やだやだやだ! 金欠女子の超等身大ドラマ「NYボンビー・ガール」がシーズン6で終了

等身大だけど共感はできない不思議な魅力のシットコム。

» 2017年05月18日 21時34分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 金欠女子2人がカップケーキ屋開店を目指し奮闘する米国の人気コメディードラマ「NYボンビー・ガール」が、シーズン6(既に放送終了)で打ち切りとなることが分かりました。

シーズン6で終了となる「NYボンビー・ガール」 キャロラインとマックス、もう会えないのか……(画像はNYボンビー・ガールのInstagramから)

 1998年から2004年にかけて放送された「Sex and the City」脚本家の1人であったマイケル・パトリック・キングが製作した同作。貧乏なマックスと元お嬢様キャロラインが、お金はなくても夢を追いながら楽しく暮らす姿や、ちょっと下品でくだらなすぎるジョークなどにハマってしまう人が続出しました。

 マックスとキャロラインを演じたカット・デニングスとべス・ベアーズはSNS上で、「マックスとキャロラインとしてすばらしい6シーズンを迎えられ、楽しんで見てくれた全ての人に感謝しています。私たちはNYボンビー・ガールに出演したこと、与えられた全ての経験を誇りに思ってるし、何よりも1番の宝物は私たちの生涯に渡る友情。愛をこめて、カットとベスより」と共同のメッセージを投稿。2人のメッセージにファンたちは「やだやだやだ! 見始めたとこだったのに!」「悲しすぎる。さびしいよう」「絶対2人のこと忘れないから!」をショックを隠せないもよう。また、ベアーズはTwitter上でマックスとキャロラインが抱きあうGIF画像に「いつまでも」とコメントを添え投稿しています。

 米紙DEADLINEによると同作はシーズン6で終了の予定ではなく、米CBS放送は米Warner Brosと交渉を重ねたもののうまくいかなかったとのこと。米CBS放送は同作の所有権を持っていなかったにも関わらず製作コストの大半を持たなくてはならず、提携先の米TBS放送では1話放送ごとに170万ドル(約1億8700万円)を稼ぐ人気ドラマだったにも関わらずシーズン7の実現はかなわなかったようです。

シーズン6で終了となる「NYボンビー・ガール」 「さよならチェスナット」とマックスが庭で飼っていた愛馬ともせつないお別れ(画像はべス・ベアーズのInstagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」