ニュース
» 2017年09月16日 17時34分 公開

両津「斉木楠雄でな このネタマネしていいぞ!!」 ジャンプ復活『こち亀』のネタふりに『斉木楠雄のΨ難』が応える

『こち亀』→『斉木楠雄』の順で読むの推奨。

[Kikka,ねとらぼ]

 9月16日発売の週刊少年ジャンプ42号に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の新作漫画が掲載されました。2016年9月に40年にわたる連載を終了してから1年ぶりの復活です(関連記事)。


週刊少年ジャンプ こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ONE PIECE 珍ピース 斉木楠雄の災難 1年ぶりの復活となった『こち亀』(ねとらぼ編集部撮影)

 「ただいま! ちょっと長い休みから帰ってきたぞ!」のセリフとともに描かれたセンターカラーには主人公の両津をはじめ、中川、麗子、大原部長などおなじみのキャラクターたちが勢ぞろい。なんだかジャンプに両さんがいるとホッとしますね。

 本編では1年間の有給休暇から戻ってきた両さんが派出所に出勤。真っ黒に日に焼けた姿で「アフリカに金鉱探しに行ってた!」と通常運転の両さんですが、傍らには毎週読んでいるというジャンプが。なんでも『斉木楠雄のΨ難』で度々登場する『こち亀』のギャグネタを楽しみにしている様子で、今回のメインネタについても「斉木楠雄でな このネタマネしていいぞ!!」「麻生!! あと45年間描くんだぞ! 2062年の達成日楽しみにしてるぞ」と漫画越しにエールを送っています。レジェンド・秋本治先生からのプレッシャーはんぱねぇ……!


週刊少年ジャンプ こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ONE PIECE 珍ピース 斉木楠雄の災難 『こち亀』ネタを盛大にパロった『斉木楠雄のΨ難』(ねとらぼ編集部撮影)

 これをしっかりとキャッチした『斉木楠雄のΨ難』の麻生周一先生。扉絵に「今週は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を読んでから読んでください!!」と予告し、「今週の『こち亀』を読み終わった奴の為の漫画」と振り切ったパロディーネタを展開。さらにはオチまで『こち亀』に近づけようとするなど、リスペクト満載です。すげぇわ、麻生先生……!

 読者たちにもこのネタは好評で、「コラボ、面白かった」「一年ぶりのこち亀が面白い」「麻生先生こち亀の中で後任任されてるじゃん!!!!」と絶賛されています。

読者と関係者の反応

 実はこれ、秋本先生のネームが早くあがり、麻生先生のネームが遅かった結果生まれた奇跡のコラボパロディーだったようで、麻生先生はTwitterを通じて「秋本先生許してくれてありがとうございます!!そして嬉しかったーー!!」と喜びをつづっています。


週刊少年ジャンプ こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ONE PIECE 珍ピース 斉木楠雄の災難 9月16日発売の週刊少年ジャンプ42号(ねとらぼ編集部撮影)

 巻末、秋本先生は「この1年間は時間をかけ、作品を描いています。両さんを描くと週刊連載に戻りますね(笑)」と心境をつづり、今後も『こち亀』の新作を執筆する予定があるか否かについては含みをもたせました。これからも両さんの活躍、見たいなぁ〜。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声