コラム
» 2017年05月11日 11時00分 公開

スマホってどれだけ進化したの? 2017年に「iPhone 3GS」で生活してみた(1/3 ページ)

果たしてまともに動くのか……?

[長橋諒ねとらぼ]

 スマホ、便利ですよね。なかったら困りますよね。

 ある意識調査によると、スマホユーザーの7割以上が“スマホ依存”を自覚しており、1日7時間以上使用する人たちも少なくないようです。

 フリーライターである筆者は会社に属していないので、スマホを1日中触っていても上司に怒鳴られる心配は皆無。ゆえに、7時間触っているなんて珍しくも何ともありません。動画を見たり、SNSをしたりしていると、気付いたら12時間近くいじっていることもあるくらいです。

普段は「iPhone 6」を使っています(最近電池の減りが早くなってきた)

 そんなスマートフォンの普及が本格化したのは、Apple社が「iPhone 3GS」を発売した2009年。当時はスマホを持っているだけで珍しがられ、「ちょっと貸して!」なんて声が街中の至るところで聞こえていたような気がします。最近は誰しも最新機種を持ち歩いているので、「iPhone」の新機種が発売したときくらいしかそのワードは飛び交わないでしょう。

 とはいえ実際、「あの頃」からスマホはどれくらい進化して、便利になっているのでしょうか。気になったので今回は、当時爆発的に普及した「iPhone 3GS」を1日使ってみて、実際に検証してみることにしました。

実家に帰って、机の中から引っぱり出してきたヤツ

 今回使用する「iPhone 3GS」はSIMカードを認識できないため、手持ちのポケットWi-Fiにつなげて使用します。また、普段メインで使っているアプリをあらかじめ入れたところからスタート。

この前変わったばっかりなのに、インスタのアイコンがめっちゃ懐かしく感じる

朝8時:起床

 フリーライターの朝は遅い。と思われがちですが、割とまちまちです。今日は朝から打ち合わせがあるため、一般的なサラリーマンと同じくらいの起床時間となりました。

 まずは日課である、メールチェックから。これは普段となんら変わりなく行えました。動作もとくに問題なし。

ヤフオク、メルカリ、ブックオフ、アマゾンからしかメールが来ていない件

 メールチェックと同じく重要なのが、仕事の連絡でよく使う「チャットワーク」と当日の予定を確認する「Googleカレンダー」。この2つは毎朝必ずチェックしなければなりません。

 しかし……。

がくぜんとした

 なんということでしょう。「iPhone 3GS」は大変残念ながらこの2つのアプリを使用することはできません。対応しているOSの最終的なバージョンが「iOS 6.1.6」のため、これらのアプリに必要な「iOS 9.0」のはるかに手前で止まってしまっているのです。仕方なく「Safari」を使ってブラウザ版でなんとかしましたが。

 うーん、前途多難かも……。気を取り直し、打ち合わせ先の荻窪へ向かうため、駅に向かいます。と、支度をしているときに、あることに気付きました。

 普段使っている「iPhone 6」は、サイズが大きくグラグラして不安定なので、あまりシャツのポケットに入れないようにしていたのですが……。

しゃがんだときに、落ちちゃいそうになる

 iPhone 3GS は、すっぽり入ってちょうど良いのです!

そりゃあ6と比べてサイズが小さいから、当たり前の話なんですけどね

 「そういえば昔、シャツのポケットによく入れていたな……。あの頃、なにして遊んでたっけかな……」なんて7〜8年前のことを思い出し、ノスタルジックになりながら駅へと向かいました。

 と、ここで皆さんにクエスチョン。電車に乗る際には「乗り換え案内」を使いますよね? 筆者も一応大人として遅刻はできないので、どんな場面でも使うようにしているのですが、この「iPhone 3GS」ではちゃんと動くと思いますか?

こたえはイエス!

 よかった。問題なくサクサク動作しました! 遅刻は避けられそうなので、一安心です。

電車に乗って打ち合わせに向かおう

 筆者は普段、電車の中では「ラジオ」を聴いていることが多いので、この日もいつも通り「radiko.jp」のアプリを立ち上げようと思います。結構メモリを使うであろうこのアプリですが、問題なく起動してくれるでしょうか。

立ち上がりが遅い……
あともうちょっと……がんばれ!
起動した!!

 20年前、かの「Windows 95」を触っていた頃を思い出すほどの、もっさり具合の立ち上がり。とはいえ無事に伊集院さんの声が聞こえたので良しとしましょう。ちなみにイヤフォンの端子が上部にある点、個人的にはうれしいポイント。(下部にあることに慣れていたけど、今思うと上部の方が使いやすい気がする)

 さて、打ち合わせ先の荻窪に到着しました。あまりこの街には来ないため、方向感覚が曖昧です。ということで、マップアプリを起動。うまくいくでしょうか?

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」