ニュース
» 2017年06月07日 17時47分 公開

地球の歴史に「千葉県の時代(チバニアン)」が生まれる可能性 約77万〜12万6000年前を指す地質時代

「CHIBA」の名は世界にはばたくのか!?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 地球の長い歴史を化石や地層などから分類する、地質時代。そこに千葉県に由来した時代区分が登場するかもしれません。

 国立極地研究所らによる研究チームが、同県内の地層を「GSSP(地質時代の境界を観察、研究するうえで最も優れた地層)」として申請することを発表。審査が通過したら、約77万〜12万6000年前を指す表現として「チバニアン」が誕生するとしています。実現すれば、国内の地名を使った日本初の地質時代名称に。


千葉セクションのGSSP認定で「チバニアン」誕生なるか


千葉セクションのGSSP認定で「チバニアン」誕生なるか GSSPに申請される地層・千葉セクション

 GSSPは、地質時代の区分を標準化するために、世界で1カ所だけ認定されているもの。一部で決定していないものがあり、地球で最後の地場逆転(地球のS極とN極が入れ替わる)が発生した更新世前期、中期の境界などが挙げられます。国立極地研究所などの研究チームは、千葉県市原市の地層「千葉セクション」を6月7日にGSSPとして申請。ここでは地場逆転の時期が従来の説より1万年以上遅く、約77万年前だったという研究成果などが上がっており、かねて認定が期待されていました(関連記事)。

 千葉セクションがGSSPとして認められた場合、命名慣例にしたがって「千葉の時代」を意味する「チバニアン」が、約77万〜12万6000年前の地質時代を指す表現として採用される見込み。そうなれば「CHIBA」の名前は国際的に知られるようになり、もちろん海外の教科書などにも記載されるはずです。

 イタリアにも候補になっている地層が存在し、こちらでも申請が行われる予定。GSSPの決定は、国際層序委員会(ICS)、国際地質科学連合(IUGS)などでの投票結果を踏まえて行われます。千葉県の世界デビューが実現するのか、今後の展開に期待です。


「千葉セクション」のGSSP認定で「チバニアン」誕生なるか イタリアに、対立候補の地層が2か所あります


「千葉セクション」のGSSP認定で「チバニアン」誕生なるか 日本地質学会が公開する「国際年代層序表」。千葉セクションがGSSPになったら、更新世の下位分類に「チバニアン」が登場する見込み

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む