ニュース
» 2017年05月11日 23時09分 公開

激しいロックと童謡のキメラ感 岡崎体育の新曲「感情のピクセル」MVがある意味深い

これは深い。

[ねとらぼ]

 MVあるあるをこれでもかと盛り込んだ「MUSIC VIDEO」(関連記事)でも話題となった岡崎体育さんが新曲「感情のピクセル」のMVを発表しました。今回の楽曲・映像もかなり斬新(?)な内容となっています。

 これまでのイメージとは一線を画し、バックバンドを従えてギターを持ち、険しい表情で歌う岡崎さん。歌詞も「風の色はもう見えなくなる」「もう何もかも信じたくない」などカッコイイ歌詞が続きます。


MV 緊張感ある(以下画像はYouTubeより)

 しかし、サビに近づくにつれ雰囲気はおかしな方向に。かっこよかったはずの歌詞は「どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい」「おいでよブタさんウサギさんキツネさんにゾウさん」など子ども番組で歌のおにいさんが歌う童謡のような内容に変貌。サビではきぐるみの動物たちが本当に大集合し、「みんなでたのしく うんぱっぱのぶんぶん」「おなかぽんぽんぽんのやっほー」と歌う展開になってしまいます。曲調がカッコイイままなのがやけにシュール。


MV なぜこんなことに

 MVの中盤では「風の色はもう見えないけど 前までは見えてた 怖っ」の後にトランシーバーを持って何やら話すシーンもありますが、直後に「何て?」と聞き返してしまうシーンも。お前やっぱ聞こえてなかったんかい。


MV トランシーバーでやりとりするも……

MV 聞こえてなかったんかい

 なお、MVの後半はなぜか仲間外れにされまくるワニさんの映像がひたすら流れます。「みんなでたのしく」とか「おなかぽんぽんぽんのやっほー」とか言われるワニさんの映像はそれなりにキツく、中には「思いやりという名の道徳的価値の再認識」なんて歌詞も登場。激しいロックと童謡風の映像、そして考えさせられる深い歌詞……シュールで面白いMVと思わせながら実は深いメッセージ性があるようです。


MV 仲間外れにされるワニ

MV さすがに気の毒

MV 深いメッセージ性を感じる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン