ニュース
» 2017年06月03日 11時00分 公開

わんちゃんと飼い主の強い味方! 預けるだけでなく悩み事もお任せの「犬の保育園」

お迎えのとき、保育園から帰りたくなさそうにするわんちゃんもいるみたいです。

[茂木宏美/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 多摩川河川敷の近くに“犬の保育園”がオープンしました。わんちゃんを預かり、食事のお世話やお散歩、仲間との交流に加え、その子の苦手なことをトレーニングまでしてくれる施設です。代表は認定動物看護師で、栄養管理士も常駐。そんな犬の保育園とは、どんなところなのか訪れてみました。


犬の保育園 フレンチブルドッグのおりばぁ君

 ここは「調布犬の保育園&ケージレスホテル LITTLE CHICA」。動物病院勤務やペットシッター、訪問動物看護などのさまざまな経験をしてきた代表の藤塚あかねさんが、もっと幅広くわんちゃんたちに携わりたいという思いから始めた施設です。

犬の保育園犬の保育園 京王多摩川線「京王多摩川」駅から徒歩5分の立地にある園

 特にハウスに入れっぱなしにしないことにこだわり、わんちゃんをルールの中で自由にさせることに重きを置いています。「犬を持ち運んだり、犬が休息をとるためのクレートはわんちゃんにとって必要なアイテムです。そのため、クレートに上手に入れるトレーニングを行い、わんちゃんが家でもここでも快適に過ごせるようにします。お泊まりするときはスタッフが一緒に泊まり、クレートにも入れっぱなしにはしないんですよ」と藤塚さん。近くにある多摩川といった広々とした空間でお散歩をさせるなど、室内でも室外でも、犬がのびのびできる環境づくりに努めているそうです。


犬の保育園 写真左にある小型のキャリーケースのようなものがクレート。室内用のトイレはあるが、その他はフリーな空間

 さて、気になる「犬の保育園」の1日とはどんなものでしょうか?

 まず入園する前に、飼い主さんとカウンセリングをします。内容は犬種や年齢、性別、去勢避妊の有無といったことをはじめ、好きな食べ物やオモチャ、褒めたり叱ったりするときの言葉、そして家族構成なども尋ねます。全ては、わんちゃんが園で快適に過ごせるようにするためのもの。また、環境の変化によって起こってしまうこと(例えば、食欲がない)に対しても、得た情報をもとに対処法を考えることができるのです。藤塚さんは「実はこうしたことをお聞きしておくと、飼い主さんとわんちゃんが今より良い関係になるためのエッセンスもお伝えすることができるんです」と話します。


犬の保育園 ペット栄養管理士の日暮祐季さん(左)と藤塚さん(右)は動物保護団体での経験も持つ

 カウンセリングが終了したら、いざ入園。飼い主と一緒に登園し、朝ごはんやウンチのことなどをチェックして預かります。みんながそろったところで、多摩川の河川敷へのお散歩に出発。広々とした空間をカラダ全体で味わっているかのように思いっきりはしゃぐわんちゃんたちにとってはとても重要な時間です。


犬の保育園 「みんなでお散歩、楽しいな」という声が聞こえてきそう


犬の保育園犬の保育園 いろんな表情を見せてくれます

 園に戻ったら、今度はお食事タイム。オプション(別途料金)で、ペット栄養管理士の日暮祐季さんセレクトによるパーフェクトフードも楽しめます。「ごはんはカラダを作るもの。種類によって、目ヤニや排便の問題が出たりすることもあるので、わんちゃんにとって最高のものを選んでいます。もちろん、お水も同様です」と日暮さん。ここで提供するごはんや浄水器は購入することができ、ごはんを購入した方には無償で栄養指導を行ってくれる。

 お腹がいっぱいになったらお昼寝タイム。クレートに入って、少しだけおやすみなさい。


犬の保育園 クレートトレーニング中

 いっとき休んだら、遊びの時間がスタート! 仲間と走り回ったり、スタッフと遊んだり。藤塚さんいわく、わんちゃんたちはもともと群れで過ごす動物なので、こうした仲間とのコミュニケーションが大切なんだそう。


犬の保育園 見つめ合うおりばぁ君とシェルティーのすばる君


犬の保育園 お互いのカラダをよせてスキンシップ

 この時間に、必要なわんちゃんにはトレーニングも行います。内容は、カウンセリングで聞いたり、話の中に出てきた苦手な行為の克服などです。トイレやハウス、おすわりといった基本的なことや、ほかの子と同じ速度で歩けるか、キョロキョロせずに散歩できるかなど集団生活を楽しく過ごせるようなことまで、その子にとってどんなトレーニングが合うかを見極めて楽しく学んでもらうそうです。上手にできたら、おやつをあげたり、たっぷりの愛情で褒めてあげます。


犬の保育園 藤塚さんのサインを見るわんちゃんたち


犬の保育園 サインが分かると、みんながおすわりしました


犬の保育園 ここの長を勤めるペキニーズのチカは、サインを見たらすぐに伏せをします


犬の保育園 よくできたので愛情をたくさん受けて満足そうなチカ園長

 また、7歳から15歳といったシニア犬も登園。老化防止のために若いわんちゃんとふれ合いに来るそうです。「新しい試みですが、わんちゃんたちは和気あいあいと楽しんでいますよ。人もおじいちゃんやおばあちゃんが、お孫さんと一緒に生活していると元気でいられると聞きますからね」とにこやかに話す藤塚さん。


犬の保育園 カゴの中にいるのがシニア犬のチワワ×パピヨンのMIX犬ハニーちゃん、チカ園長とパピヨンの小次郎君

 午後4時になったら飼い主さんのお迎え。帰りたくなさそうにするわんちゃんも結構いるそうです。藤塚さんは、愛犬を預ける施設だけではなく、わんちゃんと出会うことから別れるまで、その後の飼い主さんのグリーフケア(死別を経験することで受けた喪失感や違和感からの回復を援助)をするところまでお付き合いしたいと考えています。つまり、飼い主さんとわんちゃんとのパートナーとして、その犬の一生を通して付き合っていくことが、この保育園の方針なのです。「犬を飼いたいけど、どんな犬がいいの? という疑問から相談に来てほしいです。人もわんちゃんもストレスを溜めずに仲良く暮らしていけるアドバイスなど、その子に合わせた提案ができます。気軽に利用してほしいですね」。


犬の保育園 認定動物看護師の代表・藤塚あかねさん

 犬を育てること、犬と生活することのプロからすると、単純なことで愛犬との関係をもっと深められることも多いといいます。ただ預けるだけでなく、経験豊富なスタッフ陣にさまざまな相談をして、わんちゃんとの生活をもっとステキな時間に変えてみる、そんな利用が可能な保育園でした。

(茂木宏美/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

| 保育所 | 動物 | ペット | ホテル | 食事 | 看護師 | 浄水器


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  3. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  4. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  7. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  8. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  9. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」
  10. /nl/articles/2112/08/news094.jpg 高畑充希、ボーイッシュなショートヘアに大胆イメチェン 「バッサリ切ったね」「まぶしすぎる」と反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」