レビュー
» 2017年07月23日 12時00分 公開

司書メイドの同人誌レビューノート:ガーターベルトに仕込みメガネ メガネフリークしか出てこない1ページまんが「めがねのね〜眼鏡の音〜」が狂気の沙汰

「委員長の眼鏡ふきを煎じて飲んで、心を落ち着かせよう」

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 梅雨が明けましたね。「暑いよー」「なんにもしたくないよー」と、ちょっとぐったりしてしまいそうなこの季節だからこそ、同人誌からパワーをもらってみませんか?

今回紹介する同人誌

「めがねのね〜眼鏡の音〜vol1」 B5 24ページ 表紙カラー・本文モノクロ

著者:小野寺浩二


同人誌「めがねのね〜眼鏡の音〜vol1」 ガーターベルトにメガネ!?

疾走感あふれる! メガネ愛あふれすぎな1ページまんが集

 表紙のセクシーなお嬢さん、ガーターベルトにメガネを装備してます! ふとももにメガネ……? いままでお目にかかったことのない構図に、もうこれだけで、ただ事でない雰囲気がひしひしとしますが、ページを開いてみれば、さらに怒涛(どとう)の展開が待っています。あれ、そのメガネ差し出しちゃいます? 社長、それをかけちゃいます? え、将来の夢ですー!? 心のツッコミが追い付かない、この疾走感。軽い気持ちで開いたら、ジェットコースター並みの疾風怒濤のギャグがびゅんびゅん吹いてきます。しかも全てのページの必ずどこかにメガネキャラがいるという、タイトルに偽りなしの徹底ぶり。

同人誌「めがねのね〜眼鏡の音〜vol1」 教室に衝撃が走ります……

 作者の小野寺浩二さんは、月刊『YOUNGKING アワーズ』にて『おばけ道』を連載中のプロのまんが家さんです。なんとこれが初めての同人誌とのこと。ご自身のTwitterで発表された1ページまんがをまとめられました。まとめて読むと、次々繰り出される、ちょっと行きすぎなまでのメガネ愛がまた一層パワーを増しているように感じます……。

こんなにかわいいのに、ちょっと残念!? メガネっ娘

 1ページまんがに登場するのは皆、メガネへの愛を包み隠さずストレートにぶつける方々ばかり。先生だから……、お嬢様だから……そんな立場などどこ吹く風! この方々は、保健体育のテストで「人間の三大欲求は?」という問いに「メガネ」って書いちゃう人たちですよね? と、妄想まんがから、さらに読み手が妄想を広げてしまうほどに強力な愛情を、惜しげもなくダダ漏れにされています。少年のきらきらした眼差し、女の子のぱっちりした瞳……くっきりした絵柄で読みやすく、それだけに多彩な擬音に彩られたコマが目に飛び込んできます。そう、こんなにかわいいメガネっ娘も、さわやか少年も皆なんだか過剰に一線越えちゃってます。

同人誌「めがねのね〜眼鏡の音〜vol1」同人誌「めがねのね〜眼鏡の音〜vol1」 もうツッコミが追い付かない

絶対ハッピーエンド! めでたしめでたしはメガネとともに!

 とにもかくにも勢いのある作品たち。時には、最終的にどうにもこうにものっぴきならない状況になってしまっているオチも。しかし、そんなときもなぜか登場人物たちは満足気なほほ笑みを受かべており……。しかも、勢いに押されてページをめくっているうちに、読者の私もいつのまにか謎のほほ笑みを浮かべていることに気づいてしまったのです。

 最初は、何かと突っ走りがちな登場人物たちに苦笑していたはずだったのに、なんだかだんだん「良かったね、正直に生きてるって清々(すがすが)しいね!」とさえ思えてくる不思議。愛が高まりすぎてアブノーマル感満載なのに、最終的にさわやかな気持ちになってしまいました……。

 暑い夏? メガネがあれば大丈夫! 根拠なくそんな気持ちにすらなってしまう、謎の元気がでること請け合いの本です。

同人誌「めがねのね〜眼鏡の音〜vol1」 メガネ好きに幸あれと願うばかりです


サークル情報

サークル名:妄想電波るるる堂

Webサイト:http://rururudou.web.fc2.com/

次のイベント参加予定:コミティア121 「な22b」

購入場所:COMIC ZIN

Twitter:@onoderakoji


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 木曜日の夜に、メイドが好きなものをご紹介する催し「メイド夜話」。なんと! 次回のテーマが「メガネ」夜話なんですよー! いやいや、狙ったわけではなくて、奇跡的なタイミングで……! 謎のメガネパワーすごすぎます

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

メガネ | 同人誌 | 妄想 | ダダ漏れ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり