2人きりの勉強会、ぼくたちの失敗 マンガ『徒然チルドレン』から『泡』週刊少年マガジン×ねとらぼ(1/2 ページ)

「今日、うち誰もいないから」2人の気持ちは一緒のはずだった……。

» 2017年09月05日 23時30分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像 「徒然チルドレン」(C)若林稔弥/講談社

 どこにでもいる高校生たちを主人公にした青春マンガ『徒然チルドレン』(若林稔弥)。やたらドキドキすると話題の同作がアニメ放送を記念して、ねとらぼに期間限定で登場します!


エピソード:泡

画像

 長い付き合いで気心の知れた関係の内村千秋と飯島香奈。晴れて恋人同士になったけど、どうにも近すぎたせいか、キスすらできない。お互いしても大丈夫だってわかってるのに、勇気がでない。ふざけてしまう。乗り越えろ俺、乗り越えろ私!


画像 「今日、うち誰もいないから」=アレしたい、ってのは暗黙の了解

画像 香奈さんったら、もう、乙女心……

画像 待て。待て。千秋それはだめだ

 カップルになってからは初エッチ未遂(参照・「ラブコメディ」)までおかしたというのに、いまだにキスできていません。近すぎるとなかなかね、タイミングがね。

 とはいえ、クラスの知り合いがイチャイチャチュッチュしているのを見てしまったり(参照・「もっと欲しくなる」剛田×上根カップル)すると、キスしたい欲モリモリ高まります。でもできない2人、ヘタレか!(ヘタレです)

 そんなある日、千秋の家は「今日うち誰もいないから」モードに。なんだこのシチュエーション、マンガか!(マンガです)

 親に邪魔された初エッチのこともあり、何度もキス未遂をしていることもあり(参照・「Xファイル」)、千秋すっかりスタンバイ状態。香奈もなんだかんだでスタンバイ状態。なのにできない。

 キスやエッチは、そんな複雑なものじゃなくてしたいからするものでしょう。もちろん合意の上で。なぜしたいかって、そりゃ好きだから。上根さんが剛田くんにすごい勢いでイチャイチャを迫るのは、好きすぎて抑えきれないからです。

 しかしどうも千秋の考えはズレてきている。キスをすることが1つのゲームのクリアであり、ボス退治をするような感覚。

 恋人がほしくて相手を探すのと、好きな相手を恋人にしたいのは別物。童貞・処女を捨てたいからエッチするのと、好きな相手と抱き合いたいのは別物。千秋、君はキスがしたいから香奈を恋人にしたのかい?

 もともとは千秋も、そこはピュアでした。「『キスしたから恋人』みたいのとか、俺そういうの嫌だし…」と「ラブコメディ」回では話していました。その時の香奈の思いは「もっと一緒になりたいだけ」。どっちの気持ちもわかる。それでよかったと思う。

 むしろ、性欲のままに押し倒した方がよかった。触れたい、一緒になりたい、知りたい、知ってほしい。相手に性的魅力を感じるのは、立派な愛の1つです。

 なのに今回の千秋、それすらも消え果てて、シュートすることしか見えていない。それって「キスをする」ってノルマだけで、誰でもいいんじゃないの?

 千秋、頼むから一度、目の前にいるかわいい彼女の目を見てくれ!


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」