ニュース
» 2017年07月07日 21時11分 公開

心当たりのないメールには反応しないで 国民生活センターが増加する迷惑メール相談に関して注意喚起

相談者で60歳以上の割合が高まり、また女性の割合が半数を超えています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 国民生活センターは、全国の消費生活センターなどに寄せられる「迷惑メール」に関する相談が2014年度以降増加しているとして、注意を呼びかけています


国民生活センター 迷惑メール トラブル 注意喚起 迷惑メールをきっかけにしたトラブルが増加傾向に

 相談事例では、別の目的でメールアドレスをサイトに入力したところ大量の迷惑メールが届くようになった、といった受信に関するトラブルの他に、迷惑メールがきっかけとなって発生したトラブル例も。

 後者では、「有料サイトの料金が未納になっている」「連絡しないと法的措置をとる」と書かれたSMSが届き、連絡をとったところ未納料金を請求され、数十万円払った後に警察の説明で詐欺と判明した事例。また「数億円が当選した」や「アドレス変更しました」などのメールに返信してしまい、登録料の請求や出会い系サイトへの誘導を受けたといった事例が紹介されています。

 これらの相談件数は2012年度から2013年度にいったん減少したものの、2014年度以降から増加傾向に。また60歳以上の割合が年々高まっていて、2016年度には全体の41.1%を60歳以上が占めているとしています。


国民生活センター 迷惑メール トラブル 注意喚起 年々相談件数が増えると同時に、60歳以上の割合も増加する傾向に(報告書より)

国民生活センター 迷惑メール トラブル 注意喚起 徐々に20〜40代は下がり、50〜70代の割合が高く(報告書より)

 国民生活センターは、心当たりのない不審なメール・SMSが届いた場合、決して返信・連絡などの反応をしないよう注意。また実在する事業者名などが記載されている際は、公式のサイトなどや問い合わせで確認するよう呼びかけています。


国民生活センター 迷惑メール トラブル 注意喚起国民生活センター 迷惑メール トラブル 注意喚起 もしトラブルになったら最寄りの消費生活センターで相談しましょう

(宮原れい)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響