ニュース
» 2017年09月09日 21時00分 公開

52回全滅バグ、10秒クリア―― 「FF6」超絶やり込みプレイヤーに話を聞いたらやっぱりすごかった(1/2 ページ)

「FF6はまだまだ未開拓」。うそーん……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 スーパーファミコン版の「ファイナルファンタジーVI(以下「FF6」)」発売から、23年が経過しました。多くの人にとっては既に“過去の名作”となってしまった同作ですが、2017年現在になってもいまだにやりこみを続け、視聴者を驚愕させる動画を投稿し続けている1人のプレイヤーの存在を皆さんはご存じでしょうか。

 そのプレイヤーの名は、「エディ」さん。


ff6 飛空艇バグの人 エディ エディさん(画像はニコニコ動画から)

 ねとらぼでも過去にRTA(※1)TAS動画(※2)でご紹介したエディさんですが、既に何もかもやり尽くされていたと思われていた「FF6」をなぜいまだにやり込み続けているのか。「FF6」の何がエディさんを突き動かしているのか。話を聞いてみました。

(※1)RTA:リアルタイムアタック……ゲーム開始からクリアまでの時間の早さを競う
(※2)TAS:ツールアシストスピードラン……ツールによりフレーム単位の操作をしてクリアまでの早さを競う

「ここで飛空艇バグを起こします」

 その前に、まずエディさんがどれだけすさまじいやりこみプレイをしているのか、いくつか先にご紹介いたしましょう。彼の代表的な動画といえば、やはり「極限低歩数攻略 」。



 “低歩数攻略”とは、その名の通りできるだけ少ない歩数でクリアすること。「FF6」ではメニュー画面に今までの「歩数」が表示されるようになっており、この数字がどれだけ少ない状態でクリアできるかを競うというものです。

 “低歩数クリア”の難しいところは、レベルが上げられない、アイテムも取れない、店の施設も利用できないなどなど、シナリオ進行に合わせてただ真っすぐ進むしかないところ……というのは“普通の”低歩数クリアでの話。エディさんの「極限低歩数攻略」は、ゲーム中に存在するバグ技をフル活用した、異次元の攻略チャートとなっていました。

 主に活用しているのは、2011年頃に海外で見つかった“飛空艇バグ”。これは、ゲーム後半に入れるようになる「魔大陸」で特定の行動を取ってから全滅すると、最後にセーブした場所から飛空艇に乗ってゲームが再開するというもの。この現象を利用し、序盤からノーセーブで進めて“飛空艇バグ”を起こすと、いきなり飛空艇を使えてしまいます。


ff6 飛空艇バグの人 エディ ノーセーブでここまで進めたあとに特定の手順を踏んで絶滅します


ff6 飛空艇バグの人 エディ すると最後にセーブしたところまで「飛空艇に乗ったまま」話が戻る

 飛空艇に乗っている間は歩数がカウントされないうえ、全滅すると歩数などは直前のセーブまで巻き戻され、かつレベルは引き継がれるため、“低歩数クリア”においてはこのバグが無双の大活躍を見せることに。普通に進めた場合とは桁違いに歩数を節約できます。

 ただし、飛空艇入手前にバグを起こした場合は着陸と同時に飛空艇が消えてしまうため、イベントをクリアするたびにノーセーブでシナリオを魔大陸まで進めてバグを起こすというとんでもなく時間のかかる作業をこなすハメに。さらに、シナリオの進行順を無視すると仲間キャラが“ティナ防衛イベント”のモーグリ(一部キャラは魔列車の「ゆうれい」)に置き換わってしまい大幅に弱体化したり、場合によってはフリーズしてしまいます。


ff6 飛空艇バグの人 エディ 進行手順手順はこんな感じ。簡単に書かれているが1回ごとに数時間掛かる上に何度も繰り返すことになる


ff6 飛空艇バグの人 エディ ついでに序盤でレベル99に上げるという苦行も


ff6 飛空艇バグの人 エディ 味方はモーグリだらけに。エディさんの動画は基本的にほぼ常時こんな状態


ff6 飛空艇バグの人 エディ シナリオの進行順がメチャクチャになるためディナが2人に

 そのためこの攻略では、「ほとんどまともにアイテムや装備を取れないまま」「大幅に弱体化した味方を引き連れ」「少し進むたびに数時間かけて“飛空艇バグ”を起こし」進んでいくという大変エクストリームな内容となりました。ちなみに、12人の仲間を4分割して進むラストダンジョンは、モーグリ3匹とゴゴのみという意味不明なパーティで進み、ラスボスはゴゴ1人でとんでもない時間をかけて撃破します(モーグリはバグるため参戦不可)。

 これらの果てしなく厳しい縛りの末に、エディさんは5219歩でクリアを達成しました。2014年6月の出来事です。これらの動画をもって、「FF6」にエディありと知らしめました。

 なお、その後新しいバグが見つかり、低歩数攻略の更新が確実に。4479歩でのクリアを目指し、2017年4月23日から……現在……再走中です……!!



 なお、さまざまなバグを駆使し、オープニング終了直後にエンディングが始まる「0歩クリア」(クリアタイム9.8秒)も実現しています。もうこんなのゲームじゃないよぉ……。



狂気の3面作戦

 さらに、エディさんは現在、「飛空艇バグ有り高ステータスデータ作成」シリーズと、「低やりこみ度攻略」という2つの長編やりこみ動画を製作中。もちろん、どちらも「FF6」のとんでもないやりこみシリーズです。





 「飛空艇バグ有り高ステータスデータ作成」は、レベルアップ時に魔石を装備しているとステータスが上昇するシステムを“飛空艇バグ”で最大限活用し、通常のプレイではありえない高ステータスなデータを作成するやりこみ。こちらは“低歩数”と違い低レベルなまま“飛空艇バグ”を起こす必要があるため、1回“飛空艇バグ”を起こすたびに10数時間を要するとのこと。


ff6 飛空艇バグの人 エディ PS版の追加要素「やりこみ度」

 「低やりこみ度攻略」は、PS版の追加要素である「やりこみ度」の数値をできるだけ低い状態のままクリアするというもの。一般的な低レベルクリアに加え、魔法とオリジナルコマンドの習得も一切できないため、非常に進行が厳しくなっています。なお、こちらも相変わらず“飛空艇バグ”でとんでもない時間を毎回消費しているのですが、Part3にしてモグを“全滅レベルアップ”させてしまっていたという致命的なミスが判明。現在……! 最初から……! 再走中です……!!

 このように、一般人ではとても達成できないような「FF6」のやりこみシリーズ動画が、現在3つ同時に進行中となっています。特に、低やりこみ度動画の最初からやり直しは、全視聴者が「ああああああ!」となりました。なぜ心が折れないのか。

またエディさんがFF6壊した

 その他、エディさんはFF6のバグを活用した怪現象動画を多数投稿。あらゆる手を尽くして「FF6」の世界にカオスを呼び起こしています。ほとんどの動画がモーグリや「ゆうれい」まみれになっているのが特徴的。世界もシナリオも崩壊している……。









       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」