ニュース
» 2017年05月24日 11時38分 公開

「007」3代目ジェームズ・ボンド、ロジャー・ムーア永眠に世界中で悲しみの声広がる

「最高のジェームズ・ボンド」とピアース・ブロスナン。

[城川まちね,ねとらぼ]

 3代目ジェームズ・ボンドを独特のエレガンスとユーモアにあふれたキャラクターとして作り上げた英俳優のロジャー・ムーアが5月23日、89歳で永眠しました。家族によると、「スイスで、がんとの短くも勇敢な闘いの末に亡くなった」とのこと。ファンから映画関係者まで悲しみが広がっています。


 「007」シリーズのInstagramでは、ボンドを演じていたムーアの画像とともに同シリーズのプロデューサー、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリのコメントを投稿。「スクリーン上では、彼は桁違いの才能とカリスマ、ユーモアでジェームズ・ボンドのキャラクターを再構築しました。私生活上では真のヒーローで、ユニセフ親善大使として子どもたちの苦痛を和らげるために身を捧げました」と公私ともに尊敬すべき人物であったこと、彼の家族を気づかう言葉を贈りその死を悼んでいます。

89歳で亡くなったロジャー・ムーア 騎士の称号も持つムーア(画像は007のInstagramから)

 さらに同アカウントはムーアと現ボンドの英俳優ダニエル・クレイグとの1枚も投稿。「Nobody Does It Better―愛を込めて、ダニエル」と添えられたコメントはSNSアカウントを持たないクレイグからの追悼のよう。短いですが、ムーアが主演した「私を愛したスパイ」の主題歌であると同時に、誰もムーアのようなボンドを演じられないと称える意味も込められたメッセージです。

亡くなったロジャー・ムーア、ダニエル・クレイグとの1枚 いつもクールなクレイグが少し緊張? (画像は007のInstagramから)

 また、5代目ボンド俳優のピアース・ブロスナンもムーアとの2ショットを投稿。「あなたは僕の人生を大きく占めていた、最高のジェームズ・ボンド。そして僕を導いてくれた。あなたと、その独特のユーモアのセンスを失い世界はとてもさびしくなる」とムーアが自身に与えた影響と、彼を失った悲しみをつづっています。

亡くなったロジャー・ムーア、ピアース・ブロスナンとの1枚 どちらもとてもエレガントなボンドでした(画像はピアース・ブロスナンのInstagramから)

 さらに、ブロスナンの最初の配偶者で1991年に亡くなった女優のカサンドラ・ハリスとムーアとの美しいショットを「サー・ロジャーとキャシーの思い出を、彼のお子さん、お孫さんのために」と投稿。ハリスは「007 ユア・アイズ・オンリー」でボンドガールに選ばれ、ムーアと共演していました。

亡くなったロジャー・ムーアと故カサンドラ・ハリス、 何よりブロスナンにとって思い出の詰まった1枚(画像はピアース・ブロスナンのInstagramから)

 また、英俳優マイケル・ケインもTwitterで「今日は古く親しい友人の1人、ロジャー・ムーアを失って悲しみに暮れている。私の世界は2度と以前と同じようにはならないのだ」と悲しみをつづっています。ケインはムーアと「ダブルチェイス 俺たちは007じゃない」で共演し、親しい交流があった俳優の1人でした。


 家族の声明によれば、葬儀はモナコで、身内だけでひっそりと執り行われるとのことです。


関連キーワード

訃報 | 007 | 俳優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」