ニュース
» 2017年08月23日 22時51分 公開

「また3年後」 熊田曜子、ショートボブ姿で念願のヘアドネーション

ダレノガレ明美さんも髪を寄付していました。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 タレントの熊田曜子さんが8月23日、自身の髪を寄付する「ヘアドネーション」に参加した写真をInstagramで公開し、ヘアドネーションの認知と参加を呼びかけています。

ヘアドネーション 熊田曜子 爽やかショートヘア(画像は熊田曜子Instagramから)

 バッサリとカットした40センチほどの髪を手に、ショートボブにヘアチェンした姿を披露した熊田さん。自身のブログでは「このために髪を伸ばして来た」「私の髪が生まれ変わって役に立つなんて幸せです」と、ヘアドネーションを行った晴れやかな気持ちをつづり、「また3年後 次のヘアードネーションに向けて髪を伸ばします」と宣言。その姿にファンからは、「曜子さんの髪が誰かの役に立つんですね〜! 素敵」「社会貢献、すばらしい」「ボブも凄く似合ってます」などの声が寄せられました。

 ヘアドネーションとは、病気などで髪を失い、ウイッグを必要としている子どもたちに、医療用ウィッグの原料となる毛髪を寄付という形で間接的に提供するもの。医療用ウィッグは子ども用を1つ作るのにも20人から30人分の髪が必要で、寄付する髪の毛も31センチ以上の長さが基本的には求められるため、需要と供給のバランスが取れていません。

ダレノガレ明美 ヘアドネーション ダレノガレ明美もヘアドネーション(画像はダレノガレ明美Instagramから)


 自身も子どものころに病気で髪が抜け医療用ウィッグをつけていたというファッションモデルのダレノガレ明美さんも、8月に髪を大胆にカットしヘアドネーションしています。医療用ウィッグについて、「すごく高く、両親が24回払いで買っていたのを見てました」と当時を振り返りながら、髪の寄付を広く呼びかけていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」