ニュース
» 2017年06月05日 12時20分 公開

リアル「響」誕生!? ジャンプ編集部が情報提供呼びかけていた注目新人、みごと手塚賞に準入選

見つかったのか!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 集英社が主催する新人漫画賞「第93回手塚賞」の選考結果が、6月5日発売の「週刊少年ジャンプ」誌上で発表されました。注目の新人“藤村どら”さんの『転生起-HAKUSAI-』が見事準入選に輝き、賞金100万円を獲得しています。

リアル「響」誕生!? ジャンプ編集部が情報提供呼びかけていた注目新人、みごと手塚賞に準入選 6月5日発売の「週刊少年ジャンプ」27号で発表

 ジャンプ編集部・ジャンプSQ.編集部は4月24日、「ご応募くださいました方の中から、『藤村どら』というペンネームの方と急ぎ連絡を取らせていただきたいと考えております」として、関係者に「本名・住所・電話番号」の提供を求める異例の告知を公式Webサイト上に掲載。素性を伏せた新人が受賞を果たせば、漫画『響 〜小説家になる方法〜』の主人公のようだと、SNS上で話題をさらっていました。

リアル「響」誕生!? ジャンプ編集部が情報提供呼びかけていた注目新人、みごと手塚賞に準入選 公式Wbeサイト上で情報提供を呼びかけていました(現在はページ削除済み)

 準入選を果たした『転生起-HAKUSAI-』は、来世で“白菜”への転生を願う少年少女の物語……。あらすじを読んだだけでは意味不明ですが、講評欄では鳥山明さんと尾田栄一郎さんが絶賛のコメント。ハシラの一文にも、「全審査員が受賞作に推薦!! 前代未聞の超大作現る!!」と、ただならぬ作品であることを感じさせます。

講評

尾田栄一郎先生のコメント

まさかのラブストーリーに驚いた。また白菜で物語を描き切った根性を称えたい。絵もシンプルだが魅力がある。

鳥山明先生のコメント

ユニークな設定や展開がよく練られてていて面白かった。


 なお、今回の手塚賞では『転生起-HAKUSAI-』以外にも、比良賀みん也さんの『移ろう時の中で』が準入選。また、島村真人さんの『M』、岩倉具弘さんの『No Face -宮本くん-』、植木浮絵さんの『泰安妖行』が佳作に選出されています。



関連キーワード

集英社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた