空想世界に漂う生活感 “秘密基地”のようなお部屋を集めた魅惑のイラスト集「おさまる家」司書メイドの同人誌レビューノート

こんなお部屋に住んでみたい!

» 2017年05月28日 12時00分 公開
[シャッツキステねとらぼ]
シャッツキステ

 予想外のいいお天気にびっくりする日が続いています。ひとことで言うと暑いですね! 私設図書館にいると「本当にこのあと梅雨が来るのかなあ?」なんて話題になることも。日差しが強すぎるとき、じめじめ雨のとき、ちょっと外には出たくないとき……そんなときに、「こんなお部屋に引きこもりたーい!」と思ってしまうような同人誌があります。

今回紹介する同人誌

「おさまる家」 B5 28ページ 表紙・本文カラー

著者:井田千秋


同人誌「おさまる家」 こんな部屋に住んでみたい! すてきです

小さなお部屋にときめきがいっぱい! 魅惑の小部屋イラスト群

 こちらの同人誌はオリジナルのイラスト本です。収録されているイラストは、3月に開催された個展の展示作品が中心。

 淡いけれど深みのある色合いが重なる幻想的な世界を、やわらかなペンタッチがまとめます。そうして表現されたのは、小さなお部屋。一つ一つのページに、一つ一つのお部屋の様子と、そこに住まう女の子たちの様子が描き出されています。

同人誌「おさまる家」 電球もコードもあるのに、なぜかおとぎばなしの部屋のようです

 とても穏やかな画風なのに、私は「うっ!」と胸をつかまれてしまいました。それは部屋が素晴らしく小ぢんまりしているから。“素晴らしく小ぢんまりした部屋”って、あまり口にしたことのない言葉ですが、でもそこが魅力的なんです。

 例えば「ごめんください」と題された絵を見ると、まず壁から突き出た階段にわくわくします。そして、座ってすぐに手が届く場所にある棚には、本がたっぷり入れられています。少し本が曲がっているのは、いかにも読みかけそのままという感じ。階段下の戸棚には食パンとジャムの瓶が並んで……と、細部まで描き込まれた部屋の品々。それがこの小さな空間にすっぽりと収まっているところを見ると、

“秘密基地”

なんて言葉が浮かんで、胸のときめきと、ほんのりとした郷愁が湧きあがってくるのです。お部屋はどれも決して不自然ではないのに、どこか不思議な、空想世界に通じているような雰囲気です。

夢想世界にゴミ箱1つ。日常と夢のはざまで

 「私設図書館」と題されたお部屋には、ひときわ胸が高鳴ります。2階に登るはしご、階下には引き出し式の本棚が並んで、そこには見だしが付いています。「あれはきっと書架番号を書いているんだわ! どんな本が所蔵してあるのかしら」と、いつしか食い入りるように紙面を見つめていました。

同人誌「おさまる家」 本と、お茶と、こたつ! 夢の組み合わせですね

 濃紺のインクのような落ち着いた色合いでまとめられた世界は、本を読むときに訪れる静寂を思い起こさせるのにぴったりの色彩です。「はぁ……憧れます」と、うっとりしていたとき、私の目に、その部屋の一隅が驚きとともに飛び込んできました。

 このお部屋、ゴミ箱がある!

 にわかには信じられず、え? とまじまじと見つめてしまいました。2階の戸棚の横、確かにこれはゴミ箱です。えー! こんなかわいい、ファンタジック感さえ漂う世界にゴミ箱描いちゃいます!?

 しかも、特にきらびやかでもない、この形、事務用品のカタログで見たことある気がします。うーん、幻想的な世界にゴミ箱……あ、でも、ふと気付くとこれが全然違和感ないんですね。それどころか、ほっとすらしました。「ああ、この世界にもゴミはあるんだ」って。人が暮らしていくときに、ぬぐいきれない日常感が生まれていくものですよね。それは空想世界の場合にはあえて描かれないことが多いですが、この「おさまる家」のイラストはどれも人が暮らしている匂いがするようです。わくわくの部屋設計と、こまごまとした愛らしい品たち、「このにじみ出る生活感がいい!」とすら思うのです。

住人とその暮らしに思いをはせて

 こんなすてきなお部屋で暮らしている住人たち、そのたたずまいがさらに絵の中の世界を広げていきます。女の子たちが、本を読んだり、お料理をしたりする様子から、彼女たちの“普段の様子”に思いをはせます。「こっち私わたしこっち」の2人は姉妹でしょうか。年長の女の子のまなざしがとても穏やかです。きっとケンカをするときもあるけれど、仲の良い2人ではないかしら、と想像してしまいます。

同人誌「おさまる家」 洗濯物のくつしたがチャーミング。何げなくも、きちんとたたまれたくつしたに、住人の暮らしぶりを感じるのです

 日常あふれる小さなお部屋なのに、その空間はとっても奥深くて、きっと安心して過ごせるような……と、いつしか自分もその部屋に一緒に居るような気持ちになってしまう本です。


サークル情報

サークル名:tot lot(トットロット)

Twitter:@dacchi_tt

Webサイト:http://chiakiida.tumblr.com/

入手先:http://chiakiida.tumblr.com/store

次回のイベント参加予定:デザインフェスタvol.45(5月27日・28日、スペース/E-377)、「私のお部屋」(6月23日〜7月2日、グループ展、会場:ブックギャラリーポポタム)


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 私設図書館シャッツキステは2009年5月20日に開館しました。残念ながらこたつは置いていませんが、お紅茶とお菓子とスープをどうぞ! 司書としては「図書館とは……」と、いまでも頭をぐるぐるさせていますが、メイドたちがおすすめの本を持ち寄って、それが資料の興味への第一歩になれば本当にうれしいです

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | イラスト | かわいい | デザイン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」