インタビュー
» 2017年08月28日 11時00分 公開

母で、学生で、YouTuber――「別人になれるメイク動画」で人気のマリリンさんに話を聞いてみた(1/4 ページ)

YouTuber、一児の母、学生とさまざまな顔を持つマリリンさんに取材しました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 コントゥアリングというメイクの手法をご存じですか? 普通のお化粧と比べて、顔の影などを強調して入れるのが特徴で、小顔に見せたり、立体感を出したりする効果から「外国人風メイク」「ハーフメイク」と呼ばれることも。極端に言えば、自分の顔を自由に“変形”できるのです。

変形は言いすぎかもしれませんが……

メイク動画で人気のYouTuber・マリリンさんインタビュー


メイク動画で人気のYouTuber・マリリンさんインタビュー 別人みたいになれるのは本当

 今回、取材したのは、そんなコントゥアリングの動画などで人気を博している福世優里さん(通称:マリリン/22歳)。チャンネル登録数30万人を超えるYouTuberでありながら、1歳半の娘を育てる母親であり、さらに学生としてメイクの勉強までしているという、“何足ものわらじ”を履く女性です。

 彼女はなぜ、これほど精力的な日々を送れているのでしょうか。そして、まだ世の中に登場して間もないYouTuberという職業にたどり着くまでに、どんな出来事があったのでしょうか。「YouTuberという生き方」をテーマに、話を伺ってみました。


メイク動画で人気のYouTuber・マリリンさんインタビュー UUUM所属のYouTuber・マリリンさん

自己流で始めたメイクが、コントゥアリングに“なっていた”

――コントゥアリングは、どうやって身につけたんですか?

 中学生のとき、自分の外見がコンプレックスで、メイクを始めたのがきっかけです。大好きなマリリン・モンローの写真を見ながら「どうしたらこの顔に近づけるかな」と練習したりしてました。

 でも、コントゥアリングが日本で知られるようになったのは、ここ1〜2年くらい。当時は呼び方すら知りませんでした。他の人は何かを参考にしながら、メイクを覚えたのかもしれないですけど、私の場合は完全に独学というか。自己流でやってたら、コントゥアリングと同じ手法を使うようになってました。

――そんなことがありえるんですか……って本人に聞くのもおかしいんですけど、かなり不思議な話ですよね。

 言われてみれば……。でも、私のコントゥアリングの原点は、絵なんです。デッサンするときって、目の前の対象物を見ながら描くじゃないですか。写真を見ながらメイクするのと、すごく似てると思います。

 私、もともと絵を描くのがすっごく好きな子どもで、高校では美術系の勉強をしてました。油絵とかデッサンとか、後は日本画なんかもやっていて。それで「どこに影をつけたら、どう見えるか」と学んだことを、そのまま「こうすれば、彫りが深く見える」「ああすれば、目がはっきり見える」ってメイクに応用してました。

――動画では「ママ友ランチメイク」「クリスマスパーティメイク」と実生活で使えそうなものから、コスプレチックなものまで幅広いメイクを紹介されていますが、撮影前に練習してるんですか?

 いえ、事前の練習は絶対にしません。芸術作品の話になっちゃうんですけど、私、ゴッホが好きなんです。思うがままに感情をぶつけながら描いちゃう作風だから、筆圧もすごいんですよね。私もそういう勢いのあるものが作りたいっていう気持ちがあるから、一発勝負でやってます。ここはこだわりですね。

 企画も勢い重視で、思い付いたことをドンドンやっていく感じです。「自分がやりたいものは、最初に思い浮かんだもの」だと思ってますし、そのほうが視聴者に伝わるんじゃないかな、って。

――映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の主人公「ジャック・スパロウ」風のようなメイクも、そういうやり方ですか? かなり難しそうに見えるんですが……。


メイク動画で人気のYouTuber・マリリンさんインタビュー 「ジャック・スパロウ」風メイク。スタートは、すっぴん状態から


メイク動画で人気のYouTuber・マリリンさんインタビュー ここまでは分かりやすい変化


メイク動画で人気のYouTuber・マリリンさんインタビュー しかし、あれこれやっていくと……

最終的には、こんな仕上がりに

 あー、あれもぶっつけ本番です(笑)。頭のなかで「大体こんな感じでいけるかな?」ってイメージを作ってから、写真を見ながらメイクしてました。

――なんというか新種の即興アートみたいですね。それでも、失敗しないものなんですか?

 「もっとこうしたら良かった」と後悔するような動画は出さないと決めてるので、撮影後ボツになった企画もあります。でも、そうなっちゃったのは今のところ数本ですね。

――約2年間も動画投稿してるのに、数本だけですか。成功率高いなあ……!

小学生のときに入った芸能界で挫折し、YouTuberとして再スタート

――YouTuberになったきっかけをお伺いしたいんですが、小さいころはどんなお子さんだったんですか?

 うわー、そういうのファンからもほとんど聞かれないんで、新鮮です(笑)。

 実は、小さいころはむっちゃ内気で、あんまり人と会話しない子でした。小学生のあいだはずっと一匹狼で、それこそ休み時間はずっと絵を描いているような。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」