ニュース
» 2017年09月21日 08時00分 公開

デスクまわりをネカフェ風にできる室内用テント「ぼっちてんと」が暗室に使えるレベルに進化 母ちゃんへの防御力もアップだな

ネットやゲームがさらに捗る。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 部屋の中にさらに小さな個室を作れる室内用テント「ぼっちてんと」(関連記事1関連記事2)。2014年の発売以来ユーザーから寄せられた意見を受けて、メーカーのビーズがリニューアル版を発売しました。Amazon.co.jpでの価格は、110センチ幅モデル(BT1-110)が1万581円、130センチ幅モデル(BT1-130)が1万346円から(全て税込)。


ぼっちてんと 閉鎖感がさらにアップ!

 大きな変更点は遮光性の向上で、入口や天井、窓を全て閉め切ると光がまったく入らない状態に。閉鎖性が高まって作業に集中しやすくなったうえ、簡易暗室や仮眠スペースにも使えるようになりました。


完全閉鎖 全て閉じると真っ黒に

テスト 照度計での計測結果。新型を閉め切った場合(中央)は、数値がゼロに

密閉 勉強や読書に没頭できる

 出入口は型崩れが起きにくいよう、逆T字型に変更。メッシュ窓も大型化により通気性が向上したほか、配置の変更で外部にいる人と目が合いにくくなりました。


出入口 出入口は左右に開くよう改良

通気性 通気性にも配慮して設計されています

 従来品よりも周囲(主に母ちゃん)の目からの防御力が上がり、ネットや作業がさらに捗るようになったぼっちてんと。ゲームに集中できる環境を構築する製品の1つとして、9月21日〜24日開催の「東京ゲームショウ2017」でも展示・販売されます。


ゲーミング 光るゲーミング製品と組み合わせたら雰囲気出そう


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響