ニュース
» 2017年07月21日 19時00分 公開

今どきのファンタジーキャラはオーブもマントも身に着けない? Twitter漫画が指摘したジェネレーションギャップの恐怖

言われてみれば……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「アラサーオタクの恐怖だったこと」と題した4コマ漫画が、Twitterで注目を集めています。内容は「ファンタジー描いて」と言われたとき、若い人は人物にオーブ(宝珠)を付けないというもの。言われてみれば、最近そういう装飾のキャラ見かけなくなりましたね。


オーブ もう若い人にはオーブの概念自体がないのだそうで……(画像提供:瀬尾セカさん

 そもそも、いきなり「オーブ」と言われてもピンと来ない人も多いかもしれません。ここで言うオーブとは、「スレイヤーズ」や「魔法騎士レイアース」など90年代ファンタジー作品でよく見られた丸い装飾を指します。ほら、肩当てやベルトに、まん丸の宝石みたいなの付いてませんでした? あ、知らないですかそうですか……。


リナ 代表的な“オーブ付きキャラ”、リナ=インバース(スレイヤーズREVOLUTION公式サイトより)

 4コマ漫画を投稿した瀬尾セカさん(621seka)と友人たちは、若い人に「ファンタジー世界のキャラクターデザインにオーブを付ける」認識がないことに驚がく。ジェネレーションギャップに恐怖しながら会話を続けるうちに、長いマントも見なくなったことに気付くのでした。そういえば全身をすっぽり包むようなマントも、最近のアニメやゲームに出てこなくなりましたね。


マント 最近のキャラクターは、マントは着ていても丈は短め(画像提供:瀬尾セカさん

 本当に最近のファンタジーキャラには、オーブやマントが付いていないのか? 近年のアニメやゲームなどをざっと確認してみたのですが、シンプルな服装のキャラが多く、確かになかなか見られません。「七つの大罪」のように、世界観はファンタジーながら、主要人物が普段着で戦う作品も目立ちます。


メリオダス 「七つの大罪」主人公のメリオダス(アニメ版公式サイトより)

 ただ、アニメ版「オーバーロード」のアインズのように、巨大なオーブが主張するデザインもまだあります。オーブやマントが減ったのは時代の流れなのでしょうが、特異なキャラクター性を示すうえでは、まだ健在のようです。


アインズ オーブもマント(ローブと言うべきか)も兼ね備えた、分かりやすくファンタジックなデザイン(オーバーロード公式サイトより)


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」