ニュース
» 2017年07月18日 15時59分 公開

新種のアンモナイト化石、北海道で見つかる 名前は「超ゆるい巻き髪のアンモナイト」

学名の意味はラテン語で「超ゆるい巻き髪(ゆるふわパーマ)のアンモナイト」。

[エンジン,ねとらぼ]

 三笠市立博物館は、白亜紀の新種アンモナイトの化石が北海道三笠市と羽幌町(はぼろちょう)で発見されたことを発表しました。


新種アンモナイト 発見された新種アンモナイト「ユーボストリコセラス・ヴァルデラクサム」の化石(三笠市立博物館提供)

 白亜紀カンパニアン期前期(約8360万年前)の地層から発見されたこのアンモナイトは、「ユーボストリコセラス・ヴァルデラクサム」(Eubostrychoceras valdelaxum)と命名。螺旋塔状のバネのような形の殻を持つ、いわゆる「異常巻」の種であり、表面のしわの特徴が類似していることなどから、1904年に発見された「ユーボストリコセラス・ジャポニカム」(Eubostrychoceras japonicum)の子孫にあたるとされています。ちなみに「ユーボストリコセラス・ヴァルデラクサム」という長い名前の意味は、ラテン語で「超ゆるい巻き髪のアンモナイト」。つまり、アンモナイトのくせしてオシャレにゆるふわパーマ……?


新種アンモナイト 祖先種とされる「ユーボストリコセラス・ジャポニカム」の化石と、その進化系図(三笠市立博物館提供)

 この新種の発見により、チューロニアン期末(約8980万年前)に姿を消したと思われていたユーボストリコセラス・ジャポニカムは、ユーボストリコセラス・ヴァルデラクサムに進化を遂げ、カンパニアン期(約8360万年前)まで生存していたことが判明。今後は両種の間に存在する620万年の空白期間を研究することで、その進化史のより詳しい解明が期待されるとのことです。


新種アンモナイト 生態復元図(田近 周氏提供)

 この発見に伴い、同博物館では7月15日から開催の特別展「違う生き物、同じ生き物」でユーボストリコセラス・ヴァルデラクサの実物化石を展示。記念イベントとして「アンモナイトのレプリカを作ろう〜新種アンモナイトが君の手に!?〜」 も併催し、レプリカ作成や普及講演を実施します。

 また、羽幌町立中央公民館でも7月15日からレプリカを展示。同日からイオン三笠店ジオパークPRコーナーで成果も公表します。


エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」