ぴっちりセーター、ミニスカサンタ 今日もめぐみはスキだらけ『天野めぐみはスキだらけ』7

7巻も相変わらずスキだらけでした。

» 2017年08月02日 16時47分 公開
[かーずアオシマ書店]
アオシマ書店


 幼なじみの淡い恋模様を、コミカル&ちょっとエッチに描く、ねこぐちの『天野めぐみはスキだらけ』7巻が発売されました。今回も、めぐみのスキだらけの仕草に右往左往する学の苦労がオモシロおかしい。


天野めぐみ

 東大を目指すガリ勉の進藤学と、剣道に励む体育会系の天野めぐみは幼なじみ同士。真面目に勉強したい学を邪魔するのは、めぐみのスキだらけな格好。時にスカートがズレ上がり、時にぴっちりセーターで胸の形がくっきり。

 そんな気が散る格好のめぐみに勉強を教えようとしても、集中できるわけがありません。セーターの静電気を面白がるめぐみ→さらに静電気を出すために体を揺らす→おっぱいブルンブルン→親に叱られるのコンボが笑えます。

 1巻から めぐみの無防備なチラリズムがキモの作品ですが、7巻になってもネタは尽きません。ストーブで温まるためにお尻を当ててると、後ろの鏡でパンツが丸見えになるなど、次々に新しい見せ方を工夫しながら披露。

 季節は年の瀬。クリスマスでは、ミニスカサンタのめぐみがコートを着ているうちに、スカートがズリ上がってしまうハプニング。

 作中で、女性にとってはあるあるネタらしいと解説がありました。

 大晦日では、除夜の鐘を突くめぐみを下から見上げると、そこには見事なパンツがバッチリ。驚いた学の擬音が、「ぼん NOーー!!」=煩悩。上手いダジャレで吹いてしまいます。

 仲良しの学とめぐみ。ところがめぐみは、学の憧れの人が、別の高校に通っている美川遥だと知っています。めぐみは学が好きだからこそ、遥と偶然出会ったことを、学に言い出せないまま悶々とします。「あのね、まー君……」その先を言い出せない乙女心の葛藤。胸を締め付けられるような切なさに溢れています。

 これまで遥一筋だった学も、7巻では気持ちが揺らぎます。遥が気にかけてくれたことは嬉しい。しかし、めぐみの顔が脳裏にチラついて釈然としない気持ちに悶々と悩み中。

 「二人とも青春してるなー!」って、肩をポンと叩きたくなっちゃいました。学生時代が遥か遠い記憶となってしまった大人としては、応援したくなる幼なじみカップルです。


関連記事


関連キーワード

漫画


©アオシマ書店

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評