ニュース
» 2017年07月19日 20時58分 公開

「Google Glass」が業務用に復活 必要な情報を視界に表示し作業を効率化

両手がふさがった状態でも、情報を確認しつつ作業できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2015年に一般向けユーザーの販売を終了したGoogleの「Google Glass」が、業務用モデルの「Glass Enterprise Edition(グラス)」として復活しました。


グラス Glass Enterprise Edition

 ラボプロジェクト「Google X」の枠組みを「卒業」し、一般販売終了後は「次期モデルを構築中」とされていたメガネ型情報端末(関連記事)。開発を主導するジェイ・コサリ氏のブログによると、この2年間で50余のパートナー企業を対象に試験運用を行い、業務用製品としての開発を進めてきたそうです。

 開発チームは各業種向けにカスタマイズしたソフトをパートナー企業へ提供しています。ジェットエンジンメーカー、GE Aviationではメカニックマンが使用。以前は紙のマニュアルを確認するために、逐次作業場から離れる必要がありました。グラスの導入後は視界に情報が表示されるため、作業を止めることなく継続可能に。ミスを削減するとともに、効率を8〜12%向上できるとしています。


マニュアル 分厚いマニュアルの情報がグラスを通じて視界に表示。次の工程を確認しながら作業できます

 大手物流のDHLではグラスの補助により、ピッキング作業が容易に。紙の指示書を要せずに荷物を移動できるため、同社はサプライチェーンの効率を15%向上したといいます。


DHL グラスに表示される指示のもと、倉庫の在庫をすばやく移動

 グラスは医療分野でも活躍。カルテなどの入力時間を33〜10%未満まで削減し、患者と対話する時間を倍増できたそうです。


医療 雑務を減らせる分、ケアの質も向上

 良好な試験結果に基づき、グラスをより多くの企業に提供できるようにしたとコサリ氏は説明。「ハンズフリーで効率良く働く手段の提供を楽しみにしている」と述べています。


(沓澤真二)


関連キーワード

Google | スマートグラス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する