ニュース
» 2017年07月25日 11時00分 公開

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の“神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

特撮界の“神”直々の徹底指導。

[田下愛,ねとらぼ]
パワーレンジャー 映画「パワーレンジャー」より

 日本の“スーパー戦隊”をルーツにした映画「パワーレンジャー」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。

 多感な世代が成長しながらヒーローの力を手にしていく成長物語は、単なるハリウッドスケールの特撮ものとして語れない魅力があります。そんな中、日本でもパワーレンジャーになるための訓練ができる場所がある……という話が。編集部では、ヒーロー大好き特撮芸人のタカユ機01さんと、「パワーレンジャー」のアクション監督を務めた坂本浩一さんが運営する「アルファスタントジム」にやってきました。

坂本浩一と監督タカユ機01さん タカユ機01さん(左)と坂本浩一監督(右)

 「パワーレンジャー」のテレビシリーズで監督・プロデューサー・アクション監督などを歴任し、日本の「仮面ライダー」シリーズの監督も務め、最近では実写版「破裏拳ポリマー」のメガホンもとった特撮ヒーロー界のカリスマ、坂本監督。そんな監督が自らが行うアクション指導に、タカユ機01さんに挑戦してもらいました。

 特撮ヒーロー芸人として活動するタカユ機01さんは、歴代「仮面ライダー」の変身ポーズを全てマスターしており、スーパー戦隊、仮面ライダー、ウルトラマン、メタルヒーローなどの主題歌をすべてカラオケで歌える筋金入りの特撮オタク。特撮のショートコントやヒーローソングのエアバンドの芸を得意としています。それだけに今回、特撮界の“レジェンド”坂本監督の特訓への気合は十分。

坂本浩一監督の訓練 大好きなヒーローになるべくはりきるタカユ機01さん。しかし……

坂本浩一監督の訓練 張り切りすぎたのか、始まる前からこんな顔に……「うおおおお!」

 果たして無事に特訓をやりとげてヒーローになれるのか……? まずは、準備体操とストレッチからですが……。

坂本浩一監督の訓練 訓練開始! しかし……

坂本浩一監督の訓練 い、痛い……
坂本浩一監督の訓練 ぬおおおお……!
坂本浩一監督の訓練 おおおおおおおお……!

 この時点で苦しい顔連発のタカユ機01さん。ヒーローになる道は、やはり険しかったのか……? 準備運動の後、いよいよ、ヒーローアクションの本格的な訓練がスタートです。

坂本浩一監督の訓練 この日、訓練生一人一人のアクションを坂本監督が撮影。「アクション!」という現場さながらの掛け声で、ヒーロー候補生たちのハートを鼓舞

 最初は、特撮の定番、転がり込むアクションの訓練からスタート。いきなり本格的です。

坂本浩一監督の訓練 自らお手本を見せ、熱い指導をする坂本監督

坂本浩一監督の訓練 タカユ機01さんも挑戦

坂本浩一監督の訓練

 「表情や演技、ポーズもつけてみるように!」と優しくも熱い指導が坂本監督から入ります。

坂本浩一監督の訓練

 ここは、ヒーロー芸人の芸の見せどころと、回り込んで豪快にポーズを決めたり、くやしがってみたりするタカユ機01さん。普段から特撮コントなどでヒーローらしいポーズや演技を実践しているだけあって、真に迫ったポーズや演技に「うまい」という声が何度も上がりました。やったぜ!

坂本浩一監督の訓練

坂本浩一監督の訓練

転がりこむ乱闘シーンに挑戦!(撮影:坂本浩一監督)

 続いて、格闘の練習にもチャレンジ。ここでも、パンチの構え方、キックの角度などを坂本監督が細かく指導。ヒーローへの道はとことん険しい。

坂本浩一監督の訓練

 この辺りから、訓練を受けるタカユ機01さんの顔つきがどんどんシリアスに。ある意味、ヒーローへの開眼といえそう。

坂本浩一監督の訓練 真剣なまなざしで相手と向き合うタカユ機01さん

坂本浩一監督の訓練 とはいえ、合間でおちゃめに特撮ポーズも忘れない、さすがの芸人魂

 そして、訓練のかいあって格闘もばっちり決めてみせました!

華麗なアクションで敵を蹴散らすぜ(撮影:坂本浩一監督)

 最後は、トランポリンで特撮ヒーロー的なジャンプに挑戦!

坂本浩一監督の訓練

 坂本監督からはジャンプしながらヒーローポーズを決めるようにと厳しい指令がありました。最初はジャンプがぎこちなかったタカユ機01さんですが、徐々に慣れていき、最後は、華麗なヒーローポーズとともに見事なジャンプを決めました。

坂本浩一監督の訓練 戦士らしいポーズを決めるように指示する坂本監督

トランポリンで……ヒーロージャアーンプ(撮影:坂本浩一監督)

 飛んだり、転んだり、殴ったりと、ヒーローが特撮番組の中でこなすべきアクションが凝縮された坂本監督の訓練。最後に再び筋トレとストレッチをして身体を整えて終了。

坂本浩一監督の訓練

 厳しいトレーニングを見事やり終えて、ヒーローに一歩近づいたとすがすがしい顔で最後の筋トレにのぞむタカユ機01さん。しかし……


坂本浩一監督の訓練 ここでも痛みでこんな顔に……「苦しい……うおおおおお!」

坂本浩一監督の訓練 「おおおおおおおおおおお!」

 結局、最後も再び苦しい顔連発のタカユ機01さん。もしや、一番きつかったのは最初と最後のストレッチと筋トレだったのか……? (※もちろん、筋トレ以外の実際の訓練も大変でした)

〜〜

 密着取材で分かったのは、どうやらヒーローはただ身体を機敏に動かせばよいわけではないらしいということ。ファンの心に訴えるため、所作をはっきりと示し、ドラマ性を出すために熱い表情で、なおかつポーズはいつでもかっこよく決める、それが特撮ヒーロー。なんて大変なんだろう……。坂本監督にヒーローになるための秘訣(ひけつ)を聞いてみました!

―― ヒーローになるために、一番大切なことは何ですか?

坂本 それはやっぱり「好きであること」ですね。今日のような厳しい練習や撮影があるので、ヒーローを好きであることが大切だと思います。

―― ずばり、タカユ機01さんには、パワーレンジャーになれる素質はある?

坂本 はい! これからどんどん鍛えていけば、チャンスはあると思います。

坂本浩一監督の訓練 訓練を終えてがっつり肩を組む2人

 特撮界の“神”からも認められたタカユ機01さん。いつか「パワーレンジャー」のテレビシリーズや映画に出演するのも決して夢ではないかも。

 映画「パワーレンジャー」は現在公開中。なお、本家レンジャーたちも撮影のために厳しい訓練を受けたもよう。苦しい特訓を乗り越えた熱きヒーローたちの戦いが、今夏を盛り上げてくれそうです。


(C)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

田下愛

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」