ニュース
» 2017年05月18日 21時22分 公開

高須院長、損賠1000万円で民進党・大西健介議員と蓮舫代表を提訴へ 大西議員は「誤解されている」と困惑

大西議員は取材に対し、高須クリニックを批判したわけではないと否定しています。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 高須クリニックの高須克弥院長が5月18日、民進党・大西健介衆議院議員と蓮舫代表を提訴することをブログなどで明らかにしました。

高須院長 顧問弁護士との2ショットを公開した高須院長(高須院長のブログから)

 きっかけは、17日に開かれた厚生労働委員会での大西議員の質問。大西議員は美容医療の広告や勧誘の問題点について質問する中で、「CMも陳腐なものが多いんですね。皆さんよくご存じのように、例えば『YES ○○(まるまる)』とクリニック名を連呼するだけのCMとか」という旨の発言をしていました。

衆議院インターネット審議中継 厚生労働委員会で質問する大西議員(衆議院インターネット審議中継から)

 これについて、高須院長は「高須クリニックの施術料金は40年間変わっていない つまり『陳腐なCM』以外は高須クリニックとは無縁の話なのだ」と反論。「難癖そのもの」「ただでは済まさせません」と怒りをあらわにし、18日には「民進党の大西健介議員と蓮舫代表を提訴することにした」のタイトルでブログを更新。顧問弁護士との2ショットを添えて提訴する旨を宣言しました。


 今回問題となっている大西議員の発言は、一体どういう場面でなされたのでしょうか。衆議院が運営する「衆議院インターネット審議中継」で実際の映像が確認できる他、大西議員のFacebookでも質問がまとめられています。



 「『YES ○○』とクリニック名を連呼するだけの〜」という言葉が出てきたのは、Facebookの投稿にもある「名前と電話番号だけを連呼する派手なテレビCM」について言及した場面でのこと。「0120から始まる電話番号とクリニックの名前を言いながらごろごろ転がっているCM」など、いくつかの美容医院を想起させる発言をしており、その筆頭にあがったのが高須クリニックを思わせる前述の言葉でした。

 ねとらぼでは双方の意見を聞くべく、まずは高須院長を直撃。高須院長が大西議員の発言を知ったのはAbemaTVへの出演が終わった17日23時ごろ。怒りにかられた高須院長は、18日朝には弁護士へ連絡をとり、訴訟の準備を始めたといいます。口ぶりは穏やかでしたが、訴訟へ向けては着実に動いているようで、1000万円の損害賠償を請求することも明かしました。

 一方で大西議員は今回の事態に「困惑している」と回答。既に委員会の書き起こしを読み直しており、自らの発言に問題はなかったとの見解を示しました。大西議員によると、特定の美容医院の名前は出しておらず、誤解されているのだろうとのこと。

 その理由について大西議員は、「これは委員会でも話しましたが」と前置きした上で、次のように説明しました。まず、現在の医療法では広告の内容が著しく制限されているため、現状では医療機関名や連絡先を連呼するなど、限定的な事項しかCMでは伝えられないこと。そしてそういったCMは、患者が医療機関や治療方法を選択する上で有用なものとはいえないと指摘。委員会での発言は、そういった“情報の少ないCM”しか流せない現状を問題視したものであり、「高須クリニックを批判した」とする疑惑については否定しました。

 なお、高須院長側からはまだ連絡などは受け取っていないとのこと。高須院長が訴訟に向けて動いていることについては、そうなった場合は顧問弁護士に相談することになる、と回答しました。

関連キーワード

裁判 | 高須クリニック | 国会 | 蓮舫


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」