ニュース
» 2017年08月02日 16時47分 公開

ぴっちりセーター、ミニスカサンタ 今日もめぐみはスキだらけ『天野めぐみはスキだらけ』7

7巻も相変わらずスキだらけでした。

[かーず,アオシマ書店]
アオシマ書店


 幼なじみの淡い恋模様を、コミカル&ちょっとエッチに描く、ねこぐちの『天野めぐみはスキだらけ』7巻が発売されました。今回も、めぐみのスキだらけの仕草に右往左往する学の苦労がオモシロおかしい。


天野めぐみ

 東大を目指すガリ勉の進藤学と、剣道に励む体育会系の天野めぐみは幼なじみ同士。真面目に勉強したい学を邪魔するのは、めぐみのスキだらけな格好。時にスカートがズレ上がり、時にぴっちりセーターで胸の形がくっきり。

 そんな気が散る格好のめぐみに勉強を教えようとしても、集中できるわけがありません。セーターの静電気を面白がるめぐみ→さらに静電気を出すために体を揺らす→おっぱいブルンブルン→親に叱られるのコンボが笑えます。

 1巻から めぐみの無防備なチラリズムがキモの作品ですが、7巻になってもネタは尽きません。ストーブで温まるためにお尻を当ててると、後ろの鏡でパンツが丸見えになるなど、次々に新しい見せ方を工夫しながら披露。

 季節は年の瀬。クリスマスでは、ミニスカサンタのめぐみがコートを着ているうちに、スカートがズリ上がってしまうハプニング。

 作中で、女性にとってはあるあるネタらしいと解説がありました。

 大晦日では、除夜の鐘を突くめぐみを下から見上げると、そこには見事なパンツがバッチリ。驚いた学の擬音が、「ぼん NOーー!!」=煩悩。上手いダジャレで吹いてしまいます。

 仲良しの学とめぐみ。ところがめぐみは、学の憧れの人が、別の高校に通っている美川遥だと知っています。めぐみは学が好きだからこそ、遥と偶然出会ったことを、学に言い出せないまま悶々とします。「あのね、まー君……」その先を言い出せない乙女心の葛藤。胸を締め付けられるような切なさに溢れています。

 これまで遥一筋だった学も、7巻では気持ちが揺らぎます。遥が気にかけてくれたことは嬉しい。しかし、めぐみの顔が脳裏にチラついて釈然としない気持ちに悶々と悩み中。

 「二人とも青春してるなー!」って、肩をポンと叩きたくなっちゃいました。学生時代が遥か遠い記憶となってしまった大人としては、応援したくなる幼なじみカップルです。


関連記事


関連キーワード

漫画


©アオシマ書店

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる