「おっぱいを3もみしてしまいました」 毎ページ乳や尻やその他が飛び出す青春クレイジーバレー漫画『てのひらにアイを!』

「ボールは女の子だ」「というわけで、まずはアタシのおっぱいをボールだと思ってもみな!」

» 2017年08月25日 22時00分 公開
[コンタケねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ラッキースケベ。それは全漢(おとこ)が常日頃から発生することを願い続けている奇跡であり、怠惰な日常に大いなる福音をもたらす恵みです。しかし、奇跡はそう起きるはずもなく、多くの男たちは夢見る内に老い、いずれは「ラッキースケベに恵まれたかった……」という辞世の句を残し世を去っていくもの。

 そんな罪深き体に生まれてしまったわれわれに、ありえない物量とパゥワーでラッキースケベを火の玉スパイクのごとく打ち込み続けてくれる漫画が、ビッグコミックスピリッツで連載中のムラタコウジさんによるバレー漫画『てのひらにアイを!』です。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 1〜4巻表紙


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 作者のムラタコウジさんはTogetterで漫画の感想のセルフまとめを作成

 「ラッキースケベ」の概念のハードルを上げすぎて棒高跳びのようにしてしまった矢吹健太朗さんの『To LOVEる』シリーズと、額を付けてノーガードで殴り合える逸材が現れてしまいました。集え、漢たちよ。

 同作の主人公は、弱小男子バレー部の顧問「海山勝利(うみやまかつとし)」。作中幾度となくラッキースケベに遭遇し続ける、リトさん的な“スケベ力(フォース)”の持ち主です。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 海山勝利(うみやまかつとし)。“スケベ力(フォース)”の持ち主である

 その力はすさまじく、開始4ページ目にしてヒロインの「森野愛(もりのアイ)」がコケて階段から落ちそうになっているところを助けてラッキースケベに遭遇するというなじみ深い(けど体勢的にありえない)シチュエーションを早々に繰り広げます。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 森野愛(もりのアイ)とぶつかった結果。どうしてこうなった

 また別のシーンでは女子バレー部のエースである土屋亜里沙(つちやありさ)がバランスを崩したところを受け止めようとして顔面騎乗位状態になったり、逆に海山がコケて森野に突っ込んだ勢いでパンツを脱がしたりと、この手のシチュエーションがもうちょっと惜しめよと言いたくなるほど惜しみなく繰り広げられます。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 土屋亜里沙(つちやありさ)とぶつかった結果。だからどうして

 というか、この作品の人物みんな転びすぎです。そしてその勢いで異性に突っ込みすぎです。磁石のSとNか。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 引力を感じる

 女性陣も強烈で、強豪女子バレー部の顧問にしてもう1人のヒロインである川嶋真帆(かわしままほ/通称マホマホ先生)は学校を痴女みたいな格好で歩き回ったり、元全日本女児バレー代表「星スミレ」は男子バレー部を鍛えるために「まずはアタシのおっぱいをボールだと思ってもみな!」と乳を差し出してきたりと、どれだけ親から間違った遺伝子だけを引き継いでしまったのかと心配になります。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 元全日本女児バレー代表「星スミレ」。本当に「はぁ!?」である

 森野愛以外の女子バレー部員たちは比較的まともなので、この世界は成人した辺りから女性の頭がおかしくなっていくのかもしれません。森野愛は既にちょっとおかしい。

 また、弱小男子バレー部員たちもいい感じに全員ヘタレで最高です。高校生らしく性欲にまみれているのですが、海山のように“スケベ力(フォース)”がないため女子バレー部員やマホマホ先生たちを遠くから眺めているだけ。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ 男子たち。根性がひん曲がりきっている

 やはり、性欲が強いと“スケベ力(フォース)”は身につけられないのです。リトさんを見ていれば分かる。

 ただし、ここぞというときの行動力は並外れており、たまに「女子更衣室に誰もいなかったので普通に侵入して部員のパンツを盗んでくる」などしゃれないならない行動に出ることも。もうホント普通に犯罪ですからね。海山がキレて「返してきなさい」と怒鳴っても、泣きながら拒否するし。他の部員は「返したけりゃ自分で返してこいよ」とか言い放つし。何なんだこいつらは。


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ コラコラコラコラー!


ムラタコウジ 手のひらにアイを 小学館 ビッグコミックスピリッツ ダメだこいつら!

 しかし、最新の4巻では、男子の一部メンバーにも少しずつ変化が。予想外な熱い展開と、いつも通りにゲスい展開が入り交じります。

 ページをめくるたびに女体の何かが飛び出してくる同作は、ラッキースケベに恵まれなかった人々に生きる希望を与えてくれるはず。われわれの求めていた青春が、ここにある……んじゃないかなぁ?

関連キーワード

漫画 | 小学館 | バレーボール | To LOVEる


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評