチとか。専門的な大工道具のようなものまでありました。

―― 乗っ取りに気付いた後はどうされましたか。

Bさん:何かしようとしても、パスワードが変更されてしまっているので、自分では触れないんです。でも、販売者情報のページには自分の名前や住所、電話番号がそのまま載ってしまっていて、問い合わせは自分のところに来てしまう。自分の個人情報が晒されてしまっているような状態です。


Amazonマーケットプレイス詐欺 Bさんのショップページ。住所や電話番号はBさんの情報がそのまま掲載され続けている状態

―― 問い合わせは現在までにどれくらい?

Bさん:26日の夜だけで電話が7〜8件、夜中の1時くらいまでかかってきていました。翌朝になると今度は、Amazonに出品されているお店の方から「うちのオリジナル商品が勝手に出品されているがどういうことか」といった電話もあったり。問い合わせのメールもこれまでに600件以上来ています。

―― メールはどういった内容でしたか。

Bさん:ステータスが発送済みなのに返金中になっているのはなぜかとか、一言「この詐欺野郎」とだけ書いてあるようなものもありました。


Amazonマーケットプレイス詐欺 「一方的にキャンセルされた」「最低な出品者です」「非常に不愉快です」など、購入者からのフィードバックも低評価のものが並んでいます

―― 乗っ取りについて、Amazonには報告しましたか。

Bさん:昨日(26日)の深夜に2回、今日(27日)の午前中と昼過ぎにも2回ずつサポートセンターに電話したのですが、電話口では対応できないそうで、「メールでしか受け付けられない」「担当部署から後ほど連絡させます」と繰り返すばかりでした。今日(27日)のお昼ごろに見たところ、商品ページが一斉に削除されていたのは確認したのですが、Amazon側からはいまだに連絡がないため、Amazonが削除したのか、乗っ取り犯が削除したのかは分からない状態です。

―― なるほど、今はもう出品は取り下げられているんですね。

Bさん:それ以降電話がかかってくることはなくなりました。ただ、メールでは今も「商品ページが消えてるんだけど」といった問い合わせが届いていますし、自分の住所や電話番号が載っているページもそのままです。せめてここが編集できれば、購入してしまった人に対して注意喚起などもできるのですが……。

―― 個人情報が残ってしまっているのはつらいですね。

Bさん:あとは警察にも相談してきたのですが、実質的な金銭被害がないため被害届は出せないと。

―― 確かに。

Bさん:あとは精神的被害を受けたとか、民事で訴えるしかないと言われました。でも相手が分からないと裁判にはならないと思うよ、と。実際、電話やメール対応などに追われて、今日は仕事にならない状態だったのですが……。

―― 自分がこんな形で被害に遭うとは思っていましたか。

Bさん:まったく思っていませんでした。昔のアカウントをちゃんと凍結しておけば……と思ってももう遅いですが、気づいたら自分が詐欺の犯人に仕立て上げられていたような感覚です。

―― どこからメールアドレスやパスワードが流出したか心当たりはありますか。

Bさん:まったくないです。Twitterなどが乗っ取られたこともないですし、怪しいメールを開いたこともありませんでした。

―― 乗っ取りに気づいてから1日、どんなことがつらかったですか。

Bさん: 電話が特につらかったです。事情を説明すると同情してくれる方も多かったのですが、こちらの状況を問わずかかってくるので、ほとんど仕事にならない状態でした。メールは件名を見れば大体分かるので無視すればいいのですが、それでも「詐欺師」とか「だましてどうするつもりだ」とか書かれているのを見ると、どうやって返信すればいいのか考えてしまいます。


Amazonマーケットプレイス詐欺Amazonマーケットプレイス詐欺 追跡番号が11桁しか書かれておらず利用できない、という問い合わせも。「恐らく詐欺師側がわざと2桁削って追跡できないようにしているのでは」(Bさん)



 Bさんに話をうかがったのが27日の夜。あれから1日がたちましたが、いまだAmazonからBさんのもとに連絡はなく、今もBさんの住所や電話番号はストアページ上に掲載され続けています。Bさんからはその後、LINEに不審なアクセスの通知があったとの報告も。「携帯番号がAmazonのページ上に公表されたままなので、第三者がこれを使って不正アクセスを試みたのでは」(Bさん)


Amazonマーケットプレイス詐欺 身に覚えのないPCから不正ログインの通知が

 現在も猛威を振るっている「マーケットプレイス詐欺」問題。商品が届かなかった場合、Amazon側で代金を補償してくれる制度(Amazonマーケットプレイス保証)もありますが、氏名や住所といった個人情報の収集が目的ではないかと推測する声もあります。相場より不自然に安い出品を見かけても、うかつに注文しないよう注意が必要です。

※画像提供:Bさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる