ニュース
» 2017年08月02日 22時30分 公開

Netflix、「バキ」「聖闘士星矢」など新作アニメを一挙発表! 福原遥「早く見たい」

リラックマや「DEVILMAN crybaby」のキャストも登場しました。

[田下愛,ねとらぼ]

 Netflixは8月2日、今後配信予定のアニメ作品などを紹介するイベント「Netflixアニメスレート2017」を東京国際フォーラムで開催しました。

 全3部構成で行われたイベントの第2部では、同サービスでのアニメ配信が決まっているリラックマも登場。また、第3部では“まいんちゃん”こと福原遥さんがMCを務めました。

Netflixアニメスレート2017 「Netflixアニメスレート2017」に登場した福原遥さんとリラックマ

 同イベントでは、今後配信予定の新作情報が続々発表。「バキ」「聖闘士星矢」をはじめとした豪華なラインアップに福原さんも「早く見たいなって楽しみになりました」と笑顔を見せました。

「バキ」

「バキ」

「Knights of the Zodiac:聖闘士星矢(仮)」

聖闘士星矢

「LOST SONG」

LOST SONG

「ソードガイ The Animation」

ソード・ガイ

「A.I.C.O. -Incarnation‐」

A.I.C.O

福原遥 面白い作品が目白押しで、思わず笑顔の福原さん

 イベント終盤には、永井豪さん原作の「デビルマン」新作「DEVILMAN crybaby」から、湯浅正政明監督、不動明役の内山昂輝さん、飛鳥了役の村瀬歩さんが登場。

Netflixアニメスレート2017 左から湯浅政明監督、内山昂輝さん、村瀬歩さん

 同作のオーディションでは、内山さんと村瀬さんはどちらも飛鳥了役を受けたそうで、内山さんは「一言も明役としてせりふを発さずに決めていただいたので、驚いた」とコメント。湯浅監督によると、「(飛鳥了役は)2人(内山さん・村瀬さん)で決戦投票みたいな感じになって、村瀬さんになったけれど、内山さんがデビルマンやっちゃえば面白いんじゃないの? という話になった」とキャスティングの裏側を明かしました。

Netflixアニメスレート2017

 なお、作品についてキャストの2人は、「台本をもらうたびにびっくりしている。あまりにもハードコアというか」(内山さん)「かなり攻めた内容」(村瀬さん)とコメント。湯浅監督も「いろいろなところにこだわっている。現代的な話にするために不良グループも今風のヒップホップクルーみたいな形になっている」など、見どころを明かしました。

 2018年春に配信予定の「DEVILMAN crybaby」他、楽しみな新作アニメが続々配信されるNetflix。さらに、ジャニーズWESTのメンバーを主演に迎えた「炎の転校生 REBORN」や実写版「僕だけがいない街」ハリウッド版「DEATH NOTE」なども今後配信予定です。

(C)板垣恵介(秋田書店)1992 (C)Masami Kurumada/Toei Animation (C)MAGES. (C)雨宮慶太・井上敏樹・木根ヲサム・HERO'S/ソードガイ製作委員会 (C)BONES/ProjectA.I.C.O

田下愛


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」