ニュース
» 2017年06月26日 12時44分 公開

元ジャニーズJr.の小原裕貴、ドラマ「ぼくらの勇気」に出演決定 ファン「信じられない!」「泣いて良いですか」

20年後の奇跡。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 デビュー20周年を迎えるKinki Kidsが主演するテレビドラマ「ぼくらの勇気〜未満都市SP(仮)」(7月21日21時から)の新キャストが発表されました。

 堂本光一さん演じるヤマトや、堂本剛さん演じるタケルと対立する組織のキーマンを向井理さん、ヤマトの生徒役を関西ジャニーズJr.の道枝駿佑さん、ヤマトの元恋人スズコを矢田亜希子さん、友人のキイチを元ジャニーズJr.の小原裕貴さんが演じます。

組織のキーマンを演じる向井理さん 組織のキーマンを演じる向井理さん
ヤマトの元恋人スズコ役の矢田亜希子さん ヤマトの元恋人スズコ役の矢田亜希子さん
1997年当時の矢田亜希子さん 1997年版放送時の矢田亜希子さん


 「ぼくらの勇気〜未満都市」は、1997年に放送された連続テレビドラマ。当時18歳だったKinki Kidsの2人が主演を務め、仲間たちと協力しながら、暴力で支配された子どもだけの街に秩序を取り戻す姿が描かれました。

 作品のファンの間では、20年前にもキイチを演じていた小原さんの出演を望む声があがっていましたが、現在小原さんは芸能界を引退して都内の企業に勤務する身。それ故に、今回の出演決定には「ほんとーに信じられない!!!」「泣いて良いですか!」といった驚きと歓喜に満ちた声があがっています。

小原裕貴 トレンド入り Twitterでも小原裕貴さんの名前がトレンドに

向井理さんのコメント

20年の時を経たこのドラマ。まず、参加させていただくことに感謝です。
当時は描かれなかった新たなキャラクターですが、彼もまた同じ時代を生きた人間です。
それがどう物語と絡むのか。
彼の信念にもご期待下さい。


道枝駿佑さんのコメント

このドラマのお話をいただいた時は、KinKi Kidsさんの20周年記念に携われるということで
すごく嬉しかったです!
僕は光一くんの生徒役で、クールで少し世の中を舐めているけど、信じた事には真っ直ぐで全力な役柄です!
KinKi Kidsさんや他の諸先輩方の迷惑にならないように一生懸命頑張ります!


矢田亜希子さんのコメント

当時18歳だった私にとってとても印象に残っている作品です。
20年経った今、再びこの作品に参加させていただけることがとても嬉しく、大変感謝しております。
当時の映像を見返しながら今現在では大人になったスズコという女性がどう生きてきたか、と
いろいろと想像をふくらませながら精一杯演じていこうと思っております。
とにかく、現場に行くのが楽しみでもあり、同じ役柄を20年という月日が経ってから演じるということに、もうドキドキでした!
よろしくお願い致します。


小原裕貴さんのコメント

プロデューサーさんから話を聞いた時は驚きましたが、
KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました。
演技は久しぶりでとても緊張していますが、みなさん温かい目で見守っていただければ幸いです


関連キーワード

ドラマ | 向井理 | ジャニーズ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響