大好きな兄のケータイに「お腹の子はどうするの?」と連絡が来たのを、妹が見ちゃったらどうする? マンガ『徒然チルドレン』から『罠』週刊少年マガジン×ねとらぼ(1/2 ページ)

お兄ちゃんのこと大好き妹、錯乱するほどのショック。

» 2017年08月15日 23時30分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像 「徒然チルドレン」(C)若林稔弥/講談社

 どこにでもいる高校生たちを主人公にした青春マンガ『徒然チルドレン』(若林稔弥)。やたらドキドキすると話題の同作がアニメ放送を記念して、ねとらぼに期間限定で登場します!


エピソード:罠

画像

 気が弱くてビクビクしている古屋純。そんな彼に押し押しで告白する、皆川由紀。純くん、まんざらでもない。一方純くんのことを大好きな、妹のほたる。何あの泥棒猫! 悪女! 戯れてる! そこでお兄ちゃんのスマホをこっそりチェック。LINEに流れてきた由紀のメッセージをのぞき見たのはいいけれども……。


画像 兄、浮かれ足。妹、隙を突く

画像 瞬殺でした! まあそりゃそうか

画像 「ひどい!! 私だって初めてだったのに…!!」純粋すぎて、何もわかってない妹ちゃん

 以前も登場した、お兄ちゃん大好き妹、ほたるの一人相撲回。

 家族の恋愛事情。そりゃー気になりますよ。やっちゃ絶対あかんけど、見える状態でスマホ置かれたら、そりゃ興味わいちゃいますよ。

 とはいえまあ、性事情はあんまり知りたくない。開けてはいけないパンドラの箱。今回は、その箱を妹ちゃん開けてしまいました。もっともそれは。妹ちゃんミミックに直面したかのごとく、由紀にペロリと食われてしまいます。

 ませたネタで攻めてくる由紀に対し、妹はびっくりするほどウブ。「求めてきたから」で高校生ならピンと来そうなもの。「初めてだったのに」でも気付かない。「じゃあ私と寝たのも遊び?」でもまだ気付かない。「お昼寝でもしたのかな?? デートで昼寝って…お兄ちゃんも変わってるなぁ」と頭の上にハテナ。えっ何この妹かわいすぎじゃない? 小学校低学年かな?(注・高校1年です)

 以前掲載した幼馴染カップルは、親2人がわりかしイケイケ。コンドームほいっと渡すくらいにあけっぴろげでした。一方で今回の古屋家は、兄も妹も性知識少なめ、恋愛経験激薄。親の教育は、家庭ごとにかなーりバラバラな様子です。

 今回の一連の流れで、妹ははじめて「恋人同士が2人ですること」を、知ってしまいました。ずーっとお兄ちゃん好き好き大好きだった彼女。もしかしたら今でも一緒にお布団で寝たりしていたかもしれない。けれども恋愛とか性とかに気づいたこの瞬間から、男性を、ひいてはお兄ちゃんを、見る目が変わらざるを得ない。お兄ちゃんは「男」だし、いずれ好きな誰かとする可能性あるんだよ、ほたるちゃん。もちろん君も、別の誰かと。

 こんなウブい女の子……由紀みたいにいじり倒したいですね。『徒然チルドレン』は、ガンガン恋愛に突き進む子と、恋する気持ちがわからない子にぱっくり分かれるので、比較してみてください。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評