ニュース
» 2017年06月11日 12時00分 公開

都内各地の駅で増殖中? 謎のポスターをまとめた「#片側通行ポスター ハンドブック」司書メイドの同人誌レビューノート

最初に発見されたのは2013年8月27日の西国分寺駅でした。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 街を見回すと、いろんな掲示物が目につきます。看板、ポップ、そしてポスター。今回の同人誌は、駅で見掛けたとあるポスターにスポットを当てた本です。しかも特徴的なデザインのそのポスターは増殖中……? という、謎のポスターを観察されたハンドブックです。

今回紹介する同人誌

「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」 A5判変形 20ページ 表紙・本文カラー

著者:kssk(ちかく)


同人誌「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」同人誌「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」 片側通行ポスターが実はひっそり増殖中?

1枚のポスターから増殖?「片側通行ポスター」を追う

 2013年、そのポスターは発見されました。「左側通行」と書かれたポスターは、矢印を配置したデザインが目を引く、はっきりとした赤系と黒のカラーリングも印象的な一枚です。どうやら駅員さんがオリジナルで作ってらっしゃる……? と思われるこのポスター。西国分寺駅で最初に発見されたのは2013年8月27日のこと。

同人誌「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」 ここが全ての始まりの地……!

 そしてそれからわずか2週間後、今度は錦糸町駅で「左側通行」のポスター発見の報が入るのですが、なんとそのポスターは黄色! あれ、色が違う! しかもデザインにもちょっと違いが……? と、そこではじめて「特徴的なのに、微妙に違うポスターが、違う駅に存在している」ことが明らかになります。西国分寺駅と錦糸町駅、同じ東京都ですが、電車の路線では乗り換えが必要なちょっと遠い位置関係です。それなのになぜ?

 さらに驚きなのは、その後、原宿駅、新宿駅、高田馬場駅などで「片側通行」ポスターが発見され続けてしまったこと。そしてやっぱり、どれもデザインや色が微妙にちがう……なんなのでしょう、このむずむずするポスターたちは!

同人誌「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」 作者さんはこのような駅係員さんや工事関係者の方が独自に作成されたと思われる貼り紙などを「野良サイン」と呼んで撮り集めてらっしゃいます

色違い、デザイン違い、もはや原型を留めていないものも!? バリエーションありすぎ!

 この本はそんな「片側通行ポスター」の姿や発見の報を追い続け、その進化(?)をつぶさに収めたハンドブックです。

 発見された駅ごとに、初観測日、設置場所を記載し、デザインの解説をされた本は縦長サイズで、ハンドブックという名前そのままに、手にして駅を巡りたくなる作りです。

 本を眺めていると、多彩過ぎでは!? とツッコミを入れたくなってしまうほど増殖ポスターたちのバリエーションが豊富です。見よ! 原宿駅の紫、赤、黒、緑という強烈なカラーリングを! 公共の駅に貼るには、なかなかのチャレンジ精神あふれる色使いではないでしょうか。そして、アルファベットのフォントだけは辛うじて共通しているものの、あとは原型をとどめないアレンジに至っているのもすごいです。

 それぞれの駅で付け足されたり、そぎ落とされたり。こんなにも印象的なのに、変幻自在な「片側通行ポスター」。ちょっとした違和感は、デザインのどこに変更点があるからなのか、このバージョンが公開された時期は……と、作者さんが丁寧に観察し、解説をしてくださっているので、本を読むと「なんとなくむずむずする感じ」が、「なるほど!」とスッキリします。

同人誌「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」 紫、赤、黒、緑の大胆な色使いは、まさにファッションの街・原宿に向いているかも!

事情を知りたいような、そのままでにしておきたいような……あくまで観察目線を貫く

 当初の発見から時は過ぎたものの、実は今年に入ってからも、三鷹駅でもこのポスターが発見されたとのことです。どこまで増殖するつもりなんでしょうか、この片側通行ポスターさんは……。

 こんなにも増殖してしまった理由について、作者さんは「原稿データを駅員さんがやりとりしている?」などと推察されていますが、それはあくまで想像の域を出ません。

 気付けばひっそりと、各駅に増え続けるポスター。ちょっとしたミステリーのようです。もしかしたら、駅の人に一言「なぜですか?」と聞いたら、謎はすっぱり解けるかもしれません。でも、こちらの本ではそこには言及されていません。あくまで、そっと観察されるのみ。あるがまま、見守るまま……そんな眼差しがあったからこそ、片側通行ポスターはこんなにも表情豊かに育ったのかも? と思いました。

 たくさんの人が通り過ぎる駅、その一画にそっと貼られたポスター……いつかあなたのご利用の駅にも増殖してしまうかも?

同人誌「#片側通行ポスター ハンドブック[2017春]」 各地でさまざまな変化を見せる片側通行ポスターの様子が、一目でわかる年表に

サークル情報

サークル名:Eidantoei

Twitter:@ooooooooo

Instagram:@kssk

tumblr:kssknonikki

Webサイト:https://eidantoei.org/

入手先:BOOTH


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 2016年に、「けものフレンズ」さんのフレンズさんたちと触れ合ってから、1年。2017年もシャッツキステにフレンズをお迎えできました。かわいいイラストを閉館後にまじまじ見詰めるメイドの特権をフル活用の図

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

ポスター | 同人誌 | デザイン | フォント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声