ニュース
» 2017年05月18日 21時22分 公開

高須院長、損賠1000万円で民進党・大西健介議員と蓮舫代表を提訴へ 大西議員は「誤解されている」と困惑

大西議員は取材に対し、高須クリニックを批判したわけではないと否定しています。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 高須クリニックの高須克弥院長が5月18日、民進党・大西健介衆議院議員と蓮舫代表を提訴することをブログなどで明らかにしました。

高須院長 顧問弁護士との2ショットを公開した高須院長(高須院長のブログから)

 きっかけは、17日に開かれた厚生労働委員会での大西議員の質問。大西議員は美容医療の広告や勧誘の問題点について質問する中で、「CMも陳腐なものが多いんですね。皆さんよくご存じのように、例えば『YES ○○(まるまる)』とクリニック名を連呼するだけのCMとか」という旨の発言をしていました。

衆議院インターネット審議中継 厚生労働委員会で質問する大西議員(衆議院インターネット審議中継から)

 これについて、高須院長は「高須クリニックの施術料金は40年間変わっていない つまり『陳腐なCM』以外は高須クリニックとは無縁の話なのだ」と反論。「難癖そのもの」「ただでは済まさせません」と怒りをあらわにし、18日には「民進党の大西健介議員と蓮舫代表を提訴することにした」のタイトルでブログを更新。顧問弁護士との2ショットを添えて提訴する旨を宣言しました。


 今回問題となっている大西議員の発言は、一体どういう場面でなされたのでしょうか。衆議院が運営する「衆議院インターネット審議中継」で実際の映像が確認できる他、大西議員のFacebookでも質問がまとめられています。



 「『YES ○○』とクリニック名を連呼するだけの〜」という言葉が出てきたのは、Facebookの投稿にもある「名前と電話番号だけを連呼する派手なテレビCM」について言及した場面でのこと。「0120から始まる電話番号とクリニックの名前を言いながらごろごろ転がっているCM」など、いくつかの美容医院を想起させる発言をしており、その筆頭にあがったのが高須クリニックを思わせる前述の言葉でした。

 ねとらぼでは双方の意見を聞くべく、まずは高須院長を直撃。高須院長が大西議員の発言を知ったのはAbemaTVへの出演が終わった17日23時ごろ。怒りにかられた高須院長は、18日朝には弁護士へ連絡をとり、訴訟の準備を始めたといいます。口ぶりは穏やかでしたが、訴訟へ向けては着実に動いているようで、1000万円の損害賠償を請求することも明かしました。

 一方で大西議員は今回の事態に「困惑している」と回答。既に委員会の書き起こしを読み直しており、自らの発言に問題はなかったとの見解を示しました。大西議員によると、特定の美容医院の名前は出しておらず、誤解されているのだろうとのこと。

 その理由について大西議員は、「これは委員会でも話しましたが」と前置きした上で、次のように説明しました。まず、現在の医療法では広告の内容が著しく制限されているため、現状では医療機関名や連絡先を連呼するなど、限定的な事項しかCMでは伝えられないこと。そしてそういったCMは、患者が医療機関や治療方法を選択する上で有用なものとはいえないと指摘。委員会での発言は、そういった“情報の少ないCM”しか流せない現状を問題視したものであり、「高須クリニックを批判した」とする疑惑については否定しました。

 なお、高須院長側からはまだ連絡などは受け取っていないとのこと。高須院長が訴訟に向けて動いていることについては、そうなった場合は顧問弁護士に相談することになる、と回答しました。

関連キーワード

裁判 | 高須クリニック | 国会 | 蓮舫


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声