ニュース
» 2017年08月12日 16時47分 公開

完全に見た目がジョッキビール! ビールすぎて頭がヘンになるラーメン「ビール麺」誕生の理由は

味もビールというこだわりよう。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 麺とスープをビールジョッキになみなみと注いだ「ビール麺」がSNSをにぎわせています。東京・板橋の「麺屋はちどり」さんが夏季限定で提供しているメニューで、ジョッキの中に麺が飛び込んだ、見た目にはギョッとするような冷やしラーメンです。

 ラーメンシーンに風穴を開けた、そんな「ビール麺」を実際に食べてきました。



 麺屋はちどりさんは都営三田線の板橋区役所前駅から徒歩3分。道幅が広く歩きやすい旧中山道の不動通り商店街にあります。シックな佇まいで落ち着けそう。


ビール麺 落ち着いた商店街に似合うラーメン店

 オシャレな店内で、お一人の女性客もいるほど。そんな老若男女が入りやすいお店ですが、壁やメニューから「ぼくのビール麺」という、ただものではない商品名が発見できます。


ビール麺 色づかいが抑えられ、落ち着いた店内

ビール麺 しかし、ヤバいメニューがある

ビール麺 こちらにも「ぼくのビール麺」の名が


衝撃の着丼

 もちろん注文したのは「ぼくのビール麺」。トッピングを3つまで選べたので、チャーシュー、海苔、味玉をチョイス。そして……運命の着丼。


ビール麺 とうとう降臨した

 うおおお! なんだコレ! ホントにビールみたいなスープに、麺がたくさん入っていて、頭で考えていたよりもさらに衝撃。しかも、大ジョッキに入っていて高さがあるから、いっそう迫力があります。箸袋もビールに合わせてあって芸が細かい。


ビール麺 下までギッシリ麺が入っている

 店員さんによると、オススメの食べ方は特になく、好きなように食べてほしいとのこと。ならば……! 少しの間考えるも、やはり正攻法で泡を突き破って麺を持ち上げることに!


ビール麺 泡の下から麺が

 泡の下から麺が姿を見せる! これぞホントの新感覚。あまりにもクリーミーすぎる泡を、麺が通り抜ける感覚が気持ちいいです。

 そしていざ麺をすすってみると……かつおだしに加え、すだち・かぼすの柑橘系の味が効いています。さらに企業秘密の「苦味と酸味を出すもの」が加わっており……ちょっと、ホントにビールみたいな味がする!


ビール麺 ジョッキに不似合いな「海苔」を投入し…

ビール麺 「味玉」までビールジョッキの中へ!

 続いては、具材を投入。ビールジョッキに海苔や味玉などのラーメンでおなじみの具たちを入れるのは抵抗がありますが、食べてみるとちゃんとおいしい。頭の中が軽くパニックになりますが、それさえも楽しく思えます。

 ただ正直……コレ、ちょっと食べにくいです(笑)。ジョッキの口部分が高すぎて、身長167cmの筆者だと、「座った状態で背伸び」をして食べる感じ。しかも、ジョッキの奥から麺を取り出すのは一苦労。ただお店側もそれは織り込み済みで、できる限り長い割り箸を用意しています。若干の食べづらさはあるものの、楽しんで食べてほしいとのこと。


ビール麺 ジョッキの奥から麺をほじくり出すのもまた楽しい

 ちょっと苦労して食べるからこそ、おいしい。カニをどうにか手でさばいて食べるような感覚に似ています。さらにビールのジョッキなので、かさが減っていくのが見た目に分かりやすく、「ここまで食べたぞ!」という妙な達成感も得られます。


ビール麺 麺を食べるたびにかさが減っていくのがわかりやすい

ビール麺 チャーシューも食べて…

 しかし、ここで緊急事態発生。ジョッキにスープが残っていることで、底に沈んだ味玉の捜索が困難に。さらに麺も取り出しにくくなってしまいました。……打開策はコレ!


ビール麺 味玉がジョッキの底で行方不明になったので…

ビール麺 ビールよろしく、スープを飲み干す!

 単純明快、ホントのビールみたいにスープを飲めば良い! ゴクゴクと飲み干すと、いくぶんスープが取り除かれた底から麺と玉子が見つかりました。それを食べ……さらにゴクゴクと飲んで……。


ビール麺 完食!そして完飲!

 「完食!」しかもビールジョッキの形なので、「完飲!」したような快感も同時にあり、2倍の達成感を味わえました。ビールに寄せた苦味と酸味が全面に出た風味は、夏に合いそうな爽やかさでした。



ホントは「子供向け」だった

 衝撃のメニューの生みの親、店主の市川博之さんにお話を伺います。そもそもなぜこのメニューを考案したのですか?

 「ビールが好きで、大ジョッキで何か出来ないか……と思っていたときにエスプーマ(液体を泡にする機械)を見つけて、ビールみたいなラーメンができるんじゃないか? と思って。あと『ぼくのビール麺』という名前は、ビール禁止の子供でも食べられるラーメンを作りたくて。実は子供向けだったんですよ」(市川さん)

 「ぼくのビール麺」を食べた子供たちは、一様にテンション高く喜んでくれるそうです。


ビール麺 市川さんの笑顔で場の雰囲気が和む

 「実は去年も期間限定で出していたのですが、あまり話題にならなくて……でも今年はぜんぜん反応が違いますね。1日6食限定ですが、土日は売り切れます」(市川さん)

 ビールの泡と黄色い部分の比率は、本物さながらに3:7にこだわっているそう。さらに麺は140g、スープは300mlと、実はレギュラーサイズの量だとか。なお「大盛り」や「炭酸を強めに」や「色を黄色く」などのオーダーは受け付けていないので注意。


ビール麺 液体に泡をつける秘密兵器『エスプーマ』

 中には、本物のビールと一緒に「ダブルビール」を楽しむ人までいるそうです。

 この「ぼくのビール麺」は8月3日〜27日まで提供予定ですが、もし反響が大きければ期間延長の可能性もあるとか。1日6食限定なのでご注意ください。


辰井裕紀


関連キーワード

ラーメン | ビール | 期間限定


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」