ニュース
» 2017年06月22日 16時02分 公開

舞台「ナンバカ」疾走感あふれる脱獄メインビジュアル公開 アニメに引き続き汐崎アイルが最高に“ロック”!

おばかな脱獄囚を愛さずにはいられない。

[つかさ,ねとらぼ]

 難攻不落の巨大刑務所「南波(ナンバ)刑務所」に居座る(が、脱獄を繰り返す)4人の囚人、ジューゴ、ウノ、ニコ、ロックの日常をキラキラタッチで描いた脱獄エンターテインメント作品「ナンバカ」の舞台化が決まり、6月20日にメインビジュアルが公開されました。

ナンバカ いざ、脱獄開始!

 現在発表されているキャストは以下の通り。

  • ジューゴ役:赤澤 燈さん
  • ウノ役:北園 涼さん
  • ロック役:汐崎アイルさん
  • ニコ役:安川純平さん
  • 三葉キジ役:Kimeruさん
  • 四桜犬士郎役:内海大輔さん
  • 悟空猿門役:橋本汰斗さん
  • 一声三鶴役:高木 俊さん
  • 九十九役:内海啓貴さん
  • ムサシ役:宮元英光さん
  • リャン役:星乃勇太さん
  • 五代大和役:稲垣成弥さん
  • 七夕星太郎役:奥山敬人さん
  • 双六仁志役:野見山拳太さん
  • 双六 一役:郷本直也さん

 なかでも、汐崎さん、Kimeruさん、奥山さんの3人は、アニメ「ナンバカ」で同じ役を担当しているので、アニメファンにとってもうれしいキャスティングではないでしょうか。

 原作者・双又翔さんは「ついにナンバカが舞台に!? 一体どうなるんだ!」と思っていたら、本当にそのまま出てきたようなド派手さに感動しました。舞台でもキラッキラでにぎやかなナンバカが見れるのを楽しみにしています」とコメント。

 最高にピュアでおばかな囚人&看守のドタバタっぷりを、舞台で見られるのかと思うと今からワクワクが止まりません。

舞台「ナンバカ」概要

【公演タイトル】超!脱獄歌劇「ナンバカ」

【公演期間】2017年9月14日〜24日

【劇場】Zepp ブルーシアター六本木

【原作】双又翔(comico)

【脚本・演出】川尻恵太

【一般発売日】2017年7月22日10時

【チケット料金】特別看守席:9500円(全席指定・税込)※特典付き

指定席:7800円(全席指定・税込)

※6月30日より、チケット先行販売開始


ナンバカ 「ナンバカ」原作コミックス1巻表紙(画像はAmazon.co.jpより)

(C)超!脱獄歌劇「ナンバカ」製作委員会2017

つかさ

関連キーワード

舞台 | アニメ | おバカ | チケット | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい