ニュース
» 2017年08月25日 22時00分 公開

「おっぱいを3もみしてしまいました」 毎ページ乳や尻やその他が飛び出す青春クレイジーバレー漫画『てのひらにアイを!』

「ボールは女の子だ」「というわけで、まずはアタシのおっぱいをボールだと思ってもみな!」

[コンタケ,ねとらぼ]

 ラッキースケベ。それは全漢(おとこ)が常日頃から発生することを願い続けている奇跡であり、怠惰な日常に大いなる福音をもたらす恵みです。しかし、奇跡はそう起きるはずもなく、多くの男たちは夢見る内に老い、いずれは「ラッキースケベに恵まれたかった……」という辞世の句を残し世を去っていくもの。

 そんな罪深き体に生まれてしまったわれわれに、ありえない物量とパゥワーでラッキースケベを火の玉スパイクのごとく打ち込み続けてくれる漫画が、ビッグコミックスピリッツで連載中のムラタコウジさんによるバレー漫画『てのひらにアイを!』です。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 1〜4巻表紙


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 作者のムラタコウジさんはTogetterで漫画の感想のセルフまとめを作成

 「ラッキースケベ」の概念のハードルを上げすぎて棒高跳びのようにしてしまった矢吹健太朗さんの『To LOVEる』シリーズと、額を付けてノーガードで殴り合える逸材が現れてしまいました。集え、漢たちよ。

 同作の主人公は、弱小男子バレー部の顧問「海山勝利(うみやまかつとし)」。作中幾度となくラッキースケベに遭遇し続ける、リトさん的な“スケベ力(フォース)”の持ち主です。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 海山勝利(うみやまかつとし)。“スケベ力(フォース)”の持ち主である

 その力はすさまじく、開始4ページ目にしてヒロインの「森野愛(もりのアイ)」がコケて階段から落ちそうになっているところを助けてラッキースケベに遭遇するというなじみ深い(けど体勢的にありえない)シチュエーションを早々に繰り広げます。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 森野愛(もりのアイ)とぶつかった結果。どうしてこうなった

 また別のシーンでは女子バレー部のエースである土屋亜里沙(つちやありさ)がバランスを崩したところを受け止めようとして顔面騎乗位状態になったり、逆に海山がコケて森野に突っ込んだ勢いでパンツを脱がしたりと、この手のシチュエーションがもうちょっと惜しめよと言いたくなるほど惜しみなく繰り広げられます。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 土屋亜里沙(つちやありさ)とぶつかった結果。だからどうして

 というか、この作品の人物みんな転びすぎです。そしてその勢いで異性に突っ込みすぎです。磁石のSとNか。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 引力を感じる

 女性陣も強烈で、強豪女子バレー部の顧問にしてもう1人のヒロインである川嶋真帆(かわしままほ/通称マホマホ先生)は学校を痴女みたいな格好で歩き回ったり、元全日本女児バレー代表「星スミレ」は男子バレー部を鍛えるために「まずはアタシのおっぱいをボールだと思ってもみな!」と乳を差し出してきたりと、どれだけ親から間違った遺伝子だけを引き継いでしまったのかと心配になります。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 元全日本女児バレー代表「星スミレ」。本当に「はぁ!?」である

 森野愛以外の女子バレー部員たちは比較的まともなので、この世界は成人した辺りから女性の頭がおかしくなっていくのかもしれません。森野愛は既にちょっとおかしい。

 また、弱小男子バレー部員たちもいい感じに全員ヘタレで最高です。高校生らしく性欲にまみれているのですが、海山のように“スケベ力(フォース)”がないため女子バレー部員やマホマホ先生たちを遠くから眺めているだけ。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 男子たち。根性がひん曲がりきっている

 やはり、性欲が強いと“スケベ力(フォース)”は身につけられないのです。リトさんを見ていれば分かる。

 ただし、ここぞというときの行動力は並外れており、たまに「女子更衣室に誰もいなかったので普通に侵入して部員のパンツを盗んでくる」などしゃれないならない行動に出ることも。もうホント普通に犯罪ですからね。海山がキレて「返してきなさい」と怒鳴っても、泣きながら拒否するし。他の部員は「返したけりゃ自分で返してこいよ」とか言い放つし。何なんだこいつらは。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ コラコラコラコラー!


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ ダメだこいつら!

 しかし、最新の4巻では、男子の一部メンバーにも少しずつ変化が。予想外な熱い展開と、いつも通りにゲスい展開が入り交じります。

 ページをめくるたびに女体の何かが飛び出してくる同作は、ラッキースケベに恵まれなかった人々に生きる希望を与えてくれるはず。われわれの求めていた青春が、ここにある……んじゃないかなぁ?

関連キーワード

漫画 | 小学館 | バレーボール | To LOVEる


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」