ニュース
» 2017年06月29日 00時31分 公開

紳士なモフモフ「くまのパディントン」作者のマイケル・ボンド、91歳で死去

パディントンの吹き替え担当だった藤原啓治さんが復帰を発表した矢先のできごとでした。

[城川まちね,ねとらぼ]

 「パディントン」シリーズの作者、マイケル・ボンドが6月27日、自宅で亡くなったことを同作を出版したHarperCollinsが知らせています。91歳でした。

91歳で亡くなった「パディントン」作者のマイケル・ボンド 「英国で最も子どもたちに愛されたキャラクターの作者」と哀悼(画像はHarperCollinsのInstagramから)

 シリーズ第1作の「くまのパディントン」が出版されたのは1958年。ボンドが妻にプレゼントしたくまのぬいぐるみが発端となり生まれた物語で、イギリスの作品らしいパディントンの紳士的な態度やその周りで起こるドタバタ騒動が魅力の作品。子どもたちだけではなく大人のファンにも愛され続けてきました。

「くまのパディントン」作者のマイケル・ボンドが永眠 かわいくて紳士なモフモフ(画像はPaddington BearのInstagramから)

 同作はアニメや映画化もされ、「パディントン2」も2018年に公開予定。映画版でヘンリー・ブラウン役を強める英俳優ヒュー・ボネビルは、「第2作目の撮影最後の日に親愛なるマイケル・ボンドの死を知ることはとてもつらい」とSNSに投稿。アニメの日本語版でパディントンの声を担当した声優の藤原啓治さんは、2016年8月から病気療養のため休養していましたが、2017年6月16日に復帰を知らせていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる